スラムドッグ$ミリオネア

b0041912_1501711.jpg アカデミー賞8部門受賞に輝いたダニー・ボイル監督の「スラムドッグ$ミリオネア」、冒頭からラストまで、息を呑むような展開で、すごく面白い作品です。しかし、日本でもフランスでもお馴染みの番組クイズ・ミリオネアが、舞台をインドに移すと、こんなにも別世界に通じているとは。。
 インド政府は、インドはこの作品に描かれているような国ではないと、映画上映に抗議をしたそうですが、大きく経済成長にしているインドが隠したい悲惨な現実が盛り込まれているが故に、お伽話的なストーリーに、厚みとリアリズムを持たせていると感じられました。
 ムンバイ出身で18歳のジャマールが、警察で拷問を受けています。インドでも大人気の番組クイズ・ミリオネアに出場した彼は、どんどん勝ち進み、ついに今まで誰も到達したことがない最高賞金獲得一歩手前まで勝ち残ったのに、その夜、番組司会者の通報によって警察に拘留され、不正を白状しろと拷問攻めにされてしまったのでした。
 学校にも通わず、自力で成長したスラム出身のジャマールが、なぜ出された問題を次々に正解して、最終まで残れたのか?警察官の疑問に、ジャマールが自らの壮絶な生い立ちを語り始めます。
 貧しい暮らしの中、宗教対立で母を殺されたジャマールと兄サリーム。同じく孤児になった少女ラティカと知り合い、幼い3人でその日暮らしをしていると、ある時、孤児の面倒を見ているという男に拾われます。森の中で男達との共同生活が始まりますが、大人達の危険な目的に気づいたサリームの機転で、3人は命からがら逃げ出します。しかし、逃亡の途中でジャマールはラティカと離ればなれになってしまうのでした。
 裸足で無一文のサリームとジャマールは、でも知恵と機転をフルに利かせて、逞しく生き抜きます。こうした過酷な経験の中で、番組の問題に正解する知識が否応なくジャマールの身に付いたことが、だんだんと警察官にもわかって来ます。
 互いに助け合って成長した利発な兄弟でしたが、純粋で一本気なジャマールとタフでプラグマティックなサリームは、ある出来事を巡ってたもとを分ち、今や消息も知れません。そして、ジャマールの心の中には、いつも初恋の人ラティカの面影がありました。
 一問答えるごとにフラッシュバックで彼の過酷な成長期が語られ、観客は凄まじい過去を追体験しながら、やがて、ジャマールはなぜクイズ番組への出場を決めたのか?果たして彼は最終問題に答えてミリオネアの賞金を手にできるのか?そして、ラティカへの思いは?という疑問が頭をかすめ始めるでしょう。そうした疑問が解き明かされるラストへの持って行き方もとても上手くできています。
 お伽話のようでありながら、インドの貧困や社会問題、宗教対立などを盛り込んで、純愛と絡めている手法はエンターテイメントとして出色の出来だし、作品全体からインドの持つエネルギーや逞しさ、まさに高度成長期にある国の勢いが伝わって来ます。
 一緒に観たニースの友達は、ものすごく期待していただけにちょっと作り過ぎが気になったと言ってましたが、そうした面も含めて、私には映画の魅力にあふれた作品に思えました。
[PR]
by cheznono | 2009-04-27 15:00 | 映画