フランス女性とトップレス

b0041912_22241556.jpg
  最近、海辺でトップレスになる女性が減ったのはなぜ?先週フランス2のニュースで思わず目が釘付けになった話題です。テレビの取材に答えていたのは、ニースの浜辺で日光浴をするビキニの女性たち。「トップレスになるのは恥ずかしい」と口を揃えていたので、さすがのフランス女性も結局そう言う結論にたどり着いたのねと苦笑してしまいました。

 初めてフランスに遊学した年の夏、ステイ先の大学生が、兄弟従姉妹たちとそれぞれのパートナーたち8人でヴァカンスを過ごしたカナリア諸島から戻った時、私の反応を伺いながら言いました。「浜辺に着くと、兄貴の彼女も従姉妹たちもみーんなトップレスになって、平気で日焼けしてたんだよ」
 恋人と二人きりならともかく、従兄弟たちのいる前でトップレスになるなんて、とてもついて行けない感覚じゃ、と思った私が、「恥ずかしがってなかったの?彼女たちの彼氏は何も言わなかったの?」と聞くと、「ぜーんぜん。なんで日本人は恥ずかしがるわけ?」と返されたので、「奥ゆかしいからよ」と言うと鼻で笑われたものでした。

 まだスペインが厳格なカトリック社会だった頃、女性の水着はワンピースと決まっていたのに、ビキニ姿でプールで泳ぐフランス娘二人を見つけた監視員が、「マドモワゼルたち、ここではビキニは禁止だよ。ワンピースで泳がなきゃ」と注意すると、きゃきゃっと笑った彼女たち、「いいわよ、ワンピースにするわ。で、どっちをはずしたらいいかしら?上の方?それとも下の方?」と聞き返したという小話は、実話だったりして?
 もっとも、毎年夏にセーヌ川沿いに設置される仮設ビーチ:パリ・プラージュでは、トップレスは禁止だそうですね。

 だんだん、庭でスッポンポンで日光浴をするマダムの存在にも驚かなった頃、コート・ダジュールに移ったら、案外海岸にトップレス女性が少ないのが意外でした。
 去年の夏、海水浴が苦手な私が珍しく友人につき合ってアンティーブの浜辺に出向いた所、「胸を焼いても気にしない?」って友達が遠慮がちに聞くので、きょとんとしたら、「胸を見せたら、日本人のあなたには不快かも知れないと思って」とのこと。「大丈夫、大丈夫」と言う私に、彼女は安心したようにビキニの上を外して転がっていました。「こんなに白いままヴァカンスを迎えるわけにはいかないわ」と言いながら。

 ともあれ、先週のニュースによると、今やフランス女性の8割が慎み深くなって、トップレスは恥ずかしいと感じているとか。ニースの海岸で取材されていた若い女性は、「トップレスなんて、ママたちかそれ以上の世代じゃない?」と笑っていたし、皮膚がんの危険も注目されている今、もはやトップレスは減少の一途にあるようです。「男性を魅了するのに何も全部見せる必要はありません」とアナウンサーは締めくくっていましたが、そもそもこんな話題が報道ニュースで取り上げられること自体、やっぱりフランスらしいのかも知れませんね。
[PR]
by cheznono | 2009-06-22 22:25 | 不思議の国フランス