愛を読むひと

b0041912_193148100.jpg 原作の「朗読者」は世界的なベストセラーで、ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞などを獲得した作品ということで、心待ちにしていた「愛を読むひと」、期待通り、深い余韻を残す重厚な人間ドラマでした。
 1958年のドイツで、15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は雨の中、気分の悪くなった自分を家まで送ってくれた女性、36歳のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に惹かれ、やがて男女の仲に。
 ハンナに夢中になったマイケルは、放課後になると足しげくハンナのアパートに通い、ハンナはマイケルの教科書に興味を持って、毎回、本の朗読をせがむようになります。マイケルの朗読が愛を交わす前の儀式のようになる二人。でも、トラムの車掌だったハンナが、精勤ぶりを買われて事務職に昇進が決まったとたん、彼女はこつ然とマイケルの前から姿を消してしまうのでした。
 6年後、法科生として教授やクラスメイトとナチスの戦犯裁判を見学したマイケルは、被告席にハンナの姿を見て、絶句します。戦時中、ハンナはユダヤ収容所の看守として働き、多くのユダヤ人を死に追いやった罪を追求されていました。
 同僚だった元看守たちの不利な証言で、無期懲役を言い渡されるハンナですが、マイケルは彼女がある秘密を隠したいがために、あえて判事の宣告を受け入れたことに気がつき、苦しみます。
 そして、ハンナの罪を軽くする秘密を公けにする代わりに、彼は刑務所に文学作品の朗読テープを送ることを思いつくのでした。

 映画は弁護士となったマイケル(レイフ・ファインズ)が甘くて苦い青春の思い出を回想する形で展開します。丁寧に描かれた出会いとひと夏の甘い経験。その後、思いもかけずに突きつけられるハンナの過去と、彼女の苦い選択。そのわけを理解していながら、刑の軽減につながる証言をするよりも、本人の意思を尊重する方を選ぶマイケルに扮した新人のデヴィッド・クロス、なかなかの熱演です。
 恐らく貧しさ故に充分な教育が受けられなかったハンナが、生きて行くために応募した仕事の内容が、実はユダヤ人をガス室に送るという残酷なものだったにせよ、ナチズムのさなかにおいては自分の任務にさして疑問を感じなかったハンナが、戦後20年以上経った裁判後は、過去の行為について考えるようになったという点に戦時中の特殊なムードや洗脳の怖さを強く感じさせられます。
 素朴で、あまり喜怒哀楽を表現せず、でも教養に飢えていたハンナを演じきったケイト・ウィンスレットはさすがの貫禄で、その悲しい生涯に一瞬の輝きをもたらした若いマイケルとの逢瀬の記憶が、ハンナの厳しい表情に女性らしさを漂わせる辺りもとても上手でした。 
 マイケルが自分の娘に、「今まで自分は誰に対しても心を開いて来なかった」と打ち明ける場面や、父親の葬式の時でさえ生まれ育った町に戻ろうとしなかった程、「この町には辛い思い出があるから」と母親に言い訳する場面に、ハンナとの恋愛と彼女の裁判のゆくえがマイケルの人生に与えた影響の計り知れなさを表していて、とてもせつなく、そして重い作品です。
[PR]
by cheznono | 2009-06-30 19:33 | 映画