ココ・シャネル

b0041912_1312427.jpg  シャネル・ブームの今年、その第一弾としてシャーリー・マクレーン主演の「ココ・シャネル」を観ました。フランスではテレビ映画として放送された作品です。
 20世紀の初め、修道院で成長したシャネルが、恋愛を肥やしにしながら独学でデザイナーとして成功して行く過程を、70歳過ぎてから現役に復帰した本人が振り返るという構成で、ココ・シャネルの人生を知る入門編として楽しく鑑賞することが出来ました。同じように不幸な生い立ちから実力一つで成功し、でもシャネルより40年も短い生涯を送ったエディット・ピアフの生き方と比べても面白いと思います。

 片田舎の修道院を出た18才のシャネル(バーボラ・ボブローヴァ)は、お針子としてオートクチュールのお店に就職し、センスの良さを発揮します。そこで知り合った上客の将校エティエンヌ・バルサンに誘惑され、彼の持つ城で暮らし始めますが、身分の違いから正式な恋人として認められないことにいらだちを感じるのでした。
 バルサンの元を飛び出し、パリで帽子デザイナーとして自立する道を探る中で、バルサンの友達で英国人の実業家ボーイ・カペルと激しい恋に落ちたシャネル。彼の援助で開店した帽子のブティックは大好評で、翌年にはドーヴィルに2号店を開き、やがてシャネルはドレスのデザインにも才能を発揮します。
 しかし、彼女が最も愛した男と言われるボーイ・カペスは、第一次世界大戦に従軍。終戦後、二人には甘い生活と輝ける未来が待っているかのように見えたのですが。。

 男性中心社会で女性が実業界で活躍することなど殆ど考えられなかった時代に、恵まれない生い立ちをものともせず、類いまれな服装センスとクリエイティビティ、そして実行力で、デザイナーとして独り立ちして行くシャネルの若き日々がテーマには違いありませんが、私はもっぱら恋愛映画として引き込まれました。
 あの時代に若い女性がお店を開くには金持ちの男性の援助なしには不可能に近かったのでしょうが、シャネルは男を利用したのではなく、恋人が心底投資したいと思わせるだけの魅力と実力を兼ね備えていたのですね。
 どうも英国の富豪の議員の息子というイメージではないと思ったボーイ・カペス役のオリヴィエ・シトリュクは、ニース生まれのフランス人で、英語が上手いし声がとても素敵でした。
 それにしても、ひときわプライドが高く自立心の強いシャネルの強靭な精神力には圧倒されます。愛する男に裏切られても毅然として事実を受け入れるし、自分に戻って来た男が事故死しても、喪服をモードを生かす逞しさ。お酒や麻薬で自己破壊に向かって行ったアーティスト達とは対照的な強さでしょう。太く長い87歳の人生もゆえなるかな。
 この作品はデザイナーとして認められるまでのシャネルの若き日々から、いっきに15年のブランクの後の70歳のカムバックを描いていますが、どうも彼女の人生は今回完全に抜けていた30代から50代後半まで波瀾万丈だったらしいので、これから公開されるシャネル映画を観てみないことには総括的に理解できません。とりあえず、「ココ・アヴァン・シャネル」が楽しみですが、題名からするとこちらもシャネルの若き日々が主題なのでしょうか?
[PR]
by cheznono | 2009-08-26 01:38 | 映画