ずっとあなたを愛している

b0041912_2343325.jpg 去年から今年にかけてフランスで観た映画の中でベスト5に入るフィリップ・クローデル監督の「ずっとあなたを愛している」。フランス公開と同時に高く評価され、今年のセザール賞(フランスのアカデミー賞)の有力候補に。セザールは「セラフィーヌ」が各賞を総なめしてしまいましたが、この作品はイギリスアカデミー賞の外国語映画賞を獲得。地味な出だしながらリアリズムに満ちていて、胸にずしりと来る感動作です。

 映画は、暗く無表情なジュリエット(クリスチャン・スコット・トーマス)が、妹レア(エルザ・ジルベルスタイン)の一家と同居するところから始まります。
 実はジュリエットは長い刑期を終えて出所したばかり。幼い息子をその手にかけた罪で、15年間収監されていたのです。
 この15年間、母も妹も刑務所のジュリエットに面会に行きませんでしたが、晴れて娑婆に出て来た姉を年の離れた妹リアは温かく迎えます。リアがベトナムから迎えた二人の養子も突然現れた伯母になつきますが、ジュリエットは深い悲しみに心を閉ざしたまま。
そんな姉にまるで針に触るかのように接し、あれこれ気を遣うリアに対して、リアの夫はジュリエットへの不満と不信を隠し切れません。
 妹一家とぎこちない居候生活を送る一方で、ジュリエットは職探しを始めます。何とか自立を目指すジュリエットに世間の目は冷たく、なかなか採用されませんが、リア一家を初め、いろいろな人と接するうちに、ジュリエットの固い表情も少しづつ穏かになって行きます。
 ジュリエットが変化するに連れて、にじみ出る知性や優しさが彼女を警戒していた人たちの猜疑心を徐々に溶かして行くのですが。。  

 いったいなぜ、子供好きの医師だったジュリエットが自分の息子を殺めたのか?リアが聞きたくても聞けなかった事実が、ジュリエットの口から搾るように語られた時、リアも観客もその重さに言葉を失くすのでした。

 まず、15年もの間、監獄と一般社会とに分かれて、面会することもなかった姉妹が、再会と同時に同居して、長い空白を埋めて行く過程がうまく描かれています。思春期に別れて以来、久しぶりに会う姉は絶望と秘密を抱えたまま、なかなか自分に心を開いてくれないないのに、終始、姉の側に立って愛情深く接するリアの姿勢が印象的です。
そして、とてつもない悲しみを背負い、虚無感をまとうジュリエットを、ほぼすっぴんで演じるクリスチャン・スコット・トーマスは秀逸。フランス在住のため、よくTVのバラエティ番組にも登場しますが、この映画で改めてすごい女優さんだと思いました。
 ジュリエットが妹に秘密を打ち明けることで過去に一つの区切りをつけ、新しい出会いに踏み出してゆくところに爽やかな希望が感じられて、良いですねす。二人の姉妹が何ともリアルに描いた人間の弱さと強さ、自分の力ではどうしようもできない運命などについて、深く考えさせられる作品です。
[PR]
by cheznono | 2009-12-30 23:10 | 映画