カラヴァッジョ 天才画家の光と影 

b0041912_23262018.jpg かの名作「輝ける青春」で影のある弟を演じて印象的だったアレッシオ・ボーニが破天荒の画家カラヴァッジョに扮し、才能あふれるアーティストの生涯を熱演している「カラヴァッジョ/天才画家の光と影」。ちょっと中だるみはあるものの、とても見応えのある作品です。

 16世紀後半、ミラノで画家の修行をしていたカラヴァッジョは、法王のお膝元ローマにやって来ます。
 子供の時から憧れていたコロンナ侯爵夫人のお陰で、デル・モンテ枢機卿の庇護を受けることになったカラヴァッジョは、教会の宗教画を任され、めきめきと頭角を現して行きます。
 独特な光と影のコントラストとリアリズムあふれるその画風は、人々を感嘆したり唖然とさせたり。ライバル画家はモデルを使うカラヴァッジョの手法を邪道だと批判しますが、本人は意に介しません。
 作品が高く評価される一方、酒に娼婦、バイセクシャル、そして喧嘩早い激しい気性と無軌道な私生活のせいで、しょっちゅう周囲との摩擦を起こしてしまうカラヴァッジョ。
 法王庁から依頼された聖母の絵を、普通の庶民をモデルに写実的に描いたために教会の反発を買い、しかも決闘騒ぎを起こして相手を刺し殺してしまったが故にお尋ね者となったカラヴァッジョは、ほうほうのていでマルタ島に逃亡。
 コロンナ侯爵夫人の息子の支援で、マルタ騎士団に迎えられたカラヴァッジョは、マルタで描いた絵も絶賛され、つかの間の平穏を得るのですが、ここでも挑発に乗って問題を起こしてしまい、マルタ島脱出を余儀なくされるのでした。

 今年はカラヴァッジョの没後400年。カラヴァッジョの絵は有名でも、画家自身については全く知識のなかった私には、これ 1本でカラヴァッジョの栄光と不遇の38年の人生を知ることができた充実の歴史ドラマです。
  故郷のカラヴァッジョ村からミラノ、そしてローマ、ナポリ、マルタ、シチリアと、流れて行ったカラヴァッジョは、流浪の画家とも言われ、絵画の報酬が入ると放蕩三昧に走り、激情的な性格も災いして敵も多かったとか。
 この映画は、無軌道な生活と生み出される作品の芸術性との対比をわかり易く際立たせています。
 そして、三人の女性:侯爵夫人(エレナ・ソフィア・リッチ)と娼婦フィリデ(クレール・ケーム)、聖母のモデルとなった恋人レナと画家で同性愛の相手であるマリオ(パオロ・ブリグリア)という、カラヴァッジョが愛した4人が、それぞれ自分の身を危険にさらしてもカラヴァッジョを助けようと努力する点が印象的です。

 本国イタリアやフランスではテレビ用シネマとして製作された作品ですが、カラヴァッジョの名作が仕上がるまでを丁寧に描き、ロケもふんだんに使って当時の様子を再現しているので、まるで本当に16世紀のイタリアの生活を観ているような気分になりました。
 でもやっぱり映画は楽しい方が良いという面々には「モリエール:恋こそ喜劇」の方がお勧めかも。こちらは歴史ドラマというよりも喜劇の要素が強いので、それほど入り込めなかったけど、ラストはじーんと来て、余韻が残りました。 
[PR]
by cheznono | 2010-03-31 23:26 | 映画