17才の肖像

b0041912_191222.jpg 未知の大人の世界を同級生達より一足早く知り、うっ頂点になった才色兼備の女子高校生が目の当たりにする残酷な現実。深く傷ついたもののその経験を肥やしに、また次の大きな一歩を踏み出して行くヒロインに扮したキャリー・マリガンの演技が各方面で絶賛された「17歳の肖像」。
 甘やかでちょっとイタい思春期の話なら、これまで何度も読んだり観たりして来たから、今さらと思ったけれど、これが意外に完成度が高い。フランスでもメディア、一般ともに好評だった作品です。

 60年代初めの英国、成績優秀な高校生ジェニーは、親からも先生からもオックスフォード大への進学を期待され、息苦しい気持ちで家と学校を往復する毎日を送っています。
 そこへ現れたデイビッド(ピーター・サースガード)は、ジェニーの倍の年齢、といってもまだ30代初めなのに、高級車を乗り回し、紳士的な物腰で、経済的にも心理的にも余裕がありそう。
 それまでつき合っていた同い年のシャイなボーイフレンドとは比べものにならないデイビッドの大人の魅力に夢中になったジェニーは、デイビッドのエスコートでしゃれたレストランで食事をし、ナイトクラブに音楽会、そしてギャンブルと、次々に知らなかった世界を味わいます。
 極めつけは、ジェニーの17歳の誕生日を記念して、憧れのパリへ二人だけの週末旅行。「17歳になるまで待って」というジェニーの意思を尊重したデイビッドと、パリで初めての夜を迎えたジェニー。大人の女の仲間入りをしたという誇りが全身に漂っています。
 制服を脱ぎ、ドレスアップして美しくメイクを決めたジェニーには、学業を優先する同級生や教師、両親が狭い世界に暮らす住人に見えてしまい、ついに彼女は進学よりも結婚を選ぶと宣言してデイビッドのプロポーズを受けるのですが、、

 戦後の復興期を経て、自由や女性の地位向上と飛躍的な経済成長という変動期のイギリス。まだ階級社会の名残が強く残る中、想い通りの未来を切り開くには女性にも学歴が大切、という教師や父親の考え方に反発を感じるジェニーが、デイビッドと出会ったことで、さなぎが蝶に変わるように、いっきに美しく洗練されて行く姿は目を見張るよう。
 自分は他の人たちとは違うという優越感と自信に対して、両親や先生、同級生たちがなんて陳腐に見えることか。しかし、背伸びして味わっためくるめくような体験は、実はガラスの城だったと知った後のジェニーが、学業に戻る決心をするまでの立ち直りの早さも若さゆえで、羨ましいくらいです。
 傷心のジェニーをそれ見たことかなどと言わずに、彼女を支援する父親や担任教師が良いですね。若気の至りでうっとうしく思っていた周囲に励まされ、現実的な選択をするジェニーの心の動きをキャリー・マリガンが繊細に演じています。「プライドと偏見」では、キーラ・ナイトレイの妹役だったというのに、全然思い出せなくてちょっと残念でした。 
[PR]
by cheznono | 2010-05-24 01:09 | 映画