華麗なるアリバイ

b0041912_154747.jpg 第二次大戦直後の1946年にアガサ・クリスティが発表した「ホロー荘の殺人」を、舞台をフランスの現代に移して映画化した「華麗なるアリバイ」。高校時代に読んだクリスティの原作は、幸い?全く忘れてしまったので、新鮮な気持ちで観て来ました。
 パスカル・ボニゼール監督が原作に登場したエルキュール・ポワロを排除した劇場版のシナリオを採用したのは正解ですね。お陰でミステリーの女王の代表作臭さが消え、ちょっと軽めのフレンチ・サスペンスとして楽しめます。

 上院議員夫妻のアンリ(ピエール・アルディティ)とエリアーヌ(ミュウミュウ)が田舎の屋敷に招いた客9人。売れっ子精神科医のピエール(ランベール・ウィルソン)と妻クレール(アンヌ・コンシニ)、彫刻家でピエールの愛人のエステル(ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ)、エステルに横恋慕しているアル中の作家フィリップ(マチュー・ドウミ)、フィリップを慕う靴屋勤務のマルト。
 そこへイタリア人女優のレア(カテリーナ・ムリーノ)が加わったことで、表面的には和やかだったホームパーティに緊張が走ります。かつてピエールと恋愛関係にあったことを露骨にほのめかすレアに、妻クレールも愛人エステルも気が気ではありません。
 思いがけず再会したレアに誘われるまま、熱い一夜を過ごしたピエールは、翌日、プールサイドで撃たれ、傍らにはリボルバーを手にしてクレールが震えていました。瀕死のピエールに呼びかけていたエステルは、ピエールがこと切れると、なぜかクレールの手から銃を払い落とし、凶器はプールの中へ。
 すぐに警察に拘束されたクレールですが、彼女が握っていたリボルバーからは発砲されていなかったことが証明されて、無事釈放されます。二人の子供をもうけながら、浮気者のピエールに悩まされて来たかわいそうなクレールにエリアーヌは同情しますが、実は彼女自身も昔ピエールと関係を持った過去があり、夫アンリは全てを知りながら、今なお妻を愛しています。
 ピエールから「一人だけ本気で愛した女がいた」と聞いていたエステルは、それがレアだったのではないかと思いつつも、捜査官には自分こそが彼のお気に入りの愛人だったという自信を見せます。
 火花を散らす女性たちもピエールに嫉妬する男達も、それぞれピエール殺しの動機があったと言える状況で、今度はパリの高級住宅街にあるホテルで第2の殺人が。それはピエールが女性との逢引に使っていたホテルでした。

 しかし、普通ならかち合わせるのを避けるようなワケありメンバーばかりを集めて、週末のお泊まり付きパーティを企画したエリアーヌとアンリ夫妻って何者?しかも、精神科医ピエールはエリアーヌの昔の不倫相手で、アンリは今も苦い思いをしているというのに。

 レアが連れて来た運転手(なんと人気歌手のダニー・ブリヨン)も含めて、登場人物みんなに動機があるようなないような状況の中で、第2の殺人が起きる割には中盤に緊張感が感じられません。
 とはいえ、果たしてピエールが心から愛し、守りたかった女性は誰なのか?その女性はピエールの行動をどう受け止めていたか?という観点から見ると、この映画が俄然面白くなります。 
 サスペンスとしての面白さはイマイチだけど、意外な人物が見せる深い愛情にちょっと感動して、ル・シネマを後にしました。それにしても、やっぱり人間て複雑だわ。
[PR]
by cheznono | 2010-07-31 01:17 | 映画