セクシーな見本市

b0041912_20232692.jpg
 秋到来でめっきり冷え込んだフランスで、唯一暖かく太陽いっぱいのコートダジュールに戻って来ました。お陰で蚊も元気なため、早速蚊よけの液体を購入。9月末ならもう蚊取り線香も液体ムヒもいらないだろうと高をくくっていたのが甘かったみたいです。
 フランクフルトで乗り換えたニース行きの便に、珍しく日本人の乗客がちらほら、というか結構目立ったので、今頃コートダジュールで何か催し物ものがあるんだっけ?と思いきや、ニースでエロティカ見本市が開かれたという情報をキャッチ。なるほど、だからドイツからの乗り継ぎ便に日本からの男性客が目立ったのか?!
 というのは冗談で、私が着いた日は今年のエロティカ見本市の最終日。なので、欧州内便で乗り合わせた皆さんは、純粋に観光か国際会議か何かのイベントにやって来たのでしょう。
 エロティカ・ドリーム見本市は、さまざまな大人のおもちゃの展示と説明、セクシーな下着の紹介、そしてポルノ女優達によるショーで構成され、入場に30ユーロもかかるのに、今年も盛況だったみたいです。
 女性やカップルでの来場も多くて、《もはやセクシートーイはタブーではなく、開けっぴろげに明るく語る時代》なのだそう。好きだねこの国は、と半ば呆れてしまいますが、このエキスポ、フランスだけでなく10月半ばにはオーストリアのシドニーで開催予定だし、既に世界あちこちで開かれていたのですね。もしかして、東京ビックサイトでも開催されていたりして? 
 見本市に出展したお店によるとオンラインショップが好調で、顧客の年齢層は25歳から80歳と幅広く、しかもお客の80%は女性なのだとか。別のお店もこの不況の中、昨年の売上高は前年より30%も高かったらしいです。
 地元紙が取材した去年のエロティカ・ドリーム見本市の様子は以下のリンクから。
 http://www.nicematin.com/video/salon%20erotica
 
 因みにこの見本市、次は12月にリール市で開かれます。
画像の絵画は、アンリ4世の公式寵妃ガブリエル・デストレとその妹
[PR]
by cheznono | 2010-09-29 20:24 | 不思議の国フランス