ソーシャル・ネットワーク

b0041912_117558.jpg  今回もレビュー掲載がとっても遅くなりましたが「ソーシャル・ネットワーク」、すごく面白い映画でした。さすがデビッド・フィンチャー監督!
 この作品が昨秋フランスで公開された時、それはそれは話題になったのに、フェイスブックやってないし、IT青年の成功談なら観なくても良いかなって思ってしまった自分がいかに浅はかだったことか。
 フェイスブックに興味がなくても、SNSはmixiで充分でも、引き込まれること受け合いの作品です。

 2003年、ハーバードの学生で19歳のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、やっとできた可愛いガールフレンド:エリカにあっさり袖にされ、憤然として大学寮に戻って来ます。  
 ふられた腹いせに、エリカの悪口を自分のブログに書き連ね、その上ハーバードの女子学生の容姿をランク付けするサイトを作ったため、当然女子からは総スカン。でも男子学生達をわかせます。
 その才能に目をつけたボート部の花形双子ウィンクルボス兄弟(なんと北京五輪では6位に入賞)に、学内の男女交流サイト作りに協力してほしいと頼まれたマーク。いったんは承諾するものの、何かと言い訳していっこうに作業を進めようとしません。 
 実際には双子達のアイデアを元に、親友のエドゥアルド・サベリン(アンドリュー・ガーフィールド)に出資を頼りながら、フェイスブックの作成に没頭していました。
 ハーバードの学内交流サイトとして立ち上げたフェイスブックは、たちまち爆発的な人気を呼び、やがて他大学の学生達も参加する交流サイトに成長。共同創始者としてエドゥアルドも資金集めや営業に尽力します。
 しかし、二人がネットの音楽配信サービス:ナップスターで成功を治めた青年実業家ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)に出会ったことから、マークとエドゥアルドの間に溝が生じます。

 マークを上回る誇大妄想的なショーンにすっかり取り込まれたマークは、大風呂敷にも聴こえるショーンの提案に乗って、フェイスブックを世界的な規模に拡大させるべく突き進み、結果としてエドゥアルドを手ひどく裏切ることに。
 怒ったエドゥアルドはフェイスブック創業者の一人として復権を要求。一方、双子のウィンクルボス兄弟からは、企画を盗用されたと告訴され、マークは両者と裁判で争うことになってしまうのでした。

 頭は抜群に切れるけど、極めて偏った頭脳の持ち主で、社会性に欠け、相手とうまくコミュニケーションを図れない若者が、女の子にふられたのをきっかけに、ネット上での自己実現を目指して大成功。少しもフレンドリーでないマークが作ったサイトが、世界をつなぐコミュニケーションサイトだったというのがいかにも現代的です。
 ネット社会の申し子が作り上げたのは、人間関係のこれまでにない新しい形だったけれど、世界中の膨大な参加者を得た後、二つの訴訟を抱えても尚、社会性を身につけられない主人公の孤独な横顔にほろりとさせられます。
 
 ボート部の屈強な花形選手:ウィンクルボス兄弟が、自分たちが暖めて来たアイデアを登用したマークに一矢を報いたいのはやまやまだけれど、伝統あるハーバードの学生はこうあるべきという自らの倫理観との間で逡巡する姿も印象的です。ハーバード大学はクラブに入会するにも条件があって敷居が高く、何度も面接をクリアしなくてはいけないし、所属するクラブによっても優劣があるなんて、エリート達の学生生活はシビアですね。
 今26歳のマーク・ザッカーバーグ氏は、新しいガールフレンドと幸せそう、と報道されていましたが、億万長者とはいえ、まだ生々しい訴訟の内幕などプライバシーを容赦なく映画化されて、いったいどんな気持ちでいるのしょう?
[PR]
by cheznono | 2011-02-19 01:18 | 映画