ブラックスワン

 b0041912_21124414.jpgニースの名画座に念願の「ブラックスワン」を観に行ったら、ドアから腰の曲がりかけたマダムが出て来て「私一人しかいないのよ」と不安そうに私を見上げるので「大丈夫、私も観ますから」と言うと、ほっとしたようにまた館内に戻って座り直しました。
 昼間とは言え、サイコスリラーをシネマで一人ぽつんと観るなんて、そりゃ怖いよね。ホラーと聞くから観たくないって、私も友達二人に断られた映画。普段はホラーなんて絶対に観ないのだけど「ブラックスワン」はどうしても観たかったんです。
 結論は、恐れていたほど怖いお話ではなかったので、観るのを躊躇っている人はご安心を。

 NYのバレエ団で踊るニナ(ナタリー・ポートマン)は、バレエが生活のほぼ全て。一卵性母子のように親密な元バレリーナの母と暮らすアパルトマンとバレエ・カンパニーとをひたすら往復する毎日です。
 そんなニナが悲願の「白鳥の湖」のプリマに抜擢され、母親と共に舞い上がるのですが、何せこのプリマは美しく純真な白鳥と妖艶で邪悪な黒鳥の一人二役。バレエ監督(ヴァンサン・カッセル)から「君の白鳥はきれいだけど、王子を誘惑する黒鳥を演じるには官能性が足りない」と指摘され、さしあたって恋人もいないニナは悩みます。
 自傷行為に走るほど神経を張り詰めながら、難しい黒鳥役をものにしようと葛藤するニナ。そこへ、セクシーな新人バレリーナ、リリー(ミラ・クニス)の登場で、ニナの焦燥は更に激しくなります。
 しかも、憧れていた先輩プリマ、ベス(ウィノナ・ライダー)が、落ち目となって役を外された上、事故に巻き込まれてほぼ再起不能となったことでショックを受けたニナは、更に自らを精神的に追い詰めて行くことに。

 色っぽくなれと煽るバレエ監督。そんなニナを挑発するリリー。真面目で完璧主義者のニナは、あまりのプレッシャーに母親との関係もおかしくなり、現実と幻覚とが混同するほど、凶器を帯びて行くのですが、文字通り身を削ってプリマに挑むニナを演じるナタリー・ポートマンがすごい。さすが、アカデミー主演女優賞を取っただけありますね。
 バレリーナとはかくも凄まじい緊張と強靭な精神力を求められるものなのか?とひりひりするようなニナの内面を観客も同時に体験するような思いで、スクリーンに釘付けでした。
 ラスト近く、クライマックスの脚本も実にうまいと思います。

 ところで、スペイン、アンダルシア地方産のキュウリを輸入したドイツで、バクテリアによる死者が続出。ドイツでキュウリを食べたフランス人も入院したため、欧州ではキュウリがすっかり悪者に。
 汚染水が元でキュウリにバクテリアが付き、それが死に至る内臓の出血を引き起こしたのではないかと推測されるそうですが、ドイツでは既に300人余りが発病、14人が犠牲となっているため、怖くてキュウリが買えません。
[PR]
by cheznono | 2011-05-30 21:09 | 映画