ツリー・オブ・ライフ

b0041912_2139376.jpg 今年のカンヌでパルムドールを獲得した「ツリー・オブ・ライフ」。テレンス・マリック監督による詩情あふれる作品です。
 でも、カンヌを沸かしたわりにはフランスでの批評は中程度で、半ば成功、半ば不発の寓話とまで言われる始末。宗教的で、監督の哲学が大きく反映されている静謐な作品は、カトリック国フランスよりもむしろ禅的な文化を背景にもつ日本の方が評価が高いかも知れません。

 1950年代のテキサス。典型的な中流家庭オブライエン家の長男ジャックは、厳格な父(ブラッド・ピット)と優しく美しい母(ジェシカ・チャステイン)、そして二人の弟達と自然に恵まれた環境で育ちます。
 安定した生活を与えてくれる父親でも、自らの考えを息子達に押し付けようとする姿勢に反発を感じる少年ジャック。
 とはいえ、母親に慈しまれながら、弟達とじゃれ合って過ごした穏かな日々は、確実に自分の人生の基礎となっていることを今や中年を迎えたジャック(ショーン・ペン)が回想します。そして、19歳で亡くなってしまう弟の死が、家族に落とした深い影も。。

 前半、ジャックの回想シーンの後、スクリーンに無限の宇宙や天地創造を象徴するかのような映像が20分ほど流れ、その唐突さと長さには面食らいました。地球や生命の進化と連鎖、その神秘を語りたかったのでしょうけど。
 何千年も昔の大自然の営みから、50年代のアメリカ南部の家族の日常と子供の成長、そして、建築家として成功した中年ジャックの喪失感を、映画は極力セリフを省いて、その代わりかクラシック音楽を駆使しながら、静かな映像美で描いて行きます。
 美しい芸術作品ではあるけれど私的で、暗示的で抽象的な描き方に終始するので、2時間20分を楽しめるかどうかは人を選ぶ作品といえるでしょう。

 「私が幸せでいる唯一の方法は、愛すること」というセリフの通り、慈愛に満ちた母親役が印象的なジェシカ・チャステインは、《アメリカの良心》を体現しているかのよう。彼女が身につけている50年代~60年代モードを思わせる数々のドレスも素敵です。
 
 カンヌの熱狂が苦手というマリック監督は、映画祭には全く姿を現さず、表彰式や挨拶などはブラッド・ピットが一手に引き受けて、話題となりました。テレンス・マリックは次作の撮影のためパリに滞在していたにもかかわらず、パルムドールの受賞を人任せにしたわけで、カンヌを誇るフランスメディアが白けるのもむべなるかな。だから、辛口評が目立ったというわけでもないでしょうが。。
[PR]
by cheznono | 2011-08-23 22:19 | 映画