ライフ いのちをつなぐ物語

b0041912_23325528.jpg
 ネイチャー・ドキュメンタリーが十八番のBBC、特にこの「ライフ」シリーズは最新の技術を集結し、最新鋭のカメラを駆使して世界中のさまざまな生き物の生態を追った大プロジェクトで、公開されている「ライフ いのちをつなぐ物語」はその劇場版です。
 88分という比較的短い作品ですが、天地創造の不思議や自然の摂理、連綿と続く生命の営みについて考えさせられます。厳しい自然条件の中で生き抜こうとする動物はもちろんのこと、小さい身体で思いのほか知恵をしぼる昆虫や両生類の生き様がとりわけ印象に残りました。

 寒さ厳しい北国に暮らすニホンザルが、人間と同じく温泉を利用して凍える冬を乗り越えるのは日本でお馴染みの光景ですが、温泉に入って温まれるのは力の強い一部のサルだけで、その他の群れは、露天風呂の周りで温泉につかるサルを羨ましげに眺めているだけ。ニホンザルの共同体も一部の特権階級が利権を握る格差社会なのですね。

 先日、スーパーの魚売り場で半額になっていたから買った水だこのお刺身。ちょっと大味だけどおいしかった。その水だこが、実は一生に一度しか産卵しないとは全く知りませんでした。しかも、水だこのお母さんは、生んだ卵をじっと見守り、やがて無事に孵化するのを見届けてから、静かに自分の命を終えるという宿命だったのです。親が命をかけて生んだ水だこを半額のお刺身として安易に食べていた自分がかなしくなりました。

 南米に生息するハキリアリは、青い葉っぱを噛み切ってはせっせと巣に運んで、特殊なきのこを栽培しています。自分達の巣にきのこ農園を作り、きのこの菌から糖分を吸い上げて女王蟻に進呈するのですが、ハキリアリたちがひたむきに葉を切っては、大きな葉っぱを持ち上げて黙々と巣に向かって行進する姿からは、《蟻の7割は休んでいて、1割は一生働かない》とはとても信じられません。
 「働かないアリに意義がある」長谷川 英祐著によるとアリもハチもその7割はボーッとしており、約1割は一生働かないことが証明されたらしいですが、蟻の働き方も生息地や種類によって違うのでしょうね。

 中でも一番印象的だったのが、中米コスタリカに生息するイチゴヤドクガエルの子育て。雨蛙よりも小さい真っ赤なカエルですが、卵を産んだ後もその1つ1つが天敵の目を逃れてオタマジャクシに孵れるよう、驚異的な策を取るのです。

 地球は広い。環境もそこに暮らす生き物も実にさまざま。創意工夫に満ちた生き物たちの生態を彼らの目線で映した映像を見ながら、改めて原発事故の罪深さを感じさせられました。こんなにもさまざまな生き物が必死に生きている地球を分け合っているのだから、これからも共存して行くためにCO2の削減や少なくとも地震国の原発廃止は急がなくてはいけないという思いを新たに帰路につきました。
[PR]
by cheznono | 2011-09-24 23:33 | 映画