さすらいの女神たち

b0041912_2352438.jpg 公開を楽しみにしていたマチュー・アマルリック監督主演作品「さすらいの女神(ディーバ)たち」。何せ私の好きなマチュー・アマルリックが去年のカンヌで最優秀監督賞を受賞した映画なので、気合いを入れて観に行きました。
 最近パリでも話題になっているニュー・バーレスクショーの華やかさと、好き勝手に生きてきた中年男の悲哀とのコントラストが際立つ作品です。

 かつては人気のTVプロデューサーだったジョアキム(マチュー・アマルリック)ですが、パリにいづらくなって渡米。数年後、アメリカからニュー・バーレスクのダンサー達を引き連れてフランスに戻って来ます。
 ニュー・バーレスクとは年齢も体型もさまざまなダンサーが、それぞれが自分で工夫した演出で歌って踊るストリップ系のエンターテイメントのこと。女性の身体は自分達のもの、自分自身がその身体を存分に楽しませなくてはというコンセプトのもと、ノルマンディーのナイトクラブを皮切りに、彼女達はフランス各地でのショーを大成功させます。

  しかし、ジョアキムの組んだ巡業ツアーはなぜか大都市をはずして中小の港町ばかり。アメリカ人ダンサー達はパリでの公演を楽しみにしますが、実現できるかどうかおぼつきません。
 ジョアキムは、自分を業界から追放した仲間に一矢を報いたく、パリへ凱旋することを必死で画策するのですが、何せ資金がない。加えてその自己中心的かつ嫌味な性格が災いして、かつての同僚や大先輩、元愛人から次々とそっぽを向かれてしまいます。
 ダンサー達には虚勢を張ってみせるジョアキムですが、八方塞りに焦るばかり。自主独立精神に富むダンサーたちともしっくり行かなくなるのですが。。  
 
 才能はあるけれど周りはかなり迷惑、それでもどこか憎めない自分勝手な男をマチュー・アマルリックが実に楽しそうに魅力的に演じています。
 ジョアキムの本質を見抜きながら、自信と包容力で受け止めるダンサーのミミと彼女がふっと見せる孤独な陰がジョアキムのそれと呼応するあたりが印象的です。

  この映画で観客の男も女も湧かせるダンサー達は、みな現役のニュー・バーレスクのダンサーで、普段は個人で活動しているのだとか。今は女性だけでなく、男性の活躍も目立つというだけあって、この映画でもルイ14世のストリップが大うけしていました。
 実際にフランス中を公演して回ったニュー・バーレスクのサイト。
http://www.cabaretsnewburlesque.com/
[PR]
by cheznono | 2011-10-15 00:01 | 映画