ハートブレイカー

b0041912_22555076.jpg ロマン・デュリスとヴァネッサ・パラディ主演で、フランスでは大ヒットしたコメディ「ハートブレイカー」が、有楽町でひっそりと公開されています。70人ちょっとしか入らない部屋での公開されているため、サービスデイは毎回満席。驚いたのは同時上映されている「エンディングノート」の人気ぶりです。ヒューマントラストシネマは珍しく老若男女さまざまな世代であふれていました。

 策士の姉夫婦と組んで、プロの別れさせ屋を営んでいるアレックス(ロマン・デュリス)。娘がしようもない男に夢中で困りきっているとか、妹が破滅的な恋愛にのめりこんでいて何とかしたい、といった依頼主から仕事を請けては、持ち前のお茶目な魅力でターゲットに近寄り、相手の関心が自分に向いてめでたく彼氏と別れたら、はいさようなら、という生活を送っています。
 アレックスのポリシーでは、別れさせるのは不幸せな恋愛をしている女性だけ。仕事である以上、相手に深入りは禁物。女性が不毛な恋愛に気づいて彼氏と別れれば、彼の役目は終了です。

 モロッコでの仕事を終えて、姉夫婦とパリに戻ったアレックスを待っていたのは金持ちの娘ジュリエット(ヴァネッサ・パラディ)と婚約者の英国人実業家ジョナサン(アンドリュー・リンカーン)との結婚を阻止すること。依頼主であるジュリエットの父親から法外な謝礼を提示されます。
 でも、モナコでの結婚式は10日後に迫っているし、ジュリエットとジョナサンはお似合いのカップル。熱々の二人を何ゆえ別れさせなくてはいけないのか?

 実は多額の借金を抱えているアレックス。お金のために原則を曲げてジュリエットの結婚式を中止させるべく、モナコに向かいます。
 ひとまずボディガードとしてジュリエットに接近したアレックスですが、気が強く、どこか屈折しているジュリエットは、いっこうに隙を見せません。あの手この手で彼女の気を引こうとするアレックスチームの努力は空回りするばかりです。
 しかし、別れさせ成功率100%のアレックスチーム、ここで引き下がるわけには行きません。
 そこへ、予定より早く婚約者ジョナサンがモナコに到着。しかも、急遽予定を変更して、式はラスベカスで挙げると言い出したため、さすがのアレックスはお手上げ状態に。。

 母親の死後、10年間も不仲だったジュリエットと父親。裏の世界にも通じている父親が、なぜ大金持ちでイケメン、理想的に見える娘の婚約者を嫌って、アレックスに肩入れするのかちょっと不思議ですが、不安定な隙間稼業に生きるアレックスに自分と共通する心意気とヤマっけを感じたからかも。
 
 突っ込みどころは満載でも、気の利いた会話とユーロ危機とは別世界のバブリーなシーンがふんだんに楽しめます。そしてもちろんロマン・デュリスの魅力が映画の要と言えましょう。ダンスシーンが圧巻です。
 ただ、モナコを舞台にしたコメディは、どこか似通った雰囲気が漂うのも否めません。オードリ・トトウが金持ちの援助交際相手を探す「プライスレス」もしかり。
 なんかかんか言ってもアメリカ文化が大好きなフランス人。ハリウッド的なロマンチックコメディをフランス風に仕上げた作品は、若い世代を中心にこれからますます増えて行くのでしょうね。  
[PR]
by cheznono | 2011-11-26 23:26 | 映画