サラの鍵

b0041912_23175294.jpg 昨年フランスで公開が続いたヴィシー政権下のパリでのユダヤ人一斉検挙の悲劇を扱った映画の一つ「サラの鍵」。検挙され収容所送りとなった少女と、60年の歳月を経て現代に生きるジャーナリストの人生を交差させつつ、さまざまな疑問にぶつかりながら、過去の発掘を通して自らの人生をも大きく変えて行く女性の姿を描いた秀作です。
 「黄色い星の子供たち」を観た方なら、当時の様子がよりリアルに迫ってくるでしょう。
 
 1942年早朝のパリ。フランス政府によるユダヤ人検挙の命令に従って、少女サラのアパルトマンにも警官が押しかけ、一家は冬季競輪場に収容されます。
 その直前、10歳のサラは弟を納戸に匿い、鍵をかけました。サラはまたすぐに家に帰れると思っていたから。

 60年後、フランス人の夫と娘とパリ在住のアメリカ人記者ジュリア(クリスチャン・スコット・トーマス)は、ナチのユダヤ人迫害に協力したヴィシー政権によるユダヤ人迫害について取材をする中で、夫(フレデリック・ピセロ)が祖父母から相続したマレ地区のアパルトマンが、1942年の一斉検挙でアウシュヴィッツに送られたユダヤ人一家の住まいだったことを知り、愕然とします。

 すし詰め状態の冬季競輪場から収容所送りとなったサラは、弟を閉じ込めた納戸の鍵を握り締め、なんとしてもパリのアパルトマンに戻るべく命がけで脱走を図ります。

 夫と暮らすアパルトマンがユダヤ人検挙のお陰で手に入ったのではと疑うジュリアに夫の家族は口を閉ざし、夫も過去を蒸し返すなと不快さを隠しません。
 加えて、45歳にして妊娠したジュリアに、夫は今さら子供に振り回されたくないと生むことを歓迎していない様子。妊娠を喜ぶジュリアは多いに失望させられます。
 
 果たして、サラはホロコーストを生き延びたのでしょうか?サラが納戸に隠した弟の運命は?
 周囲の戸惑いをひしひしと感じながら、少女サラの存在を知ってしまった以上、彼女のその後を突き止めずにはいられないジュリアは、真実を求めてパリから出身地ニューヨークへ、そしてイタリアのトスカーナ地方へと取材を続けるのですが。。

 前半は幼い弟を助けたい一心で納戸の鍵を閉めたまま収容所送りとなってしまったサラの苦悩が痛いほど伝わって来て、サラの行方を心配するジュリアと心を1つにする思いでした。
 今になって忌まわしい過去を掘り返してほしくない周囲との摩擦を感じながら、真実を明らかにしたいという欲求に正直なジャーナリストの宿命をベテランのクリスチャン・スコット・トーマスがおさえた演技で体現しています。
 ジュリアの探究心が、埋もれていたサラの人生にはっきりとした輪郭を与え、やがてそれがジュリア自身の人生にも大きな意味を持って来る過程が、この作品の醍醐味。歴史の波にもまれ悲惨な体験を経ながらも、命の輪が連綿とつながっていることが、静かな喜びとして伝わって来る映画です。

 原作は世界的に大ヒットしたタチアナ・ド・ロネの「サラの鍵」(新潮クレスト・ブックス)。
公式サイト:http://www.sara.gaga.ne.jp/  
[PR]
by cheznono | 2011-12-18 23:18 | 映画