ミラノ、愛に生きる

b0041912_0504275.jpg 確かに映像美が楽しめる作品でした。50歳を超えているとは思えないイギリス人女優ティルダ・スウィントンのクールな美貌とイタリアの資産家の暮らしぶり、ミラノからサンレモにかけての自然美、そして腕によりをかけた料理の数々。
しかし、かくもあっさりと性愛が母性愛を凌駕するものでしょうか?説得力に欠ける展開には今も首をかしげています。

ロシア出身のエンマ(ティルダ・スウィントン)は若い頃、ミラノの実業家レッキ家の御曹司タンクレディに見初められて結婚。三人の子供を育て上げ、今は大きな屋敷を取り仕切り、ディナーの采配を振るうような毎日です。
ある日、息子エドアルド(フラヴィオ・バレンティ)から親友の料理人アントニオ(エドアルド・ガブリエリーニ)を紹介され、彼の作る料理に魅了されます。
以来、アントニオのことが頭から離れなくなったエンマは、娘の展覧会を見にニースに向かう途中、サンレモで偶然アントニオと再会、動揺します。
アントニオがエドアルドの出資でレストラン経営を予定しているサンレモ郊外の山荘に案内されるエンマ。
その日から、二人は急速に親しくなって、逢引きを重ねるのですが、エドアルドが母親と親友の関係に疑問を持ったことから、思いがけない悲劇が一家を見舞うのでした。

 結婚のためロシアからイタリアに渡って以来、自分の感情を抑えて、裕福なレッキ家にふさわしいイタリア人になり切ろうと努力をして来たエンマ。洗練された服に包まれ、メイドやお手伝いさんにかしずかれるような前時代的なゆとりのある暮らしを送りながら、どこか表面的な上流社会に違和感を感じていたのでしょう。
子供が独立し、レッキ家の事業も先代から夫と息子に譲られた今、エンマに突然訪れた出会いは、彼女をこれまでの抑制的な生活から開放し、性への新たな目覚めへと導きます。

 これはひょっとしてかの名作「レディ・チャタレー」に描かれた世界を意識しているのかも?しかし、完成度は雲泥の差。官能度は「レディ・チャタレー」を凌ぐにせよ、ヒロインの心の動きの描写が物足りず、アントニオの心理にいたっては殆ど描かれてないのが残念。
とはいえ、繊維業で名を成した一家の優雅な暮らしぶりと、イタリアらしい風景など、美しい映像と音楽がたっぷり楽しめる作品です。
[PR]
by cheznono | 2012-01-24 00:53 | 映画