ミッドナイト・イン・パリ

b0041912_033335.jpg 去年のカンヌ国際映画祭でオープニングを飾った時はぼちぼちの受けだったのに、劇場公開された途端、多くのフランス人が魅了された映画ミッドナイト・イン・パリ。アカデミー賞では最優秀賞脚本賞を受賞。
 ベルエポックからデザネ・フォルにパリに集った芸術家達の活気ある会話にわくわくさせられる映画で、とりわけ、ロストジェネレーションの作家達の小説に夢中になった経験のある人にはたまらない魅力を放つ作品だと思います。

 しかし、この邦題はちょっと耳ざわり。真夜中のパリの方がしっくりするのでは?パリのミッドナイトならまだしもミッドナイト・イン・パリだと何というかオー・ド・トワレのような違和感が。(eau de toiletteはオー・ド・トワレットが近い発音なのに、なぜか日本ではオー・ド・トワレで定着。トワレットだとトイレをイメージしてしまうから?単数系のトワレットは身支度とかお化粧の意なのですが。)

 ハリウッド映画で脚本家として成功したギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とその両親と共に大好きなパリにやって来ます。
 ギルは映画のシナリオから卒業して、本格的な作家への道を模索中。でも、せっかくのパリ滞在なのに、ロマンティストの文学青年ジルと実業家の娘で典型的なマテリアルガールのイネズとは価値観のずれが目立ち始めます。

 深夜、一人でホテルに戻ろうとしたジルは道に迷ってしまい、たまたま通りかかった黄色いプジョーに拾われます。行き着いた先は、なんとジャン・コクトーを初め、スコットとゼルダ・フィッツジェラルド夫妻やヘミングウェイが集う1920年代のクラブでした。
 翌晩もタイムトリップしたギルは、モディリアーニやピカソのミューズ的な謎の美女アドリアナ(マリオン・コティアール)と出会い、惹かれて行きます。
 小説家を目指すジルは、尊敬する作家たちの会話に多いに刺激されますが、ピカソとうまくいっていないアドリアナと心を交わした途端、一緒に19世紀のベルエポックまで遡ることに。

 過去の著名なアーティストたちとアドリアナに刺激され、ジルはこれからの人生に向けて大きな決断を下します。

 ウッディ・アレンの魔法で、文化と歴史を彩ったアーティストたちのサロンに紛れ込む楽しさは映画ならではのもの。
 夜な夜ないなくなるギルの行動を怪しんだイネズの父親が、ギルにつけた探偵(なんとガド・エルマレ)が、タイムスリップし過ぎてブルボン王朝のヴェルサイユに紛れ込んでしまうのもご愛嬌です。
 
 映画の公開当時は大統領夫人だったカーラ・ブルーニ・サルコジが出演しているのも話題になりました。モデル出身の歌手カーラ・ブルーニは、ベテラン女優ヴァレリー・ブルーニ=テデスキ(脚本家と監督の経験もあり)の父親違いの妹なので、演技の才能も期待されたのですが、意外に出番はわずか数シーンだけ。
 噂では、カーラ・ブルーニの演技があまりに拙く、ウッディ・アレンは何度も撮り直した挙げ句にやむなく彼女のシーンを大幅に削ることにしたとか。
 華麗な恋愛遍歴が何かと話題になるカーラ・ブルーニ、昨秋は念願の女の子を出産してますます注目されました。本当に大統領との間の赤ちゃん?という囁きも何のその、落選後は普通の人に戻ってお金儲けを目指したいという前大統領とモロッコに超豪華な別荘を物色中らしいです。
[PR]
by cheznono | 2012-06-22 00:45 | 映画