ミステリーズ 運命のリスボン

b0041912_22562419.jpg 6月末にフランス映画祭で観た「ミステリーズ 運命のリスボン」。フランスでロングランしただけあって、4時間半近い長編大作にもかかわらず会場は満員で、前評判の高さが感じられました。
 チリ出身でパリ在住だったラウル・ルイス監督が遺言のつもりで撮ったという本作は、気合いを入れて観ないと各エピソードのつながりや時制が呑み込めなくなりそうでしたが、超複雑な構成を上手く料理した手腕はさすが。
 19世紀のポルトガルの文豪カミロ・カステロ・ブランコによる原作は相当読み応えがありそうです。

 ベースとなる舞台は19世紀のポルトガル。過去と現在が交差する物語は、修道院で成長する少年ジョアンと彼の後見役であるディニス神父(アドリアヌ・ルーシュ)を軸に繰り広げられます。
 14歳になるジョアンはディニス神父から自らの出生の秘密と、伯爵夫人である母アンジェラ(マリア・ジュアン・バシュトゥシュ)の悲恋を知らされて動揺しますが、ディニス神父は全てをジョアンに打ち明けた訳ではありません。
 「もの食いナイフ」と呼ばれた凶暴な男に暗殺されそうだった生後間もないジョアンを救ったディニス神父にも出生の謎があり、神父になる前はフランスでかなわぬ恋に身を焦がした過去が。

 成長したジョアン(アフンス・ピメンテウ)はフランスに留学。そこで出会った年上の未亡人エリーズ(クロチルド・エム)に惹かれますが、彼女はブラジル帰りの成金アルベルト(リカルド・ペレイラ)に失恋して以来、引きこもり状態で、アルベルトへの復讐を企てます。
 エリーズはディニス神父のかつての想い人ブランシュ(レア・セドウ)と親友ブノワとの間にできた娘でした。 一方、羽振りの良さでリスボン中の話題をさらったアルベルトは、その昔「もの食いナイフ」と呼ばれた男で、彼はジョアンの実母アンジェラの夫の元愛人を妻にしています。
 ジョアンはエリーズのためにアルベルトに決闘を申し込むのですが。。。

 巧みに織られた糸のように時空を超えた人間関係が交差する物語は見応え充分。でも、4時間半の間ストーリーを追うことに精一杯集中したせいか、意外に見終わった後の余韻が残らなかったのが残念です。見事な構成と美しい画像に終始引き込まれたのは確かだけど、それ程心に残るものが無かったのは、これが文学作品でも歴史大作でもなく、運命の不思議と偶然を駆使したストーリーテリングに近いからでしょうか?

 しかし、なんと言っても嬉しかったのは、上映後にメルヴィル・プポーが登場して、亡き監督の思い出や映画作りについて語ってくれたこと。
 11歳でルイス監督に見出されて以来、監督の11作品に出演したというメルヴィル・プポー。婚約者に振られ、傷心の思いでルイス監督のアパルトマンに泊めて貰った日、夜中にトイレに起きたら、書棚だらけの廊下に迷って自分の寝ていた部屋がわからなくなり、仕方ないからそのまま廊下の本棚の隙間で眠ったとか。
 その時のフィアンセとは、16歳の頃婚約してたというキアラ・マストロヤンニかな?なんて想像してしまいました。
 因みにこの映画でプポーは「ナポレオン皇帝万歳!」と叫ぶだけのゲスト出演です。
公式サイト : http://www.alcine-terran.com/mysteries/
[PR]
by cheznono | 2012-10-28 22:57 | 映画