オペラコンサート

b0041912_5491369.jpg 南アジアの津波で被災された人達へのチャリティコンサートがあちこちで開かれていて、私も旧市街のバロック様式の教会での津波被害者支援のためのオペラコンサートに行って来ました。お陰で海からすぐの小さい教会で二人のソプラノとテナーが一人、素晴らしい歌声を聞かせてくれて思いがけなく大満足の夕方を過ごすとができました。歌はモーツァルトやビゼーなどのクラシックからポビーとベスなどの比較的新しい曲まで幅広く、テナーの男性が2回も曲目を間違えてピアニストをヒヤリとさせたのもご愛嬌。ただでさえひんやりとした石造りの教会には、海辺に近いため冷たい隙間風が流れ込み、まるで冷蔵庫の中のようなのに、ブロンド美人のソプラノは肩を剥き出しのイブニングドレスで見てる方が凍えそうな中、驚異的な歌唱力で次々にアリアを聞かせてくれ、入場料の5ユーロの献金が申し訳なかったくらいです。
 寒い教会の中で2時間、オペラのアリアを楽しんだ私達ですが、コートを着ていても身体は冷凍されたように冷え切ってしまい、コンサートが終わったとたん一番近いカフェに駆け込んで、硬直した手足を温めたのでした。
[PR]
by cheznono | 2005-02-11 06:04 | 不思議の国フランス