危険なプロット

b0041912_0201118.jpg 玉手箱のようにアイデアを出しては個性的な映画製作に挑戦し続けるフランソワ・オゾン監督。フランスでは援助交際を扱った新作「17歳」が話題になったばかりですが、「危険なプロット」も面白い試みの映画でした。原作はスペインの舞台劇らしいですね。

 高校で国語を教えるジェルマン(ファブリス・ルキーニ)は、ギャラリーを主催する妻ジャンヌ(クリスチャン・スコット=トーマス)とDINKS夫婦。
 自宅で宿題の作文を添削中、16歳のクロード(エルンスト・ウンハウワー)が書いた文章に興味を覚えます。それは、クロードがクラスメイトのラファエル宅で見たことを観察力鋭く綴ったものでした。
 小説家志望だったジェルマンは、クロードの文才に感じ入り、放課後に個人指導することに。
 ラファ(ラファエル)が苦手な数学を教えるという名目で、クラスメイト宅に入り浸るクロードは、倦怠感を漂わせる専業主婦の母親(エマニュエル・セニエ)に関心を向け、家庭内のことを詳細に書き綴ります。

 毎回「つづく」で終わるクロードの作文は連続テレビ小説のよう。ラファの母親は息子が親友と慕うクロードの行動に覗き見的な匂いを嗅ぎ取り、自宅から遠ざけようとします。
 想像力で作文を書き続けるよう助言するジェルマンにクロードは、「自分は相手の家の中で実際に観察しないと文章にすることはできない」と訴えます。
 ラファの両親のプライバシーにまで踏み込んだクロードの作文にのめり込むあまり、ジェルマンは教師としての一線を超えてしまうのでした。

 障害で寝たきりの父親と二人暮らしのクロードは、しゃれた一軒家に暮らすクラスメイトのノーマルな家庭に憧れて、ラファとスポーツマンの父親との友達同士のような関係を羨ましくも冷めた目で見つめ、母親には官能的な妄想を抱きます。
 そのラファの母親は、稼ぎは良くとも俗物的な夫に関心は薄く、結婚で諦めた室内装飾家への夢がくすぶる毎日。
 一生徒の指導に深入りする夫が逆に相手に踊らされているとジャルマンに忠告するジャンヌは、情熱を傾けた仕事を失いそうな危機に直面しているばかりか、現実と空想が入り混じるクロードの作文に自身の生活もかき乱されてゆくことに。。
 
 大きな秘密が暴かれるような劇的な展開が待っているわけではないけれど、クロードの観察眼を通して、登場人物の立場の違いやそれぞれの抱える問題が浮き彫りになる過程が実にスリリング。

 とりわけ、ジェルマンの迎える結末に、作家として創作の世界に生きたかった人のカタルシスを見て、オゾン監督の「これが僕に取ってのハッピーエンド」というコメントが理解できたように思えました。
 来年2月に日本公開される「17歳」も待ち遠しいです。
 危険なプロット:公式サイト:http://www.dangerousplot.com/
[PR]
by cheznono | 2013-11-18 00:21 | 映画