イヴ・サンローラン

b0041912_23384434.jpg 高級プレタポルテに縁のない私にはせいぜい化粧品と香水でお馴染みという程度のイヴ・サンローラン、デザイナー自身の実像は殆ど知りませんでした。しかし、2008年のサンローランの死後、ピエール・ベルジェがフランスメディアに登場しなかった月はないほどで、二人がいかにフランスで存在感のあるカップルだったかは推して知るべし。
 激動のファッション界の第一人者として生き抜いた二人の栄光と葛藤を描いたこの作品はとても興味深く感動的でもあります。

 アルジェリア戦争真っ只中、21歳のサンローラン(ピエール・エネ)は急逝したクリスチャン・ディオールの後継デザイナーに指名されます。周囲の嫉妬やいぶかいの目をよそに、サンローランの初コレクションは大成功。画家ベルナール・ビュッフェの愛人だったピエール・ベルジェはサンローランの才能に感服し、その内気で繊細な姿に惚れ込みます。ビュッフェと別れたベルジェはサンローランと暮らし始め、服作り以外は子供のように世間知らずのサンローランを公私ともに支えます。
 両親がアルジェリアに残っているのに兵役で招集されたサンローランは精神を病んで病院へ。ディオール社は彼をクビにします。
 憤慨したベルジェとサンローランは独自のメゾンを立ち上げることを決意、モデルのヴィクトワール(シャルロット・ル=ボン)の協力もあって、1961年、二人はイヴ・サン=ローラン社を創立。オート・クチュールから大量生産のプレタポルテが主流になって行く過渡期に、サンローランはまさに身を削ってエレガントで斬新なモードを作り出して行きます。

 実務的には無能に近いサンローランに代わって、経営や営業などのビジネス面やメディア対応は全てベルジェが引き受け、デリケートなサンローランが服作りに専念できるよう必死で彼を守ります。しかし、自分の才能だけを頼りに次々に新しいデザインを発表しなければいけないサンローランはプレッシャーとストレスに押しつぶされ、次第に酒に飲まれ、薬に手を出し、刹那的な快楽に身を任せるように。
 そんなサンローランに手を焼くベルジェは、カール・ラガーフィールドの愛人ジャックとの愛欲に溺れるサンローランから、ジャックの美点と彼を愛しているんだと聞かされます。「でも、生涯の男は君一人だよ」の一言に、やはりサンローランを守り抜く決意を新たにしたベルジェ。ジャックにサンローランと手を切るように諭します。
 ベルジェは、ジャックに去られて荒れるサンローランをまるで父親のように受け止めるのでした。

 画面を彩るサンローランのコレクションの数々は、ピエール・ベルジェ=イヴ・サンローラン協会が貸し出した本物の衣装を使用。ピエール・ベルジェの全面的な協力で制作された作品だけあって、あくまでもベルジュの視線で描かれてはいますが、50年間に渡るベルジェの父性愛にも通ずるサンローランへの愛情には感動を覚えずにいられません。
 コメディ・フランセーズから参加した主演のピエール・エネの演技を観た時、あまりに若き日のサンローランに似ていたために思わず涙したというベルジェ。
いかにサンローランが類いまれな才能に恵まれていたにしても、ベルジェの深く大きな愛情とビジネスの才覚あってこその成功だったことは疑う余地がないでしょう。
 
 フランスでは今週、イケメン俳優ギャスパー・ウリエルがサンローランに、ジェレミー・レニエがピエール・ベルジュに扮した「サンローラン」が封切られ、前評判も上々なので、こちらも是非日本公開を期待したいですね。

 ちなみに画家のビュッフェは、ベルジェと別れた後、歌手で作家の奔放な女性アナベルに一目惚れ。結婚後は彼女の絵を描きまくっています。
 
イヴ・サンローラン公式サイト:http://ysl-movie.jp
[PR]
by cheznono | 2014-09-25 23:43 | 映画