ナント近郊:クリソンの城

 
b0041912_7313322.jpg

 水銀による毒説死がささやかれるアニエス・ソレルの突然死の後、わずか3ヶ月後にシャルル7世はその従姉妹アントワネット・ド・メーニュレを愛人に迎えます。当代きっての美女アニエスに少し面影の似たやはりかなりの美人だったアントワネットは、王の寵愛を受けたくて共に育った従姉妹アニエスの毒殺を画策したのでは?とまで疑われている人物ですが、アニエスほど知的な女性ではなかったとか。とはいえ、シャルル7世一筋で薄命だったアニエスと比べると波乱万丈の人生です。
 シャルル7世が他界すると、その息子ルイ11世から宮廷を追われたアントワネットはアンヌ・ド・ブルターニュの父であるブルターニュ大公フランソワ2世の寵姫に。ブルターニュ公を見張るスパイとして、ルイ11世が送り込んだという説が有力ですが、フランソワ2世は彼女に夢中になります。
 ちなみに、シャルル7世はアントワネットを寵愛しながらも忠臣と結婚させていて、彼女はシャルル7世とも夫とも子供を設けています。
 アントワネットとフランソワ2世との間に生まれた長男(アンヌ・ド・ブルターニュの腹違いの弟)に与えられたのが、この クリソン城。
 この城は、当時ブルターニュ大公の城を守るべく要塞の役目を果たしていたため難攻不落に設計され、その甲斐あって、誰からも攻撃されなかったのに、廃墟となってしまったのは、フランス革命の後、共和国軍に火を放たれたから。
 お城は痛々しい姿となってしまいましたが、人口7000人のこの村に毎年5万人の観光客が訪れるというからたいしたものです。
b0041912_7501312.jpg
アントワネット・ド・メーニュレの肖像
[PR]
by cheznono | 2016-05-31 07:46 | フランスの城と歴史