ジャコバン修道院

b0041912_2234321.jpg
 日本では鎌倉時代だった13世紀、南フランスの文化と経済の中心地だったトゥールーズには、カタリ派の住民もたくさんいました。が、カルカッソンヌの悲劇の頃、ローマ法王の命を受けたアルビジョワ十字軍はトゥールーズやアルビの街を焼き払い、多くの市民を虐殺してしまいます。そして、トゥールーズにドミニコ会最初の修道院を建て、カトリックの教義とは違う異端とされたカタリ派を一掃する役目を担う拠点としたのでした。
 結局、アルビジョワ十字軍はカタリ派に対して極悪非道を尽くした挙句、信者達を火あぶりにして壊滅させてしまいます。お陰で独自の文化を誇って繁栄していた南フランスは北フランスに屈し、この宗教対立はその後もこの地方に深いトラウマを残したようです。
 ゴシック様式のジャコバン修道院は礼拝堂の天井が星型になっていて、見上げると椰子の木のように見えるのが有名で、去年はエリザベス女王も観賞しました。修道院の中庭側に入ると旧市街の喧騒がウソのように静寂とした美しい回廊が続き、すくっと立っている糸杉の向こうに見える鐘楼の姿も印象的。中世にはこの修道院のドミニコ修道会がカタリ派撲滅の根拠地となって指揮をふるっていたなんて想像もできません。今は回廊の奥が美術館となっています。
[PR]
by cheznono | 2005-05-31 23:40 | 不思議の国フランス