NOEL:ノエル

b0041912_14453842.jpg 今年最後の映画はスーザン・サランドン主演のNOELでした。出版社勤務のローズは認知症で入院している母親の面倒を見ていて、今年も一人のクリスマスを迎えています。独占欲が強い警官をフィアンセに持つニーナ(ペネローペ・クルース)は彼の嫉妬深さに耐えかねて部屋を飛び出し、偶然出会ったローズに悩みを打ち明けます。一方、恋人の警官はカフェで働く妙なお年寄りに付きまとわれて、苛立ちを覚えますが、その男性の過去を知って。。
 ニューヨークを舞台にバツイチで母親の世話に明け暮れるあまりつい自分をなおざりにしてしまう真面目で不器用なローズを中心に、クリスマスを一人で過ごす人々の人間模様を軽いタッチで描いたこの作品、今ひとつ各エピソードが食い足りない感じでしたが、マンハッタンの聖夜の雰囲気を楽しむことができました。
 南仏の鷲ノ巣村の一つで働いている友達が一大決心をして、来年はマンハッタンで就職するのですが、NYは人種の坩堝で様々な宗教の人達がいるため、クリスマスを伝統的なスタイルで祝う人が比較的少なく、むしろ11月末の感謝祭を派手にお祝いすると言われたとか。カトリック離れが進んでいるフランスとは対照的に、ブッシュ政権以来ますますキリスト教色が濃くなっているアメリカで、還俗した元神父に信心を持っているかどうか聞かれたローズが、「とても揺れているわ」と答えるシーンが印象的でした。フランスでは年配の知り合いやイスラム教徒らを除いて、殆どの友人が「無信心だよ」ってさらっと言ってのけるから、NYのキャリアウーマンが信仰に揺れるというセリフはアメリカらしいと思います。
 とはいえ、教会なんて、宗教なんてと言い切るフランス人達も皆ノエルにはツリーを飾って家族で華々しく祝うし、予定のなさそうな人には声をかけて家に招待をしたりとやっぱり聖夜への思い入れは日本のお正月を遥かに超えている感じだから、無信心者達もどこか魂の片隅にはキリスト教が息づいているに違いないのでしょう。
[PR]
by cheznono | 2005-12-30 15:52 | 映画