フランスのトイレ事情2

b0041912_13392749.jpg
 旅をしていて困るのがトイレという声をよく聞きます。デパートや大きなショッピングセンターでさえ、トイレは上階の方の1ヶ所しかなかったりするので、私も滞在先の町で駆け込み易いトイレはどことどこと必ず把握するようにしています。平日は大学など学校やデパート、公的な建物などが開いていますが、お店や会社が閉まる日曜祝日はトイレのために美術館に入ったり、アパルトマンに帰ったこともあるくらい。どうして西洋人はトイレの数を節約するのでしょう?カフェを保護するためか、おまるを使っていた時代が長いためか、なんて疑いたくなります。
 パリや観光地ではよく簡易式の自動トイレのボックスを見かけますが、コインを切らせていると仕えないし、故障中のこともしばしば。中に非常ボタンがついてはいても、特に一人の時は万が一閉じ込められたらどうしようと心配でそうそう気軽には利用できません。
 いざ困ったとき、小さい町の場合はカフェに入るのが一番ですが、大きい町ならばマクドナルドやクイックなどのファーストフード店が便利です。実際、トイレを利用するためだけにスッとマクドナルドの階段を上って行く人を時々見かけます。いつもスッと入れたのに、ある時ガードマンに「どちらへ?」と聞かれて答えに窮した友達もいるし、全く何も買わないでトイレだけというのはちょっとまずいので、私はコーヒーだけを注文してたまに使わせて貰っています。お店側も客の無食無飲トイレ使用を防ぐため、レシートにその日のトイレコードをプリントして、そのコードをトイレの入口で入力するシステムを採用している所が多くなっています。
 でもそこはたくましいフランス人、マクドナルドに駆け込んで来て座っている客に「レシートありません?」と見知らぬ他人からレシートだけせしめたり、「トイレのコードは何番でしょう?」て聞いたり、トイレの入口に立って、ドアが内側から開いて中から人が出て来るのを待つ人も。旧式のお店だとレジに頼んでトークンを貰ってドアを開ける所もあるから、この待ち受け方法はそういう場合にも有効です。
 写真はホテル・ネグレスコの女性トイレ。中に入るとおおっという感じがします。
[PR]
by cheznono | 2006-02-24 14:24 | 不思議の国フランス