カンヌの終幕

b0041912_2551669.jpg
 通いつめて結局7本観たカンヌ映画祭も昨日で幕を閉じ、ケン・ローチ監督の作品がパルム・ドールを飾りました。下馬評ではペドロ・アルモドバルの「ヴォルヴァー」かソフィア・コッポラ監督の「マリー・アントワネット」では?と言われていたけれど、ケン・ローチの作品は満場一致だったようですね。がっくり方を落としたアルモドバル監督をペネローペ・クルースが慰める様子が話題になっていました。
 先週、友達に会いにエクサン・プロヴァンスに行き、結構盛りだくさんの予定をこなした上、ニースよりもずっと暑い日差しのせいでヘロヘロになり、もう週末はばたんきゅうだと思って戻って来ました。帰りのバスの中で、至急電話するようにという友達のメッセージを聞いても、もう明日でいいかと思っていたら、なんとカンヌ出品作の最終上映の招待状トを貰ったから、何が何でも早起きして一緒に行こうとのこと。しかも、審査委員に近い列に座れそうとか。ええっ!ついにあの赤じゅうたんを上れるのね?と飛び上がった私は、着て行く服もないのに翌日の朝、ぼーっとした頭でカンヌに向かいました。これまで観れた作品はパルムドールのノミネートからははずれた作品だったので、招待状は必要でもメイン会場の隣の会場で階段のじゅうたんもブルーだったのです。
 私も疲れて睡眠不足だったけど、友達は風邪を引いたため、朝の7時に医者に連絡して往診を依頼。6つも薬の箱を入れたビニール袋を下げて現れました。さすがにそこまでして?とは思ったけど、やっぱりカンヌは特別。審査員のモニカ・ベルッチやパトリス・ルコントに会えるかも?と浮き浮きしながら赤じゅうたんを踏みしめて会場に入りました。
 席について辺りを見渡すと、やっぱり今までとは雰囲気が違います。正装でとあっても昼間だから、招待客はそれ程おしゃれはしてないけれど、身だしなみも今までの会場よりはきちんとしてるし、何だか顔つきも違うような。。落ち着いたムードの中で、私一人が目をきょろきょろさせ、いったいモニカ・ベルッチはどこに?と審査委員席から目を離せません。かなりミーハーな私に友達も恥ずかしかったでしょうに、一緒に有名人を探してくれました。
 さて、上映のノミネート作品がアルジェンチンの独裁時代の拷問を扱った重いテーマだったせいか、残念ながら最終上映日というのに華やかな審査員は出席していなかったようです。でも、今年の審査委員長のウオン・カーウィ監督を見かけることができました。細くて背が高く、すらっとした素敵な紳士だったので、大満足。これではまるで有名人を見に行ったかのようですが、映画も充分楽しむことができました。でも、4回に渡るカンヌ行きで鑑賞した7本は全て悲しい題材で、一つも明るいハッピーな作品がなかったのが残念です。 
[PR]
by cheznono | 2006-05-30 03:34 | 映画