恋は足手まとい

b0041912_1132676.jpg アビニョンの演劇祭でも繰り返し上演されることの多いジョルジュ・フェドーの作品の一つ「恋は足手まとい」、フランス映画祭ではチケットが売り切れでしたが、渋谷のNシアターで観ることができました。先週末の帰国後、初めての映画鑑賞です。
 19世紀末ベルエポックのパリで、エマニュエル・ベアール扮する人気歌手リュセットは貧乏貴族の浮気なエドワールに夢中、彼が来ると全てをほったらかして、恋にうつつを抜かしてしまいます。実はお金のないエドワールは、持参金目当てに親しい男爵夫人の娘と婚約を決めていて、久々にリュセットを訪ねたのは別れを告げるためでした。でも、リュセットのお色気に負けて、ちっとも別離を切り出せず、おまけに歌姫リュセットの元には次々におかしな客が訪れます。 結局、別れ話ができないまま婚約式に出向いたエドワールは、男爵家にお祝いのための歌手として呼ばれたリュセットとかち合うはめに。ダメな恋人の裏切りを知ったリュセットは、果たしてどう切り抜けるのでしょう?
 社交界を舞台に、独特のエスプリと皮肉を利かせたジュルジュ・フェドーのこれは舞台劇成功の第一作目。遊び歩くプレイボーイや貴族の娘が15歳以上年上の親の決めた相手と婚約する姿など、当時の風習を面白おかしく、でもシニカルに描いた楽しい作品です。舞台劇だから、映画にするとやっぱり大げさな振る舞いや物言いなど、少し違和感がありますが、それでも第一次大戦がまだ遠い、古き良き時代のパリの上流社会の浮ついたドタバタを上手に料理していて、思った以上に楽しめました。
 自身も見栄えの良い金持ちの女好きで、夜遊びが大好きだったというフェドー。舞台の成功で当時から名声を手にしていたようですが、プレイボーイでありながら、上流社会の夫婦関係のこっけいさをうまく切り取り、風刺をこめて芝居に仕立てた腕前は見事なものです。金持ち連中のこんな生活を庶民はいったいどんな目で見ていたのでしょう?芸術が花開き、貴族やブルジョワジーの浮かれた良き時代ベルエポックも、裏を返せば貧富の差が著しく表れた社会で、多くの庶民にとっては苦しい生活を余儀なくされた時代であったことが、逆説的に頭に浮かんでくるようなそんな映画でもありました。
[PR]
by cheznono | 2006-07-30 01:54 | 映画