奥さまは名探偵

b0041912_030399.jpg アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵、フランスで200万人動員の大ヒットという触れ込みですが、去年の秋に公開されたニースでは、残念ながらそれ程受けていませんでした。クリスティーが40年余り前に発表した作品「親指のうずき」を、舞台を原題のフランス・サヴォア地方に移して描かれたコメディタッチのミステリー映画、謎解きとしてのドキドキはらはらは感じなかったけれど、カトリーヌ・フロとアンドレ・デュソリエというお馴染みの名優が演じるブルジョワ夫婦は、羨ましいような生活ぶりの息の合ったカップルで、観ていて気持ちがよかったです。
 田舎でお気楽な生活を送るプリュダンスは、スノッブで意地悪な夫の叔母を老人ホームに見舞った際、同じホームに住む奇妙な老婦人ローズから声をかけられます。変なおばあさんだけど苦手な叔母よりは面白い相手という印象だったローズ。でも、叔母が亡くなったためホームを再訪した時には、あのよろよろしたようなローズは失踪していました。しかも、叔母の遺品から出て来た一枚の風景画は、ローズの持ち物の筈。プリュダンスは、どこかで見覚えがあるその風景画が気になったため、電車に乗って絵に描かれた風景とシャトーを捜し始め、ついにモデルとなった風景を突き止めます。
 田園風景の中の美しいシャトー、それだけで何か始まりそうですが、プリュダンスはシャトーのある小さな村を訪ね、そこに隠された秘密に触れて行くのですが。。
 これが、クリスティーの書いた60年代のイギリスのカントリーサイドでならおどろおどろしい過去が浮かび上がるのでしょうが、現代フランスの田舎町の場合、暴かれた過去もどこか明るい感じがするのは私だけでしょうか?この映画は、プリュダンスがどうして少し頭がおかしいようなローズの話に興味をそそられ、風景画を異様な情熱で追い始めるのか、その動機がとても弱いし、全く生活感のないヒロインと夫の暮らしぶりも現実離れしているのに、それでも不思議な魅力がありました。主人公カップル以外の登場人物たちが、誰しもフランスなら本当にその辺で出会いそうな個性的なキャラクターで、楽しませてくれます。ミステリーとしてはともかく、優雅なコメディとして観るには良い気晴らしになる作品ではないでしょうか。 
[PR]
by cheznono | 2006-09-25 01:12 | 映画