上海の伯爵夫人

b0041912_23553959.jpg 土曜日はやっと上野にベルギー王立美術館展に出かけ、フランドル派の絵画やルネ・マグリットのシュールな作品を鑑賞し、日曜は「上海の伯爵夫人」を観て、近代史に思いを馳せて来ました。イスマイル・マーチャントとジェームズ・アイボリーチームの最後の作品は、ラブストーリーというよりも日本軍の上海侵攻直前のフランス租界で何とか生き延びようとする外国人の姿を描いた見ごたえのある2時間16分でした。でも、列強諸国に翻弄される上海の中国人たちは、みごとに背景にしかなっていない点がちょっと引っかかる作品でもありました。
 ロシアから上海に亡命した伯爵夫人ソフィアは、愛する娘と婚家である公爵家の義父母と義妹をも養うために、夜な夜な濃い化粧をしてはクラブに出てホステスとして働きます。一方、外交官時代は切れ者だったアメリカ人ジャクソンはテロで娘を亡くし、自身も視力を奪われ、今は上海に理想的なクラブを開くことだけを夢見る毎日。そんな彼に素性の知れない日本人のマツダが接近します。
 大金を作り、偶然知り合ったソフィアを店のホステスとして厚遇で雇い入れたジャクソンは、理想のバー《白い伯爵夫人》を開きますが、何か物足りないことに気づきます。彼の虚しい心の隙間をつくかのように店についてアドヴァイスをするマツダ。一方、ベッドも足りないような貧乏暮らしに甘んじているソフィアの家族は、彼女の稼ぐ日銭で食べていることに感謝するどころか、ロシア貴族である一族の嫁がホステスに身を落としたことを蔑むばかり。そして、昔のつてを頼りに出かけたフランス領事館で知人と再開した老公爵夫妻は、ロシア貴族の多い香港に脱出するヴィザを手配して貰うのですが、なぜか嫁ソフィアの分だけは手に入らず。。家族に裏切られたソフィアとマツダにはめられたジャクソンがさまよう上海に日本軍が爆撃を仕掛け、港が火に包まれていきます。 
 ヴィスコンティにも通じるような貴族の終焉、祖国のために働き、それゆえにテロに巻き込まれたアメリカ人外交官、同じく祖国のために画策をしては侵略戦争への布石を敷いて行く謎の日本人。第2次大戦目前の混沌とした上海で、自分の気持ちを抑え、運命に抗うこともせずに時代状況の変化を受け止める異邦人たちの心情には、「日の名残り」の主人公にも共通するカズオ・イシグロの一貫した美学を感じ、心に静かな余韻の残る作品でした。
[PR]
by cheznono | 2006-11-28 01:16 | 映画