王の男

b0041912_22211421.jpg 文句なく面白かったです、「王の男」。韓国の彩り豊かな風俗と主人公たちの達者な芸、そして深い愛情に触れることができて、たっぷり見ごたえのある時代劇でした。
 16世紀の初め、日本では戦国時代の真っ只中、残酷で為政を省みないと悪名高い若き暴君燕山君に召抱えられることになった旅芸人のチャンセンと女形のコンギル。燕山君は幼い頃母を毒殺され、父王にはコンプレックスを感じながら育ったという過去のためか、かなり偏った性格で、若くして王座に付いてもキーセンを相手に遊びたわむれていたので、重臣たちは手を焼いていました。大道芸で王を侮辱した罪に問われたチャンセンとコンギルでしたが、九死に一生の危機を何とか逃れ、王に気に入られて宮廷に住むことになったのもつかの間、身分の卑しい芸人たちまで身近に置いて、飲めや踊れやの騒ぎを繰り広げる王への反発から、家来らの芸人たちへの風当たりは強く、居心地の悪い宮廷生活を送る羽目となります。
 加えて、コンギルの切れ長の目に魅了された王は、彼を寝室に呼ぶこととなり、元キーセンで王の側室のノクスの激しい嫉妬を買ってしまいます。コンギルと友情を超えた絆で結ばれているチャンセンも夜毎コンギルが召されてゆくことで深く苦しみます。
 そんな中、宮廷での宴会でチャンセンが王の母親が毒殺された経緯を暗示するような劇を披露したため、母の死の真相を知った王は狂ったように亡き父王の寵妃らを切りつけて。。
 身分は最下層でも、芸人としての人生に誇りと生きがいを見出していたチャンセンとコンギルが、王に気に入られて宮廷に入ったがために、貧しい旅芸人時代よりも更に過酷な運命をたどるはめになるのに、チャンセンの抜きん出た芸才と知能とセンスとで何とか切り抜けたり、不運を重ねても反骨の精神を失わない姿勢に圧倒されます。そして、何よりも胸を打たれたのが、ベテラン芸人チャンセンの若いコンギルへの深い愛情です。コンギルもその容姿ゆえに王の奥小姓にされる運命を受け入れながらも、チャンセンへの思慕は変わらず、お互いに命をかけて相手を守ろうとする姿が感動的で、その余韻が翌日まで胸に残る作品でした。
[PR]
by cheznono | 2006-12-27 23:16 | 映画