マリー・アントワネットとフランス

b0041912_21473099.jpg 暖冬で暖かいロンドンにやって来ました。心配していたBAのストが回避されたので、ニース便が飛ばないかも?という不安からは開放されてほっとしています。とりあえず、今日はマリー・アントワネットとフランスについて。
 昨年のカンヌで候補となったソフィア・コッポラ監督の「マリー・アントワネット」、一口で言えばロスト・イン・ベルサイユというような映画でした。蝶よ花よと育てられた中学生くらいのお姫様が
政略結婚のため、オーストリアの宮殿を離れ、愛犬や侍女とも引き離されて、たった一人フランス王室へ嫁いで行くなんて、まあなんと心細いことでしょう。嫁ぎ先のベルサイユでは、あまりのカルチャーショックに戸惑うばかり。頼みの夫は自分と同じく未熟な王子で、妻となったマリー・アントワネットに女性としての関心は全く抱いてくれない。なのに、オーストリアの母マリア・テレジアからは、「世継ぎを産むのがあなたの役目。王子が生まれなければ、あなたの立場は極めて不安定なままですよ。」とやいのの催促。でも、どうしたらいいの?
 贅沢絢爛なベルサイユで孤立する少女の様子が、ファッション誌のグラビアのような美しい映像とともに綴られます。そして、突然はさまるロック・ミュージック。現代っ子とあまり変わらないようなマリーが、よそ者の異端児扱いされるフランスの宮殿で、おしゃれとグルメと舞踏会に身をやつしながらだんだんと自分の世界を築いてゆき、一方で夫ルイ16世が英国への対抗心からアメリカ独立を支持したため、国庫は急速に逼迫してゆく。やがて。。
 ポップな映像の中でコッポラ監督が描きたかったのは、ひたすら外国人嫁マリーの異文化ショックだったみたいで、この甘やかされた王妃がいったいどのように国民の反乱と革命を受け止め、心情を変化させてゆくのか、と言った過程が全く省かれていたは残念でした。何かと言うと「我ら共和国の人間は」などと口を揃えるフランス人も、実は革命で王と妃の首をはねてしまったことを後悔している向きが強く、イギリス王室やモナコ公国のプリンス、プリンセスの動向は常に注目の的。今でも好きな言葉のアンケートの上位には必ず「王」や「女王」という言葉が来るし、未だ隠れ王党派も存在しています。でも、民衆が食べ物にも困るほど貧窮していた時代に、ベルサイユでは王侯貴族がこんな生活を送っていたということを映像で見せられたら、やっぱり「共和国万歳!」を叫びたくなるでしょうね。とはいえこの映画、カンヌ映画祭のすぐ後に公開されたこともあって、ニースでは結構ロングランでした。外国人ヴァカンス客が多い季節だったからかも知れません。
[PR]
by cheznono | 2007-01-30 21:51 | 映画