スリ天国

b0041912_0412214.jpg フランスは今週末から公式に夏のヴァカンスに入るため、恒例のコートダジュール方面へ車の大移動が始まるでしょう。春の復活祭から旅行客が増えてざわつくニースですが、特にこれからはレストランもホテルも稼ぎ時。浜辺や町の中心地はフランス語より英語やイタリア語の方が耳につくくらい、観光客があふれる季節の幕開けです。
 同時に、旅行者を狙うプロやアマも集まって来るから、夏に南仏旅行を計画されている方は用心してください。ヴァカンス・シーズンのコートダジュールは、海風と強い日差しの開放的な空気の中でナンパはし放題、スリも売春も盛んになります。警察の取り締まり強化とは言われても、被害が減る程の効果は出ていないようです。
 全国的なお祭りである夏至の日の音楽祭:フェト・ド・ラ・ミュジークを初め、夏の南仏は屋外でのイベントが多く、その度に会場になった地域はスリ天国と化します。犯人は一匹狼のスリはもちろん、10代の少年少女がいたずら半分(でも腕はプロ級)にバッグを狙ったり、東欧辺りから集団で送り込まれたスリ・グループだったりとさまざま。
 パリではメトロの中が危ないように、ニースもバスの中でよくバッグを開けられます。そして、特に狙われるのが、国鉄のニース駅付近から、マセナ広場に向かう目抜き通りのようです。
 去年の夏、友人が泊まっていた「地球の歩き方」にも紹介されているホテルに寄った時にオーナーから聞いた話によると、日本人の女性客が駅からホテルまで歩いて来たところ、チェックインの際に財布もパスポートも無くなっていることに気がつき、パニックになったとか。オーナーが日本に電話をして、ホテル代は日本にいる女性客のお母さんのクレジットカード番号で決済し、当面のお金を貸してあげたので、女性は何とかその場を凌いだそうです。駅からホテルまで、徒歩10分間の出来事でした。
 さて、いつも背中に小型デイパックを背負っている私も、バスの中や繁華街でしょっちゅう背中のバッグを大きく開けられます。これはニースに限らず、パリ、リヨン、アビニョン辺りでは本当に笑ってしまうくらいバッグのファスナーが開いてるのですが、貴重品は入れてないし、入ってたにしてもバッグの底に沈んでいるため、幸い中身が無くなったことは一度もありません。私のデイパックのふたは自分でも結構開けにくいのに、全くよくやってくれるよと思います。でも、めったに気がつかないほど開け方がうまいから、知らずにバッグのふたを大きく開けたまま人ごみを歩いていることもしばしば。なんて恥ずかしい。
 その点、東京は繁華街でも満員電車の中でも、背中のバッグのファスナーが開けられたことは皆無だから、安心してお財布を入れて歩けますね。いつまでもこういう状態が続いてくれることを祈るばかりです。
[PR]
by cheznono | 2007-06-29 02:04 | 不思議の国フランス