イタリア的恋愛マニュアル

b0041912_2264753.jpg 「踊れトスカーナ」でイタリアン・恋愛コメディの面白さをたっぷり味合わせてくれたジョヴァンニ・ヴェロネージによるオムニバス作品、「イタリア的恋愛マニュアル」。歌って、食べて、恋をして、が人生の全てと云われているイタリア人が、意外に恋愛や結婚には結構不器用で保守的、という面を楽しく見せてくれました。
 映画は、イタリアでベストセラーになった架空の恋愛マニュアルの抜粋をちりばめながら、4つのストーリーが無理なく綴られて行く構成で、それぞれ若いカップルの出会い、中年カップルの倦怠期から来る危機、浮気から来る危機、そして別離と再生のエピソードをユーモアたっぷりに描いています。観る側は面白おかしく笑いながら、でも案外身につまされたりするのではないでしょうか?
 4つのうちで一番面白かったのは、やっぱり最後のエピソード。仕事に夢中で妻の不倫にも気づかずに駆け落ちされてから、妻のいなくなった家で喪失感に打ちのめされる小児科医が、立ち直ってゆく様子は、とてもイタリア的。心から応援したくなるようなラストでした。
 初回のエピソードの若いヒロインが、「ただほめるだけのお調子者じゃうんざりだわ。」なんていうのはニースでうろついているナンパ大好きのイタリア男達に聞かせたいし、彼女に一目ぼれした青年が、「淋しい女は、安易に過去を振り返るけど、どうして前進しようとしないんだ?」と、元カレと会っていた彼女に過去を忘れて新しい出会いに踏み出すようくどくセリフなどはドキッとさせられます。
 フランスでもお調子者で浮気というイメージが先行するイタリア人ですが、実際は保守的で結構真面目な国民性ではと日ごろから感じていましたが、「輝ける青春」やこの作品を観て、ますますその印象を深めました。この作品も登場人物が皆んな言いたいことを言ったり、はめをはずし過ぎて修羅場になっても、どこかお茶目で憎めないし、最後は分別のある選択をする点も好感が持てます。自分に正直で、茶目っ気たっぷりのイタリア人の魅力が満喫できる2時間でした。 
[PR]
by cheznono | 2007-07-28 23:09 | 映画