高騰するホテル代

b0041912_1315688.jpg 久しぶりにパリに寄ろうと思って、10月に泊まる宿を探し始めましたが、おととしよりぐっと値上がっていてがっくり。ただでさえ、ユーロが不当に高いのにダブルパンチです。しかも、この秋はラグビーのW杯がフランスで開催されるため、特に週末は予約がいっぱいで、安い部屋を確保するのが難しくなっていますね。
 この夏のフランスはコート・ダジュールを除いて気温が低く、パリも雨模様が続いたらしいのに、全体に観光客は増え、日本人旅行者も去年より3%増加で、フランス観光局は喜んでいます。でも、2006度秋冬期のフランスのホテル代は、前年より27%上昇。この傾向は2007度も続いていて、更に値上がっているとか。それでも、フランスのホテル代の平均119ユーロ(約19000円)はEU加盟国の平均ホテル代よりまだわずかに安めです。 
 フランスの大都市の中で、最もホテル代が上ったのが、美食の町と云われるリヨン。昨年一年間でなんと38%も急上昇しています。次にバラ色の町トゥル-ズが22%、マルセイユが20%上昇。とはいえ、やっぱり一番ホテル代が高いのはパリで、次がカンヌ、3位がニースで、穴場はボルドーでした。ボルドー泊だとパリの平均ホテル代の半分以下で済むそうですが、ここの旧市街も今年世界遺産に指定されたから、今後は値上がりが避けられないでしょう。
 だから、ツアーの方がなんてたって割安という声が聞こえそうですが、それでも、丁寧に探せばパリで1泊50ユーロ余り、ニースなら駅近くで30ユーロ、中心地で45ユーロから見つかります。もっとも、私がヴェニスで最後に一泊した駅前のホテルは、ロマンティックな素敵な部屋でしたが、カーニバルの直後で59ユーロ、でもシーズン中は同じ部屋が280ユーロになるというから、びっくりでした。ニースもシーズンオフなら、値段交渉の余地がかなりあるので、試してみてください。
 写真は、世界遺産に登録されているリヨン旧市街。
フランスのリーズナブルな家具付き短期滞在用アパルトマンを探すなら、http://www.homelidays.com/
[PR]
by cheznono | 2007-08-29 13:51 | 不思議の国フランス