パリ空港待ちぼうけ

b0041912_20564629.jpg ドゴール空港に着いて、10分余りで来る筈の送迎バンを待ち始めてから既に1時間。隣のターミナルまで来ている筈の送迎バンは、いまだ陰も形もなく、地図なし文無しの私は、どっぷり日の暮れた空港出口で大荷物を前にため息ばかり。こんなことなら、サクッとニースに入れば良かった。このまま夜中まで待ちぼうけになったらどうしよう。
 冷静に考えれば、お金はシティバンクのカードで下ろせば何とかなるし、パリ市内には空港バスか地下鉄を使って入ればよいのですが、私のいる第2ターミナルの端からメトロの駅は遠く、背中のリュックはズシリと重いし、疲れ切った身体に鞭打って大きなトランクと荷物と共に人気もまばらな空港内を移動する気力が残っていません。
 送迎サービスのお値段は約4500円。既にクレジットカードで支払い済み。バンに乗らなかったら、料金を返金して貰えるでしょうか?
 しびれを切らして、また電話に向かいました。「これでもう3回目の電話ですけど」と話し出すと、例のマダムが「あっ、切らずにお待ちください。」と言うや否や保留にされてしまいました。初めはきっとバンの位置を調べているのだろうと待っていた私ですが、延々保留音を聞かされているうちに、マダムがうるさい客を追っ払うために保留にしたことに気づき、これってもしかして空港出向かえを騙ったサギビジネス?という疑いまで頭をよぎって、不安以上に怒りがこみ上げて来ます。
 睡眠不足と疲れで完全に余裕を失いつつも思い切って4回目の電話をしてみると、今度は若い声のムッシュウが応対。保留にされてなるものかと意気込んだ私はいきなり「どうして一時間以上も私を空港にほおっておくのよ!?」と叫びました。
 実は今回の滞在に際して、フランス流のいい加減さにカリカリしたり、簡単に腹を立てないように気をつけようと決心して来たのに、パリ到着直後にもろくもその目標は崩れてしまったわけで、あーあ、やっぱり変わらぬおフランス流、もううんざり。つづく
*写真は「アメリ」にも登場したカナル・サンマルタン
[PR]
by cheznono | 2007-10-30 20:59 | 不思議の国フランス