ラスト、コーション

b0041912_16403662.jpg 気合を入れて観に行った「ラスト、コーション」、好き嫌いは別として、何とも強い印象を残す作品でした。
 1938年、戦争を避けて香港に疎開した女学生のチアチーは、ハンサムなクアンに誘われて大学の演劇サークルに参加。中国への愛国心をテーマにした芝居の主演を務めます。
 日本軍の侵略に反発するクアンは、大学の演劇仲間を誘って自分達だけで反日活動を開始します。チアチーもクアンの熱意につられて、日本軍の傀儡政権に重用されているイーの暗殺計画に乗り気になり、香港に来ていたイー夫妻に近づきます。運良くイー夫人に気に入られたチアチーですが、ことは思うように進みませんでした。
 3年後、日本占領下の上海に戻っていたチアチーの元に、本格的な反日組織のメンバーとなっていたクアンが現れ、もう一度、色仕掛けによるイーの暗殺を持ちかけます。失敗すれば死を覚悟しなくてはいけない危険な任務をあっさり承諾したチアチー。彼女は、香港から行商に来ているマイ夫人に扮して、イー夫人の麻雀仲間に加わり、ついにイーの愛人となって、組織にイーの動向を報告します。お陰で、イーの暗殺計画は進んでゆくのですが。。
 日本軍の支配下で、抗日派の同胞を容赦なく拷問するイーは、立場上、誰も信用できず、いつ自分も命をl狙われるか知れない孤独な存在です。一方、若くきれいなチアチーは、たいした動機もなく抗日活動に参加し、工作員としての訓練も全く受けないまま、どこか達観したように自分の任務に入り込んで行きます。
 クアンへ淡い恋心を抱きながらも、意に染まない相手との初体験に動じず、確固としたイデオロギーも恋愛経験もないのに、イーを色仕掛けで狙う工作員を請け負うチアチーの大胆さと諦観、虚無感は、時代背景を考えても異様に映りましたが、それだけに後半の彼女の気持ちの揺れが際立つのかも知れません。チアチー役のタン・ウエイが卓越した表現力で難しい役を演じきっています。タン・ウェイは本当に先が楽しみな大物新人ですね。
 日本側につくことによって、戦争中でも豊かな生活を享受する有閑マダムたちが、イー家で繰り広げる麻雀のシーンが要所要所に出てきますが、それぞれが意味深な視線を交わしながら、腹を探り合う様子が生々しくて、時代の緊張とチアチーの緊張、時々顔を出すイーの緊張が交差する秀逸な演出です。
 そして、チアチーとイーの心理状態と逢引でもたらされる二人の気持ちの変化が、3度の激しいベッドシーンによって描かれ、チアチーがイーのファム・ファタルになって行く過程もほぼベッドシーンだけで表現されるところがすごいと思います。
 アン・リー監督は、前作「ブロークバック・マウンテン」を愛の天国編、この「ラスト、コーション」を愛の地獄編と呼んでいましたが、どちらも愛の天国と地獄の両面を描いて、切なく悲しい結末に続く点は、共通しているのではないでしょうか?
[PR]
by cheznono | 2008-02-22 18:13 | 映画