画家と庭師とカンパーニュ

b0041912_189279.jpg「庭師との対話」というベストセラー本を「ピエロの赤い鼻」のジャン・ベッケル監督が映画化した「画家と庭師とカンパーニュ」。フランスの田舎暮らしの美しい映像とともに、二人の男性の深い友情、そして庭師の生き様に目頭が熱くなる佳作です。
 絵描きとして成功した画家(ダニエル・オートイユ)ですが、度重なる浮気が元で妻に別れを告げられ、パリの生活にも疲れて、生まれ育った田舎の家に戻って静かな暮らしを送ることを決意します。長年ほおったかされた荒れ放題の庭の手入れに雇われた庭師は、画家の幼なじみ(ジャン・ピエール・ダルッサン)でした。
 画家は、ヌードモデルを前にするとつい口説いてしまうため、娘と同世代の若い愛人にはこと欠かないくせに、妻に離婚を突きつけられると多いに動揺。何とか妻に戻って来てもらおうと必死です。
 庭師は地道に働いて来た元国鉄職員。何より自然を愛し、日々草花を愛でながら妻と二人、つましく暮らしています。人気アーティストとして華やかなパリの生活を送って来た画家とは、経済的にも社会的にも好対照ですが、庭師は二人の違いを全く自然に受け止め、画家に問われるままとつとつと自らの人生観を語ります。
 一般的には教養も経験も上回っている筈の画家ですが、庭師の持つ価値観や哲学的な物の見方に、パリでの楽しく賑やかで、でもどこか表面的な生活とは対照的な素朴な人生の基本のようなものを感じ、一方で絵画芸術とは縁のなかった庭師は、画家から絵の魅力を教わります。
 低所得者住宅に住む庭師は、でも毎年ニースでヴァカンスを過ごしては、愛する妻が泳ぐ姿を眺めて満足するという彼ならではの休暇を毎年の楽しみにしていて、いつも同じヴァカンスというその忠実な繰り返しが、画家には新鮮に映ります。
 庭師の作ったオーガニック菜園で、自給自足の野菜を食べる楽しみを分かち合い、まるで少年時代に戻ったように釣りを楽しむ二人。でも、悲しいかな、二人の心温まる交流も、長くは続きませんでした。
 ちょっと浮ついた教養人が妻の愛情を取り戻そうとおろおろする姿は、ダニエル・オートイユお得意の役柄。そして、朴訥な庭師のジャン・ピエール・ダルッサンが、まるで小津安二郎の映画に出て来そうなひょうひょうとした人物像を、細部まで素晴らしく自然に演じていて、フランスの良心ここにありと言った印象です。庭師が折々に淡々と語る、どこか哲学的なセリフが、いつまでも胸にこだまして、切なく暖かい余韻を残してくれる作品です。
[PR]
by cheznono | 2008-07-31 18:22 | 映画