ブーリン家の姉妹

b0041912_053513.jpg 「ずさんな脚本の大味なメロドラマ」と、朝日新聞では酷評されていましたが、フランスでもヒットしたこの作品、西洋時代劇好きな私にはすごく面白かったです。
 生涯に6人の王妃と結婚したヘンリー8世をめぐる美しい姉妹の、これは単なる嫉妬や略奪愛のメロドラマではなく、男達の権力欲に女性がコマのように利用されるのが当たり前だった時代に、対照的な性格ながら二人がそれぞれの方法で必死に王侯貴族社会を生き抜こうとした記録として、見応え充分な歴史劇ではないでしょうか?ただし、史実とはかなり異なる面があるのも否めません。
 16世紀前半、ブーリン卿と野心家の義兄ノーフォーク公は、狩りに立ち寄ったヘンリー8世をもてなすため、才気煥発な長女アンに王の気を引くよう言い含めます。娘が王の側室となって、待望の世継ぎである王子をもうければ、一族の繁栄は確実です。
 でも、ヘンリーが気に入ったのは新婚の妹メアリーの方でした。美しく気だての優しいメアリーと気の強いアンは、王妃キャサリンの侍女として宮廷に上がり、メアリーは王の子供を宿します。一族は要職をあてがわれ、姉妹の父親と叔父はにんまりでしたが、アンが婚約者のいる青年貴族と不祥事を起こしたため、一家は慌ててアンをフランスに送り出したのでした。
 さて、ヘンリー8世が流産を避けるため安静を強いられているメアリーに飽きて来た頃、フランスからアンが帰国。フランス宮廷仕込みのファッションセンスとエスプリの聞いた会話が新鮮で、アンに魅了された王は熱心に口説きますが、アンは王をじらしにじらします。男子を設けたにもかかわらず冷遇されている妹を見て、ちゃんと王妃にしてくれなければイヤだと拒否するアン。しかし、ヘンリーはローマ法王やスペインを敵に回して、無理やり正妻キャサリン・オブ・アラゴンを離婚するわけには行きません。
 困惑する王の耳元でアンは、ローマ・カトリックを捨てて、ヘンリー独自の国教会を作るべきだとそそのかします。スペイン出身の王妃キャサリンは、その昔、夭逝したヘンリーの兄の妻であったことを口実に、20年にも及ぶ結婚自体を無効とすることで、ヘンリーはキャサリンを離縁、ついにアンと密かに再婚します。
 しかし、念願の王妃の座を手に入れたものの、なかなか王子を出産することができないアンは、焦った挙げ句に足をすくわれ、思いもかけない悲劇へと向かって行くのでした。
 勝ち気で自立心の強いアン(ナタリー・ポートマン)と金髪の美人で穏和な妹メアリー(スカーレット・ヨハンセン)という対照的ながら仲の良い姉妹が、父親と叔父の思惑にのせられて、二人とも一人の王の寵愛を受けたことで運命を翻弄されるいきさつに重点を置くあまり、当代きっての教養人で、絶対王政の基礎を築き、ローマ法王に破門され、イギリス国教会を樹立したヘンリー8世にはエリック・バナを起用しながら、とても影の薄い王様にしてしまっている点は、とても残念です。
 しかし、二人の姉妹はそれぞれが魅力的に描かれていて、特に周囲の決めたことを全て受け入れ、愛するヘンリーが姉に心変わりした辛さや悲しみ、悔しさを一人で乗り越えて、家庭的な幸せをつかみ、かつ意外な行動力と意思の強さも見せるメアリーが素敵でした。
 昔、ケント州にあるブーリン家ゆかりのヒーバー城を訪ねた時、ロンドン塔に幽閉されたアン・ブーリンが、夫ヘンリーに無実を訴える悲痛な手紙を見てショックを受けたことが、今も強く記憶にありますが、アン・ブーリンはヘンリー8世に初めて口答えした女性と言われていて、実際かなり気性が激しく、自立心の強い女性だったようです。
 筆無精で知られるヘンリー8世ですが、アンには17通ものラブレターを出した程夢中だったのに、結婚後はアンの気性ときつい物言いに嫌気がさして、気立ての良いジェーン・シーモアに心を移したとか。獄中のアンからの命乞いの手紙をどのような気持ちで読んだのでしょう?
 ヘンリーがジェーン・シーモアと再婚したのは、アンの処刑からわずか10日後。ヘンリーとアンの一人娘エリザベスが女王となるのは、それから25年後のことです。
[PR]
by cheznono | 2008-10-27 00:33 | 映画