カテゴリ:フランスの城と歴史( 7 )

b0041912_7341363.jpg

  トウールからSNCFのバスで40分余りの美しい城下町ロッシュはアニエス・ソレルやアンヌ・ド・ブルターニュと縁が深く、ロッシュ城にはアニエスのお墓も設けられています。
 ジャンヌ・ダルクがのちのシャルル7世にシノン城での最初の謁見に次いで2度目(1429年)に会ったのもこのロッシュ城。
 11世紀初頭の高さ36mの主塔(ドンジョン)が有名で、牢獄として使われた時代もありました。

 ジャンヌ・ダルクの活躍のお陰でフランス王となったシャルル7世は、40歳の時に初々しく美しいアニエス・ソレルに一目惚れし、アニエスをフランス史上初めての公式寵姫に迎えます。アニエスが生んだ3人の娘も王が正式に認知し、出産のたび、ご褒美に城を与えたとか。
 アニエス・ソレルは色が抜けるように白く、当代一の美女と称えられましたが、田舎貴族の娘に過ぎないアニエスへの周囲の嫉妬や反感も少なからず、アニエスが28歳で急死したのは、大量の水銀を服用したことによる毒殺説が有力です。(当時は虫下や痛み止めとして水銀を飲用する習慣があったようですが、2004年のDNA艦艇によると通常をはるかに超える水銀の摂取が立証されたため)

 16世紀に入り、最初の夫シャルル8世の死後、ルイ12世の妃となったアンヌ・ド・ブルターニュもしばらくロッシュ城に滞在しています。城館内にはアンヌが毎日祈りを捧げたという祈祷室があり、クロ・リュセ城のアンヌの祈祷室よりも素朴な印象を受けました。
b0041912_735482.jpg 
アニエス・ソレルの肖像画、従姉妹のアントワネット・ド・メーニュレと似ているでしょうか?

 
[PR]
by cheznono | 2016-06-03 07:40 | フランスの城と歴史

 
b0041912_7313322.jpg

 水銀による毒説死がささやかれるアニエス・ソレルの突然死の後、わずか3ヶ月後にシャルル7世はその従姉妹アントワネット・ド・メーニュレを愛人に迎えます。当代きっての美女アニエスに少し面影の似たやはりかなりの美人だったアントワネットは、王の寵愛を受けたくて共に育った従姉妹アニエスの毒殺を画策したのでは?とまで疑われている人物ですが、アニエスほど知的な女性ではなかったとか。とはいえ、シャルル7世一筋で薄命だったアニエスと比べると波乱万丈の人生です。
 シャルル7世が他界すると、その息子ルイ11世から宮廷を追われたアントワネットはアンヌ・ド・ブルターニュの父であるブルターニュ大公フランソワ2世の寵姫に。ブルターニュ公を見張るスパイとして、ルイ11世が送り込んだという説が有力ですが、フランソワ2世は彼女に夢中になります。
 ちなみに、シャルル7世はアントワネットを寵愛しながらも忠臣と結婚させていて、彼女はシャルル7世とも夫とも子供を設けています。
 アントワネットとフランソワ2世との間に生まれた長男(アンヌ・ド・ブルターニュの腹違いの弟)に与えられたのが、この クリソン城。
 この城は、当時ブルターニュ大公の城を守るべく要塞の役目を果たしていたため難攻不落に設計され、その甲斐あって、誰からも攻撃されなかったのに、廃墟となってしまったのは、フランス革命の後、共和国軍に火を放たれたから。
 お城は痛々しい姿となってしまいましたが、人口7000人のこの村に毎年5万人の観光客が訪れるというからたいしたものです。
b0041912_7501312.jpg
アントワネット・ド・メーニュレの肖像
[PR]
by cheznono | 2016-05-31 07:46 | フランスの城と歴史

b0041912_7464978.jpg

Château des Ducs de Bretagne
 15世紀にアンヌ・ド・ブルターニュの父親であるブルターニュ大公フランソワ2世によって建てられた城で、フランス軍の攻撃から守るため、外側は質実剛健な要塞の姿をしています。城の中庭側は画像のようにルネッサンス様式とゴシックが融合していて、白い壁がまぶしいくらい。
 城の見学時間外でも中庭や城壁は市民に解放されているこのお城は、ナントの人の憩いの場のようです。
アンヌ・ド・ブルターニュは、ブルターニュ公国とフランスとの平和を身を呈して模索した善き公女、(ブルターニュ式の素朴な)木靴の王妃として慕われ、今でも人気があります。
 1532年にブルターニュがフランスに併合されると、この城はフランス王がブルターニュ地方に滞在する際の宿泊先として利用されました。
 カトリック教徒と新教徒ユグノーとの間で泥沼化した宗教戦争に幕を引くため、アンリ4世がナントの勅令を発布したのもこのお城です。アンリ4世がアンジェで準備した勅令の発布にナントを選んだのは、とてもカトリック色の濃厚な町だったからと考えられるとか。
 城は17世紀に火事に見舞われ、19世紀初めには武器用弾薬が大爆発して大きく破壊されるという憂き目に合いながら、今はナントの辿って来た辛苦と繁栄の歴史を解説する博物館に。中世のアンヌの時代よりも、奴隷貿易で栄えた18世紀以降の歴史が充実しています。
http://www.chateaunantes.fr/
[PR]
by cheznono | 2016-05-24 07:49 | フランスの城と歴史

クロ・リュセ城

b0041912_6294457.jpg

 去年はアンボワーズ城を再訪したものの、雨で寒かったため、クロ・リュセには寄らずにトウールに戻ってしまいました。でも、パリの友達にクロ・リュセにも行かなきゃダメよと言われたので、今年はクロ・リュセへ。噂の通り、ルネッサンスきっての発明家ダ・ヴィンチのデザインした家具や発明した機械がたくさん展示されていました。
 今年はレオナルド・ダ・ヴィンチがフランソワ1世に招かれて、クロ・リュセ城に居を構えてからちょうど500年を記念して、特別展も開催中。ダ・ヴィンチがクロ・リュセに住んだのは晩年の3年間ですが、10年にわたって3人のフランス王(シャルル8世、ルイ12世、フランソワ1世)との交流が伺え、とりわけ、フランソワ1世との絆の強さが伝わって来る展示となっています。ダ・ヴィンチもフランソワ1世も身長190cm以上の大男だったのですね。
 晩年のダ・ヴィンチは当時としては稀なベジタリアンで、男子の平均年齢が30代半ばだった時代に67歳の長寿をまっとうしたのは、食生活に気をつけていたからかも知れません。
 
 個人的にクロ・リュセを訪れて本当に良かったのは、シャルル8世が妃のアンヌ・ド・ブルターニュのために設けたミニ礼拝堂があったことと、フランソワ1世の姉で「エプタメロン」の作者、マルグリット・ド・ナヴァル(マルグリット・ド・ヴァロワ)の部屋があったこと。二人とも、知性と教養に優れ、揺るぎない信仰に支えられていた点で共通しています。シャルル8世もルイ12世も世継ぎが育ちませんでしたが、ルイ12世とアンヌ・ド・ブルターニュの長女クロードはフランソワ1世の最初の妻となり、二人の王子を儲けています。
http://www.vinci-closluce.com/fr
 
 
[PR]
by cheznono | 2016-05-22 07:19 | フランスの城と歴史

b0041912_362511.jpg
 
 フランソワ1世が気に入っていたお城の一つアンボワーズ城は、ルネッサンス期に何人もの王族を迎えてその最盛期を迎えます。
城館向かいのチャペル、聖ユベール礼拝堂にはレオナルド・ダ・ヴィンチがお墓が。ダ・ヴィンチが与えられた住まいは、アンボワーズ城近くのル・クロ・リュセです。
 フランソワ1世の孫の時代に、城内でプロテスタント信者がたくさん殺されてしまった事件があったため、アンボワーズは血塗られた城というイメージが拭えませんが、町は中世の残り香が濃くて、なかなか素敵でした。

 ランジェ城でアンヌ・ド・ブルターニュと半ば強引に結婚したシャルル8世は、このアンボワーズで生まれ、同じ城で亡くなった珍しい王様です。イタリア遠征でイタリア文化に影響を受けたシャルル8世は、この城にイタリアから多くの文化人を呼び寄せたとか。同じくイタリア文化に魅せられたフランソワ1世の先駆者だったと言えるかも知れません。
 けれど、シャルル8世は一番おばかな死に方をしたフランス王として紹介されることが多い不名誉な王様。アンボワーズの地下で当時の人気スポーツ、ジュー・ド・ポーム(テニスの前身と言われる)を楽しんだ際、ひどく気がせったシャルル8世は、うっかり地下の低い門に頭を強打してしまい、死の床に。あえなく、28歳の生涯を終えます。
 ブルターニュ公女アンヌを自分の婚約者の父親マクシミリアン1世と離婚させ、自分はその娘と婚約解消して、アンヌ・ド・ブルターニュと結婚した報いだったのでしょうか?

 夫婦仲は良かったというシャルル8世とアンヌとの間には嫡子が育たなかったため、アンヌは亡き夫の従兄弟ルイ12世と再婚。ルイ12世はシャルル8世の姉で足にハンディキャップのあるジャンヌという王妃がいたのに、結婚20年余りにしてジャンヌの身体的問題で夫婦関係はなかったとローマ教皇に申し立ててなんとか結婚無効を取り付け、晴れてアンヌと結婚するのでした。

行き方:トウールからの路線バスが一番安い。国鉄アンボワーズ駅からは約1㎞。
[PR]
by cheznono | 2015-05-24 03:07 | フランスの城と歴史

b0041912_2019298.jpg
 
 10世紀末から英国プランタジネット家が統治していたランジェですが、1206年にフィリップ2世(尊厳王)がフランス領として取り戻しました。
 現在のランジェ城は1465年にルイ11世によって建設されたもの。中世後期からルネッサンスに至る時代の変わり目を代表する城として、地元でも人気の高い古城の一つです。

 このお城は、1491年にフランス国王シャルル8世とブルターニュ公国の王女で14歳の女相続人アンヌとの婚礼があげられたことで知られます。シャルル8世は宮廷に人質同然に連れてこられ養育されていたブルターニュのマリー・ド・ブルゴーニュと婚約していましたが、それを破棄して強引にアンヌとの婚礼を進めます。豊かなブルターニュ公国は周囲の国から狙われていて、ここを併合するのはフランス王家の大いなる野望の一つでした。
 アンヌも幼いマリー・ド・ブルゴーニュの父親でローマ王のマキシミリアン1世の《結婚》していましたが、まだ相手に会ったこともなかったために結婚は解消され、シャルル8世と結婚することを承諾。ランジェ城での婚礼では、もしもシャルル8世が嫡子がないまま亡くなったら、アンヌは次のフランス王と再婚するべし、という前代未聞の条項にサインがなされます。
 戦争の多い時代とはいえ、まだ21歳だったシャルル8世にはあまり現実感のない条項だったかも知れませんが、7年後、シャルル8世はアンボワーズ城地下の低い門に頭をぶつけて世を去ります。
 シャルル8世とアンヌの子供たちは皆夭逝していたため、アンヌはシャルル8世のいとこにあたるルイ12世と再婚することに。 しかし、このルイ12世にも既に20年間も結婚していた王妃ジャンヌがいたのでした。

行き方:国鉄ランジェ駅から徒歩。トウールからミニバスツアーもあり。
[PR]
by cheznono | 2015-05-19 20:23 | フランスの城と歴史

b0041912_20355757.jpg
 
 16世紀初めに建てられたシュヴェルニー城は今もユロー家の侯爵一家が住む私邸ですが、戦前から一般公開されていて、見学できる部分の保存状態が良いことで知られます。ユロー家は代々、フランス王の財政担当官を務めたため、館に王族を迎える機会も少なくなかったらしく、ヴァロワ朝後期からブルボン王朝の名残がいろいろ残されていて、思ったよりずっと見ごたえのある城でした。
 この白亜の城館は17世紀のルイ13世時代に建築されたもので、大サロンには王と妃でルイ14世の母親アンヌ・ドートリッシュ、王弟ガストン・ドルレアンとその娘モンパンシエ嬢の肖像画が飾られています。回廊にはルイ16世の立派な肖像画があり、奥の間にはマリーアントワネットに気に入られたユベール・ロベールの風景画も。
 ルイ13世の父王アンリ4世が利用した荘厳な寝室も保存状態が良くて、17世紀初めのまま時が止まったようでした。

 庭のオランジェリー(オレンジの木の温室)は、第二次大戦中にドイツ軍の爆撃が激しくなって来た際に、ルーブル美術館などの大事な作品を避難させた場所だとか。絵画の避難については、谷口ジローのコミック「
千年の翼、百年の夢 」でも紹介されています。(オールカラーの豪華版がオススメ)

 シュヴェルニーはタンタンのムーランサール城のモデルにもなったため、庭内にはタンタンの結構凝った展示室も設けられています。
 そして、その奥には100匹を超える猟犬フレンチ・トリコロールの犬舎が。日向ぼっこする大量のワンちゃんは見学者たちに大人気でした。

行き方:シーズン中は水曜と週末にブロワから巡回バスあり。トウールからミニバスツアーも出ています。
[PR]
by cheznono | 2015-05-15 20:37 | フランスの城と歴史