<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Dear フランキー

b0041912_12337.jpg 女性監督ショーナ・オーバックがスコットランドを舞台に、元夫の暴力によって難聴になった幼い息子との半ば逃避行のような生活と母子の絆を描いた「Dear フランキー」。いつもイギリスの労働者や恵まれない生活をしている庶民に目を向けてリアリティのある映画を撮っているケン・ローチ監督の作品を彷彿とさせるような味わいのある映画です。
 アル中で暴力を振るう夫から逃れ、息子と母親との3人であちこちを点々としながらひっそりと暮らしているリジー。8歳の息子フランキーは、父親は船乗りだと思い込まされ、リジーが内緒で書き送る手紙を父との文通だと信じて楽しみにしています。フランキーは賢い子供ですが難聴のため殆ど言葉を発することがないので、リジーにとってはフランキーが父親宛に書く手紙が唯一息子の気持を知る手がかりとなっていました。ところが、リジーが息子に教えた架空の筈の船がスコットランドの港に入港し、父親が乗っていると信じているフランキーは、パパが自分に会いに来るのを半信半疑で待つことに。仕方なくリジーは見ず知らずの流れ者を1日だけのパパ役に雇うのですが。。パパ役のジェラルド・バトラーはさして子供が好きそうでもないのに、たった1日フランキーの相手をしているうちに子供のまっすぐな気持に触れて、父性愛が目覚めたかのように変わってゆく姿が良かったです。子供を守るために一生懸命突っ張って生きてきたリジーの淋しさにも寄り添うような流れはありがちだけど、お互いに感情を抑制するところも好感の持てる展開でした。
 そして、何よりも印象的だったのが、EUの中で一人勝ちとも見えるほど好調な英国経済の中で、スコットランドのグラスゴーに近い港町のさびれた様子や人々のつましい暮らしぶりです。このところイギリスにしてはけばけばしいくらいに華やいだロンドンなどイングランド側の都市とは対照的な暗い映像に、ここにも英国の光と影がくっきりとあるって強く感じさせられました。
[PR]
by cheznono | 2005-07-31 01:48 | 映画

b0041912_2354069.jpg
 7月は演劇祭で街中が大いに盛り上がるアビニョン。2005年の開催は今日27日に幕を閉じますが、この期間はアビニョン中がにわか劇場と化し、世界中から集まる演劇人や観光客でものすごく活気付きます。従ってホテルは値段も高くなる上に予約でいっぱい。何しろ7月中ずっと滞在する各国の芝居関係の人々だけでも大変な人数なので、芝居を観に集まって来た観客達も泊まる所を確保するのが大変です。そしてもちろん、演劇祭の期間に外から来た人たちがこの町に落とすお金はアビニョワ(アビニョン市民)のだいじな収入源となっています。
 7月8月はヴァカンスでぐっと市民の減るパリでもよく行われているアパルトマンの短期貸し。自分達がヴァカンスでいない間、住居を短期滞在者に貸すと結構な収入になるのです。日本の転勤者向けの東急リロケーションのような大げさな賃貸ではなく、ごく気軽に自分のアパルトマンを1~2ヶ月、結構見ず知らずの他人に貸すという便利な習慣には感心さえしてしまいます。特に宿泊先が足りなくなるアビニョンの演劇祭の期間はもう圧倒的に貸し手市場。市内に家を買った知人の若いカップルは、毎年7月初めにタンス丸ごとの大荷物を郊外の両親の家に運び込みます。自分達の家を1ヶ月、演劇人やヴァカンス客に貸して臨時収入を得るため、引越しのように家財道具を実家に移動するわけですが、そのエネルギーには驚かされるばかり。とりあえず必要な物を荷造りするのもめんどくさいと思ってしまう私には、彼らの手際の良さは目を見張るよう。しかもたいていの場合、不動産屋を通さずに借り手と直接交渉の上でのテキトーな短期賃貸契約だから、1~2ヶ月とはいえだいじな我が家をきれいに使ってくれるかどうか、タバコの消し忘れはないだろうか、なんていう細かい不安は尽きないと思うのに、いとも簡単に自宅を貸し渡す姿には不思議ないさぎ良さを感じてしまうのです。
[PR]
by cheznono | 2005-07-28 01:01 | プロヴァンス賛歌

皇帝ペンギン

b0041912_184584.jpg 1月末にフランスで公開されて以来、数ヶ月のロングランを誇ったリュック・ジャケ監督のドキュメンタリー映画「皇帝ペンギン」。マイナス40℃にもなる南極の過酷な気象条件の中で、巣を作らずに仲間との共同生活の中で必死に子育てをするペンギンたちの姿を描いた素晴らしい作品です。
 子供の頃、両親から贈られたいぬいとみこさんの「ながいながいペンギンの話」という絵本に感銘を受けて以来、ペンギンはずっと私の憧れの生き物。いつか四国の方にペットとしてかわいがられているペンギンがいて、お使いなどもこなすというTV番組を見た時も、ペンギンの賢くて主人に忠実な性質に胸を打たれたものです。でも、見渡す限りの雪原を延々と歩き、時には腹ばいになって氷の海に向かい、エサをとって生き延びる南極のペンギンたちを圧倒的な映像で見せるこの映画はまた全然別物でした。ブリザードの中で懸命に卵を抱き、雛を守るパパペンギン。出産の後、エサを探しに海に向かったメスのペンギンを待つ間、何ヶ月も絶食しなくてはいけないなんて、想像を遥かに超えた忍耐力です。温厚で攻撃性のない皇帝ペンギンたちの生態に、生きとし生ける者の本当の強さを教えられたような気さえしました。
 鳥というよりもイルカに近いと云われるペンギンの南極での生態をたった三人だけで撮り続けたジャケ監督には本当に脱帽です。ペンギンたちの心の声を人間が吹き替えるなんてという批判も見かけましたが、若手人気女優のロマーヌ・ボーランジェ初め3人の俳優の声は要所要所のみだし、わざとらしくなくてすっと自然に耳に入って来ました。
公式サイト http://www.gaga.ne.jp/emperor-penguin/
[PR]
by cheznono | 2005-07-24 18:33 | 映画

アルザスの美しい村

b0041912_1232339.jpg
 アルザス・ワイン街道の特にストラスブールからコルマール辺りは次から次へとかわいい村や小さな城下町が現れ、南フランスの鷹ノ巣村と違ってたいした山坂もないため、まるですごろくのように村々に寄ってゆくことができます。それだけにリクヴィルやリボーヴィレのような人気の村にはドイツ人を初め観光客がわんさか。ワイン街道には鉄道の駅も点在しているから、タクシーを使って村から村へ回ったり、半日のワイン街道バスツアーを利用することも可能です。
 でも、もう少し落ち着いた中世の面影が残る村が見たいと思うなら、古い教会で知られるユナヴィルがお勧めです。華やかな家並みが続く村ではないけれど、ここもフランス一美しい村の一つに選ばれていて、11世紀に建てられたフドウ畑の中の素朴な教会を人目みたいとやって来る人が後を絶ちません。村の手前にはコウノトリ自然公園があり、村の入口には名の知れたワイナリー(感じは唖然とするほど悪かったけど)もあり、だからと言って村の中にお土産物やレストランは殆どなく村人用のお店が点在するだけ。アルザスの田舎らしい魅力がとても印象的なところです。
 リボーヴィレからこの辺りはアルザスの中でもコウノトリで有名ですが、生憎私が見たのは屋根の上に乗っかっている巣だけでした。そのちょっと前に友人が訪れた時はコウノトリがバサバサと飛んでいたらしいのに。いつか、ブドウの葉が赤く紅葉する季節、ワインの収穫祭の頃にもう一度訪ねることができたらって思いながら村を後にしました。
[PR]
by cheznono | 2005-07-22 01:56 | フランスの四季

ワイン街道の真珠

b0041912_01223.jpg アルザス・ワイン街道の周辺にはかわいい村が点在していて、花の咲き乱れる村々には木組みのカラフルな家々が並んでいます。「フランス一美しい村」の一つに選ばれているリクヴィルはその代表的な存在。ブドウ畑の真珠と呼ばれ、おとぎの国のようとか珠玉の村などと紹介されている小さな村は年間200万人もの観光客を集めているとか。リクヴィルは白ワインと地ビールにも定評があり、フランス国内やドイツ辺りから車で来ては地酒を箱ごと買い込んで行く人も多いようです。そしてこの村にはアルザスの風俗を独特のタッチで描いた画家アンジの小さな美術館もあります。
 リクヴィルには絶対寄らなくちゃと勧められ、期待に胸を膨らませて踏み込んだ村は、入口から突き当たりの鐘楼まで黄色やピンク、水色にグリーンetcと色とりどりの木組みの家並みがまぶしく、でもあふれるような人並みとお土産物店に圧倒されるような所でした。確かにかわいいけれどあまり長居はしたくないような感じ。観光化され過ぎて生活観がなかったからでしょうか。
 ブドウ畑見学の時にワイナリーのムッシュウが「もう僕はリクヴィルには行かないよ。昔はアルザスらしい素晴らしい村だったけど、今はどの家も全部お店かレストランになってしまったし。」とつぶやいていたので、そうか来るのが遅過ぎたんだなって思いました。
 16世紀から17世紀に建てられたカラフルな家の外壁がサーモンピンクやペパーミントやレモン色に塗られているのは、適当に好きな色を選んだ訳ではなく、それぞれの職業や宗教を表していたのだそうです。ブルーの家はカトリック教徒、黄色の家は肉屋さん、緑の家は八百屋さんというように壁の色分けでその一家の職業などが人目でわかるとは面白い習慣です。例えば息子が親の代からの仕事を転職した場合には壁を塗り直したのかも、なんて想像すると楽しいですね。
[PR]
by cheznono | 2005-07-18 01:19 | フランスの四季

大いなる休暇

b0041912_1516414.jpg 「みなさん、さようなら」に続いてヒットしたカナダ・ケベック映画の「大いなる休暇」。東京ではもうすぐ終わってしまいますが、まだまだ映画館は結構な入りでした。
 舞台は人口が120人余りのケベック州に属する超小型の島。かつては漁業に栄えた島も今は過疎と高齢化にあえぎ、多くの島民達は生活保護手当てで暮らしています。失業し手当てで暮らしを立てている島民達は誇りを失いお酒に走りながらも本土に渡って働くことを拒否して、なんとか島を再生させたいと願っている所へ舞い込んだプラスチック工場誘致の話。ただし条件は島に医者のいること。そして、一ヶ月の条件で本土から送り込まれた若い医者に何とか島に恋をさせて居ついてもらおうという、住民達の微笑ましくも時にはあざとい作戦が繰り広げられます。
 厳しい気候のニューファンドランド島を舞台にした「シッピングニュース」を思い出させる風景が広がる島のたたづまいですが、ここにはどろどろした過去や人間関係の秘密などはなく、失業で無気力になっていた人の良い島民達が、一致団結して青年医者を島に惹きつけようとウソを駆使して行く姿が笑いを誘います。なんとしても皆で働ける工場を誘致して、自分達の稼いだお金で生活できるようになり、生きて行く誇りを取り戻したいとする意気込みが胸を打つ作品でした。 
 でも、めんくらったのはものすごく訛りの強いフランス語。セリーヌ・ディオンのケベック訛りはたいしたことなかったのね、って思える程の独特の発音に何とか耳が慣れたのは映画もおしまいの頃。もしかして、私の日本訛り+南仏訛りのある発音も皆んなこうして我慢して聞いてくれてるのかも?って推測したらちょっと憂鬱になりました。
[PR]
by cheznono | 2005-07-16 16:32 | 映画

ワイン街道での試飲

b0041912_23392626.jpg
 ストラスブールからミュールーズまでヴォージュ山麗に続くアルザスワイン街道。ヴォージュ山脈が偏西風をさえぎるため雨が少なく、フランス一乾燥した気候とアルザスの地質がブドウ栽培に適しているためフランス有数のワインの産地です。アルザスのワイン作りはローマ時代から始まっていたそうなので、この地方の白ワインも長い歴史の中で培われた味なのですね。
 アルザスワイン街道に点在する100以上のかわいい村々が一番活気づいて観光客で賑わうのは秋の収穫祭の時期。あちこちにワインの屋台が出て試飲もできますが、夏に行った私達は街道脇のワイナリーを訪ねて試飲させて貰いました。「試飲・販売」という看板を目指してふらっと入れば試飲もワインセラー見学も大丈夫とガイドブックには書いてあっても、ワイン農家が経営するワインセラーの多くは家族経営で人出不足。試飲はできてもワインセラーの見学は断られるケースが多かったです。でも、大きなワイナリーでは週に1回くらい観光客向けに無料でブドウ畑とワインセラーの見学徒歩ツアーを行っていたりします。延々と続くブドウ畑の中を歩きながらアルザスのブドウ品種の説明やブドウの病気対策など栽培の苦労話などを聞いたり、樽の積み上げられた地下のワインセラーでワイン造りの極意を聞いたりできる興味深い見学ツアーです。もちろん締めくくりはリースリングを初めとするお勧めワインの試飲と販売。白ワインは甘いからと敬遠していた人も辛口のアルザスワインは気に入るようです。主な白ワインは6種で、アルザス唯一の赤ワイン、ピノ・ノワールも軽くて飲み易かったです。
[PR]
by cheznono | 2005-07-15 00:49 | 不思議の国フランス

大統領の行く居酒屋

b0041912_0455241.jpg
 イル川に囲まれたストラスブール旧市街は世界遺産にも登録されているだけあって歴史の重みを感じさせる独特の重厚な街並みが魅力。一方で欧州議会が置かれEUのモダンな本会議場もある国際都市でもあるため、街は活気にあふれています。でも、陽気で明るい南仏に慣れた身にはちょっとよそよそしい街でもありました。何しろ人が冷たい。中世にドイツ内戦に巻き込まれて以来、仏領に戻ったりまたドイツに占領されたりという苦い歴史のせいでよそ者には冷ややかなのか、あるいは観光ずれしているせいか、アルザス人に比べたらパリジャンなんてすごくサンパじゃないと思えるくらいのクールな扱いにすっかりしょげてしまった私です。
 とはいえ暖かい人柄のアルザスの知人もいるし、この地方の庶民的な居酒屋に行けば陽気でワイン好きな地元の人たちを見ることができます。ヴィンシュテュブ(居酒屋)という看板の出ている店はパブかワインバーのような雰囲気で、アルザス名物のシュークルート(ザワークラフト)やタルト・フランベ(たまねぎとベーコンのピザ)などの郷土料理も楽しめる心地よい空間です。
 ストラスブールでお勧めの居酒屋は大聖堂の近くイノシシ通りにあるシェ・イヴォンヌ。19世紀からの老舗で故ミッテランやシラク大統領ら政府首脳も贔屓にしてるというお店。勧められた時は、「大統領が行くようなお店なんて高そうで敷居が高いわ、普段着だし」って断ろうとした私達ですが、ノンノン気取らないお店で値段も手ごろだから是非行ってみなさいと言われたので思い切って入ってみました。居酒屋というにはしっとりした落ち着いた店内はアルザスプリントの老舗ボーヴィレのテーブルクロスで統一され、素敵な隠れ家のよう。お料理も程よい量で深みのあるおいしさ。ロマンティックとも言える良い雰囲気のほの暗いお店でした。
 写真は、イル側が4つの水路に分岐しているところにあるプティット・フランス。中世には川の水を必要とする職業の人々が住んでいたという木組みの家並みが続きます。
[PR]
by cheznono | 2005-07-12 01:31 | 不思議の国フランス

狙われた街

b0041912_22493668.jpg
 ロンドンの同時多発テロはすごく衝撃的な反面、ついに起こってしまったかと暗澹たる気持になりました。キングスクロス-ラッセルスクエア間などロンドンに行けば必ず通っていた路線だし、やっぱり自分の身にもいつ何が起こるかわからないなという現実を改めて突きつけられた感じだし。200人もの犠牲者を出した去年のスペインの列車テロの時に、国民の大多数がイラク派兵に反対してるのに前首相が強引にイラクに兵を送ったつけを一般市民が払わせられるのはひどい!と叫んでいたマドリッド市民の怒りが思い出されます。イギリスの国民も7割以上がイラク侵攻に反対だったのに、米国追随のブレア首相の政策のために多くの通勤客が犠牲となったのは本当に不条理、日本もイラクに自衛隊を派遣している以上、いつ標的になるかわからないと思うと背筋が寒くなります。
 昨年捕まったドイツ内のグループがアルザスの首都、ストラスブールの大聖堂をテロ攻撃する計画を立てていたということを今回の事件後に初めて知りました。ストラスブールは絶対行くべき街よとフランス人に勧められて、去年の今頃はストラスブールからワイン街道を旅行してたんです。ストラスブールの大聖堂は、高くそびえる一本の尖塔とステンドグラスが有名で、テロ組織に狙われているなんてつゆ知らずに一日一回だけ動き出すからくり人形の天文時計をぽかんと口を開けて見上げていたものでした。赤い砂岩で建てられた大聖堂は中世にはバラ色に輝いていたらしいのですが、今やすすで真っ黒。たまには外壁を磨いてよって思うけど、巨大な大聖堂に142mの高い塔では汚れを落とすのも命がけだし、莫大な費用がかかるのでしょうね。でも、同じく13世紀に立てられたコルマールのゴシック教会の外壁は、きれいに磨かれていてバラ色の面影がありました。
 写真はクレベール広場から見た街並み。ドイツ国境がもうそこなんだなって実感した北の家並みです。
[PR]
by cheznono | 2005-07-09 23:56 | 不思議の国フランス

オーギュスタン恋々風塵

b0041912_23383040.jpg 売れない俳優のおとぼけオーギュスタンが、カンフーの達人になる決心をしてパリの中国人街に引越し、そこで出会った鍼灸師のマギー・チャンに恋心を抱き、雇い主とは一風変わった友情をはぐくんでゆく、、「恍惚」のアンヌ・フォンティーヌ監督の1999年の作品、「恋々風塵」を観ました。
 パリの一般社会では浮いていたオーギュスタンが、チャイナタウンに身を置いてカンフーを習い中華雑貨店で働きながら、一生懸命中国人に近づこうと張り切る姿は微笑ましいし、他人との接触恐怖症の彼に針治療を施すマギー・チャンに東洋の美を重ねてどんどん惹かれてゆくのも実際にありそうな設定です。西洋文化に失望したり、フランス社会に違和感を感じているフランス人の間では、中国や日本は憧れの対象で、神秘的な東洋の国というイメージは19世紀の印象派の時代から今も引き継がれています。
 望まない結婚から逃れてパリの親戚に身を寄せる鍼灸師(マギー・チャン)は中国を飛び出してから1年半、仏語がなんとか話せるようになったもののフランス人の友達もなかなかできず、パリではあくまで異邦人で孤独、人々は攻撃的だし差別もあるし淋しくてと訴える場面は、渋谷で観た私でも身につまされる思いがしました。きっとフランスにいる日本人の多くが一度は経験した感情ではないでしょうか?
 フランス人の空手や合気道、カンフーなどの武術の人気は高くて、男女を問わず習っている人も多く、針治療や指圧も流行しています。東洋人は不思議な奥行のある文化を持ち、穏やかな人々というイメージも定着している感じです。一方、パリには都会のストレスその他でささくれだった人が多いというのも事実で、パリ生活に疲れたフランス人が増えているのもよく話題に上ります。東洋へ憧れるフランス人とパリの孤独な中国人の思いが微妙にすれ違うペーソスを描いたこの作品がフランスでヒットしたのは当然かも知れません。この映画から5年経った去年はフランスにおける中国年で、国を挙げて中国に関するイベントが続きました。今やフランス中に中国人留学生があふれているし、何より中国はエアバスを20機も買ってくれる大事な経済パートナー。フランスと中国の関係はこれからますますホットになってゆくに違いありません。
公式サイト:http://www.wisepolicy.com/augustin_roi_du_kung-fu/
[PR]
by cheznono | 2005-07-06 01:34 | 映画