<   2005年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

輝ける青春

b0041912_15532497.jpg 6時間余りのイタリア映画「輝ける青春」、さすがに首はだるくなりましたが、夏の終わりを彩るにふさわしい感動的な作品でした。朝、開映1時間前から岩波ホールに集まって来た観客の意気込みと年齢層の高さに驚きつつ、さあ夕方まで楽しむぞぉと気合いを入れるうちに始まった物語は、今から40年前に遡ります。
 ローマのカラーティ家の父は実業家、母は小学校の先生、4人の子供達は判事になった姉と大学生の兄弟、そして小さい妹。この一家をめぐる37年間の流れを、66年にフィレンツェを襲った大洪水や赤い旅団における反政府テロなどのイタリア現代史を織り込みながら淡々と綴って行き、6時間超の上映が長いと感じさせられることなくお終いまで引き込まれ、ホールを出た後も目を赤くしたまましばらく現実に戻れない感じでした。
 イタリア南部の一家の物語と聞いた時は、もっとラテン色の強い家族の濃厚な絆を描いたドラマかなと想像していたのですが、その辺りはかなり予想と違いました。人当たりの良い医学生の兄ニコラと妥協することのできない性格の文学青年マッテオ。年子で仲の良いこの兄弟に軸を置き、弟が精神病院から連れ出した少女ジョージアと3人での逃避行に失敗したことから、二人の運命が決定的に別れて行きます。
 兵役後に警察官となりその繊細さゆえに常に苦悩していたマッテオと、それぞれの自由を尊重するがゆえに大切な人たちを失ってしまうニコラ。異なる人生観を持って全く別の道を歩む中でこの二人に関わる人々の人間模様や時代的背景を、事実だけを積み重ねるように自然に描いたシナリオの完成度にはシャポー(脱帽)という気持でいっぱい。随所にさりげなく現政治の批判を入れている所も興味深く、フランスではとかく腐敗と退廃や堕落の方が強調されがちなイタリア社会で、こんなにも皆んな真摯にまっすぐに人生に立ち向かっているという姿が力強く伝わって来る映画でした。
[PR]
by cheznono | 2005-08-31 17:52 | 映画

フランスの痩せるお茶

b0041912_1844979.jpg フランスでは夕食の後にハーブティーを飲む習慣があり、お呼ばれやレストランでの食後にカフェよりもハーブティを好む人が結構います。カフェはデカフェインでないと寝つきが悪くなるけれど、ハーブティは消化を助けるので、たらふく食べて飲んだ後は男性にもハーブティーが人気です。
 で、スーパにはもちろん、予防薬局などでも目立つのがずらっと並ぶ痩せるハーブティー。ティーパック式が多く、20パック入りが4ユーロ位から高いのだと10ユーロ以上と種類もさまざま。気になる痩せるお茶の中身ですが、シモツケ、トネリコ、ブルーベリーの葉、ヴェルヴェーヌ、ミント、ガラナなど、お馴染みの植物の他にこれ何?と思うような草木の葉っぱもちらほら。そして、私にはとても不思議に思えるのが、ダイエットをうたうハーブティーの主成分がだいたい緑茶であることです。緑茶で痩せる?!日本人は毎日みんな緑茶を飲んでいるけど、日本では聞いたことがないなあ。果たしてフランスで周りの人に「本当にこういうハーブティーを飲んでいると痩せるの?」って聞いて回ったところ、みんなさあ?って首をかしげるばかり。しかし、これだけどこにでも売っているダダイエット向きハーブティの成分の半分位が緑茶ということは、やはり何か根拠と効果があるに違いない、と思って、しばらく食後に飲んではみました。でも案の定、夕食後に1杯飲む程度ではびくともしない私の体重。ただ、ハーブティーによってはいかにも草っぽくて飲ににくいお茶がありますが、痩せるハーブティーは結構おいしいものが多かったので、根気良く続けたら多少は痩せるかも?
[PR]
by cheznono | 2005-08-29 18:47 | いつもの暮らし

ハーブで夏バテ克服!

b0041912_1636241.jpg 8月も終わりに近づいて、朝夕は心なし秋の気配がして来ましたね。でも、蒸し暑い毎日を過ごした後でどうしても身体は疲れ気味。暑さで食欲も落ちたし、夜も寝苦しかったりしたので、何もしなくてもクラゲのようにぐったりして元気の出ない時があります。でもやっぱり化学物質の多く含まれているサプリメントには頼り過ぎたくないし。。
 こんな時はプロヴァンス・ハーブを料理に活用して夏バテ解消と気分転換をし、疲れた体のエネルギー回復を助けてあげようといつもに増してハーブをせっせと使っています。紀元前のローマ時代からプロヴァンス地方の人々に重宝されていた野生のハーブたち。照りつける日差しの下、空気の乾燥したプロヴァンスの高地で、時折吹きすさぶミストラルにも耐えたたくましいハーブやラベンダーは香りも強く、東京の我が家の庭先に植わっているものとは匂いが全然違います。プロヴァンス・ハーブの基本はバジル、タイム、ローズマリー、マージョラムを細かくしてミックスしたものですが、マルシェなどではこれにセイジやセイバリー、ラベンダー、ウイキョウ、ヒソップなどを加えた袋も売られています。
 プロヴァンス・ハーブはオリーブオイルやトマト、にんにくなどとの相性が良いのはもちろん、それ以外でもいろいろなお料理に手軽に使えます。チキンのハーブ焼きや生サーモンのソテー、カレー、シチュー、パスタ料理、オムレツやサラダなど手広く応用でき、塩コショウ感覚で簡単に使えるからとても便利。
 バジルやセイジには緊張した神経を静める効果があり、タイムは風邪の予防に、ローズマリーは胃腸の働きを高め、疲労の解消と血液循環に役立ち、マージョラムはストレスを和らげ消化促進を助ける効果があるとされています。植物だから即効性はないけれど、小まめに取ることで穏やかに作用してバランスの取れた健康的な状態に持って行ってくれるかなと期待しています。
[PR]
by cheznono | 2005-08-26 17:35 | いつもの暮らし

ふたりの5つの別かれ路

b0041912_17585978.jpg フランスでは見逃したので日本公開を待ちに待ったフランソワ・オゾン監督の「ふたりの5つの別かれ路」を観て来ました。既に別居している夫婦の離婚調停成立のシーンから始まり、時間を逆戻りさせてふたりの間に起こった象徴的な5つのエピソードをたどりつつ、なぜ別れる結論に至ったかを浮き彫りにして行く手法が話題になっていますね。フランスの特にパリのカップルはよく7年目の危機が話題になるから、この映画もふたりの別れから恋の始まりまで恐らく7年くらいを遡ってゆく設定ではないかと思います。離婚成立後に最後のベッドを共にする冒頭では少し太って疲れた表情の妻マリオンが、ラストの海辺での出会いではかわいくてスリムな姿に戻るのが印象的でした。
 離婚が成立し、お別れのベッドをかなり一方的に夫本位で共にした後、既に新しい女性と暮らしている夫ジルが「やり直せないか?」と未練を見せる所や、結婚生活末期のディナーで夫が語り出す乱交パーティの経験談など、4人の男女の入り組んだ関係を描いた「クローサー」にも通じるものがあって、恋愛の本質や倦怠という以前に何か虚しいものを感じさせられ、その印象は最後の恋に落ちるシーンまで変わりませんでした。
 「クローサー」でもこの映画でも先に目移りをするのは男性で、でもいざ別れとなると優柔不断なのも男性。一方、マリオンの方は幼い子供と二人だけで淋しくないわと自然に言い切る所で、彼女はこの経験で確実に成長したのだなと感じさせられます。30代後半とおぼしき二人が別れるのに対して、マリオンの両親は若い頃から互いにぎくしゃくしていても一緒に老いてゆく姿が時代による意識の変化を対比させていて面白いと思いました。
[PR]
by cheznono | 2005-08-22 18:36 | 映画

ピカソのアトリエ

b0041912_1394342.jpg お互いに自分にないものを持ったライバルとしてとても意識していたモディリアーニとピカソ。スペイン人のピカソも成人後は殆どフランスで暮らし、第2次大戦後65歳の時にアンティーブにやって来ました。城壁に囲まれ、コート・ダジュールの魅力を全て持ちあわせているような岬の町アンティーブ。惜しむらくは、今やここは英国の植民地かと思うほどイギリス人であふれ、旧市街に行き交う人々もフランス語より英語の方がよく聞こえてくるような感じがすることでしょうか。海沿いに立つグリマルディ城の当時の城主からこの城の一部をアトリエとして提供されたピカソは、若い恋人フランソワーズ・ジローとこの城に移り住み、半年足らずの間にデッサンや陶器なども含め25の作品を制作しています。
 現在、グリマルディ城はピカソ美術館として、この時代の作品やモディリアーニ、レジェ、ミロなどの作品も所蔵し、この町で自死したというロシアの画家、ニコラ・ド・スタールの作品も展示されています。ただ、シーズンオフにはこれらの作品を貸し出すこともあるため、展示数がとても少ないと感じる時期があるかも知れません。
[PR]
by cheznono | 2005-08-20 02:05 | コート・ダジュール散歩

モディリアーニ

 最後は絵の具を買うお金にも困り、貧困と持病に苦しみながら早世したモディリアーニ。あまり期待しないで観た映画ですが、ハンサムだったというモディリアーニに面影の似たアンディ・ガルシアが悲運の画家の苦悩を好演、20世紀初めベル・エポックのモンパルナスの雰囲気も味わえて、とても見応えのある作品でした。
b0041912_21523923.jpg ユダヤ系イタリア人のモディリアーニは22才でパリに出て、エコール・ドゥ・パリの芸術家たちとしのぎを削り、彫刻と絵画の間でどちらに重点を置くかに悩み、酒と麻薬に溺れながら自分の目指す芸術を模索して行きます。イタリア人らしいラテン的な性格のモディは女性によくもて、カフェでも人気者。でもライバルのピカソは既に名声を思うままにしているのに、自分の絵はいっこうに売れず、幼児期からの肺結核の影にもおびえ、アルコールに助けを求める毎日。33歳の時に知り合った19歳の画学生ジャンヌと同棲し女の子を授かるのに、ユダヤ系の貧乏画家という理由でブルジョア階級のジャンヌの父親から猛反対され、ついには子供も取り上げられてしまいます。
 この作品はかなり事実をデフォルメしている部分があるようですが、モディとピカソとの屈折した友情と確執に重点を置いていて、その周りを囲むユトリロやコクトー、スーチンやキスリング、そして彼らを支援した作家スタイン夫人などとの交流を描いている点がとても興味深かったです。芸術家達が集った店ラ・ロトンドで、衆目の中ピカソをからかい、「なんでそんなに俺を嫌うんだ?!」と怒るピカソに、「嫌いなのは君じゃなくて自分自身だよ。」とつぶやくモディ。このシーンは、パリに惹かれ芸術を極めようという情熱に燃えて移住したフランスで、差別や貧困、病気、ライバルの大成功といった現実の重さと失意に身もだえしながら、独特の画風を貫いた天才のジレンマがよく出ていて、特に印象的でした。
 女性好きでアル中、ヤク中だったモディがいくら自堕落な生活をしても、必死で彼について行くジャンヌはモディの絵によく似ている女優さんでしたが、実際のジャンヌがモディより14歳年下の20歳そこそこだったのに対して貫禄があり過ぎでは?悲劇的な最後と遂げたモディの後を追うのも、彼女の若さが重要な要素だと思うので、モディと同世代に近く見える成熟した女性が彼を盲目的に慕う姿にはちょっと違和感を感じてしまいました。もっと二人の惹かれ合うわけや彼女の心の動きを盛り込んだ方が良かったのではないでしょうか。
[PR]
by cheznono | 2005-08-16 23:11 | 映画

ライフ・イズ・ミラクル

b0041912_19271.jpg カンヌでパルムドールを2回も受賞したことがあるというエミール・クストリッツァの「ライフ・イズ・ミラクル」。13年前に始まったボスニア・ヘルツェコヴィナの悲惨な内戦下で、いつの間にか戦争に巻き込まれた田舎の生活をユーモアたっぷりに描いています。フランスでしばらく同じ学校に通っていたセルビアの青年が、「僕らの世代は戦争や徴兵から逃れるためヨーロッパに散ったから、故郷の同級生も散りじりだよ。」と言っていたのを思い出してながら、この映画を観ました。
 田舎に鉄道を引くために派遣されたセルビア人の技師ルカは、妻に駆け落ちされ、一人息子は徴兵されて敵側の捕虜となってしまいましたが、それでも村での生活を楽しんでいます。そこへ国連軍の仲介による捕虜交換に使えそうなボスニア側の若い女性サバーハがルカの家に連れて来こられます。うまく行けば捕虜になっている息子と交換するため、人質になったサバーハと共同生活を始めたルカは、すぐに彼女と恋に落ちて、爆弾の降る中でも甘い生活を送るのですが、ついに息子と彼女を交換しなければいけない時がやって来て。。
 深刻な大筋の要所要所にからめられたエプソードがはちゃめちゃ、それに加えてロバや熊、猫や鳥などの動物の使い方が秀逸です。仏語でロバのように頑固ということわざがありますが、この映画のロバは頑固でも自分の感情を表情で現し、人間との共同生活を同じ目線で語っていてすごく親近感を感じました。
 ボスニアとセルビアの内戦は、とても美しい古都だったというサラエボの街も破壊されて、泥沼化して行ったという記憶が新しいので、あの戦火のもとで、それでも人々が歌って踊って恋をして、精一杯に生きることを楽しんでいる姿がいとおしく思える作品です。田舎暮らしの素朴さや戦争中でも人々がどこまでも明るく貪欲に生活を謳歌しようという姿勢に、やっぱり人間てすごいと改めて思わされました。
[PR]
by cheznono | 2005-08-13 01:55 | 映画

オランジュの夏

b0041912_173286.jpg
 今フランスで「オランジュ」といえば日本のドコモにあたるようなフランステレコムの携帯電話を思い浮かべる人が多いかも知れません。でも、アビニョンから電車で15分ほどの古代ローマの町オランジュも恒例の夏の野外音楽祭で盛り上がっているようです。
 紀元前に建てられ2000年余りの風雨に耐えて来たオランジュの古代劇場。プロヴァンス地方にはローマ時代の遺跡があちこちに残っていますが、ヨーロッパ唯一の保存状態を誇るオランジュの古代劇場の石壁を見上げた時は、そのスケールにうわーて声を上げてしまいました。石壁は幅103m、高さ36mの迫力で、音響効果もとても優れているとか。この野外劇場は今も利用されていて、19世紀に始まった真夏の夜の音楽祭は有名です。こんな壮大な遺跡でプッチーニのオペラやベートーベンのシンフォニーが聴けるなんて、着飾ってちょっと気取った味わいで過ごすロイヤル・オペラハウスでの一夜よりも贅沢な気分になれるかも知れません。古代ローマ人は1万人も収容できる野外劇場やをプロヴァンスだけで幾つも建設しているから、当時の庶民はかなり文化的な生活を送っていたのでしょうか?
 この町の北の入口、リヨンからアルルに続くアグリッパ街道には、シーザーのプロヴァンスでの勝利を記念して建てられた凱旋門も残っています。ナポレオンがパリの凱旋門を計画した時に、ここの凱旋門を参考にしたと云われていますが、凝った彫刻が施された威風堂々とした姿は紀元前の物とは信じられません。ただ、脇を次々に車やトラックが砂ぼこりを上げて通り過ぎるので、保存状態が悪化するのではと心配です。
 オランジュは町並みもカラフルでとてもかわいらしく感じの良いカフェも点在してるので、せっかくなら一日かけてゆっくり散歩することをお勧めします。
野外音楽祭の公式サイト:http://www.choregies.asso.fr/ 
[PR]
by cheznono | 2005-08-10 18:31 | プロヴァンス賛歌

ヴェラ・ドレイク

b0041912_1451920.jpg 1950年、ロンドンの下町でつましい生活ながら暖かい家庭を育み、いつも微笑みを絶やさずに家族を愛しみ、周囲のあらゆる人に暖かい手を差し伸べる女性ヴェラ・ドレイク。実は彼女は信頼している心優しい夫にも内緒で、望まない妊娠で困っている女性のため密かに中絶の手助けをしていました。もう何十年も続けて来た「困っている女性達を助ける行為」、でもある日、ヴェラの処置後に重病に陥ってしまった女性が運ばれた病院から警察に通報があり、娘の婚約を祝う最中の幸せなドレイク家に令状を持った警官達がやって来ます。
 まず、カトリックではないイギリスが妊娠中絶を合法化したのは、フランス同様に70年代だったということを知ってとても驚きました。米国も保守的な州では未だに違法ですが、英国はカトリックの濃厚な国アイルランドの女性達が隠密に中絶手術を受けるため密かに渡って来る国という歴史が有名なのに、そのイギリスでも中絶が70年代まで非合法だったとは。。
ヴェラが女性達に使う石鹸水と粗末な器具にも胸が詰まるようでした。30年余り前まで、こんなに単純な民間療法で堕胎をせざるを得なかった庶民達に対し、中産階級の令嬢は、望まない妊娠で死ぬほど悩んでも、結局はお金の力で専門の医師が手術を行っていたという対比も衝撃的です。
 マイク・リー監督は今回も台本を使わずに俳優達のアドリブで作品創りをしたようですが、ニースで一緒に観たイギリス人によれば、この映画の描く50年代の労働者階級の暮らしぶりやヴェラの違法行為を知った後の家族のリアクションもまさしく現実そのままと云えるくらいうまく再現しているそうです。イメルダ・スタウントンのヴェラが乗り移ったとしか思えないような演技を初め、圧倒的なリアリティでそれぞれの心の動きを表現している俳優陣には心からブラボー!を送りたいと思いました。ヴェラの取調官でさえ、心の内では彼女の行為に理解を示し、心の葛藤を抑えて警察としての役目を果たす姿にも司法の持つ矛盾を考えさせられます。観終わった後しばらくは気持の整理がつきかねるほど、複雑な思いにさせられた作品でした。
[PR]
by cheznono | 2005-08-08 01:51 | 映画

お金をねだる人々

b0041912_22511799.jpg 平和そうに見えてもあまり治安の良くない南仏ですが、観光地では通りがかりの人にお金を無心する姿も目立ちます。猛暑でも凍えるように寒くても、路上にぺたんと座って空き缶を前に置いている人はフランス中とこにでもいて、物乞いをする主人の脇には忠犬も一緒に座っていることもしばしば。おとなしい犬の足に包帯が巻いてあったりするとホロリときてしまいます。日本にいたフランス人はフランスのホームレスに比べて日本のホームレスの人たちはお金をねだらないし、立ち居振る舞いにも威厳があるって評してましたが、ちょっと同感です。
 キリスト教の人々にはお金のある人がない人に少々分けるのは当然であるという考え方が浸透しているせいか、一日一善をすることで自分の原罪も許されるという信仰も強いためか、わりとスマートに目の前に突きつけられた空き缶にコインを入れて行きます。もちろん入れない人の方が圧倒的に多いけど、あらいつの間にコインを出したのかしらと思うくらいとても自然に小銭を渡しているのには感心してしまうことも。
 私はたいがいはお金を乞われてもお断りしています。バッグの中をごそごそとお財布を出すのがイヤだし、第一お金のために寄って来る人が多過ぎるので、小銭とはいえとてもみんなに配れるような余裕はないから、「一杯やるための小銭を恵んでくれない?」と言われても悪いけど諦めてもらいます。でも、通り過ぎる私の背中に向かって「意地悪女!」と怒鳴ったり、「たった50サンチームもダメなの?あんた、フランス語はわかってるのかい?」なんて逆切れされたりして、その日一日憂鬱な気分になることもあるから困ったものです。知り合いのフランス人マダムは、渡したコインを投げつけられて、「こんなはした金じゃいらないよ!」と言われたとか。汚れた服をまとい、ものすごーく哀れっぽい目をして、毎日同じ場所で手を出している男性が、ある時バリバリのスーツを着た身ぎれいな出で立ちで闊歩しているのを目撃されたこともあるし、本当はどう対応するのが一番なのか、いつも考えさせられる光景です。
[PR]
by cheznono | 2005-08-05 23:35 | 不思議の国フランス