<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

怪しい礼拝堂

b0041912_8161293.jpg
 国鉄の工事のせいでカンヌ行きを諦めた友達と一緒に一ヶ月ぶりに訪ねたマントンはハイビスカスも陰を潜めてすっかり冬支度。ミストラルのように強い海風の吹く凍える町と化していました。でも、カラフルでおっとりとした雰囲気の町並みがサンパなことに変わりはなく、寒さに震えながらも気持ちよく散歩できました。
 夕暮れ時、きつい階段を上って「コクトーが愛した町」でも書いたサン・ミッシェル教会とその脇の白色苦行会の礼拝堂を見学。ピンクの外壁が陽の光に輝く礼拝堂は、シャンデリアの輝きに照らし出された内部の装飾がとても豪華で、バロック時代の華やかさを今に伝えています。
 礼拝堂の見学者はに私達だけ。入口で絵葉書などを売る当番のムッシュウが近づいて来ました。年配で太目のムッシュウ、法衣は着ていないけれど教会関係者に違いありません。ニコニコしながら私達にマリア像のしおりをくれ、「裏にお祈りの言葉が入ってるからね」というので、まあご親切に、でも布教かしら?と思っていると、ささやくような声で顔を近づけてはいろいろ質問をして来ます。「どこから来たの?日本人はきれいだよね。どこに住んでいるの?」私の友達はすっかり気に入られている様子。でもなぜ消え入るような声でささやくの?お腹の突き出たムッシュウは続けて、「マントンはきれいな町でしょ?日本人の女性と同じできれいで魅力的な町でしょ?」と何だか怪しい方向に。そして友達に、「一人で住んでるの?それとも家族と一緒?」友達が一人暮らしですけどと答えると、「独身なの?それとも?」オーララ、出たよと思った私はムッシュウにお礼を言って、もう行こうよと早々に礼拝堂を後にして、外人墓地の丘へいっきに上って行きました。
 ムッシュウが20年若かったとしてもタイプじゃないという友達はげんなり。フランスではよくあるアプローチですが、大好きな礼拝堂の中で教会関係者のムッシュウにささやかれたのは異様な体験で、既に辺りは暗かったし人影もなかったため、友達は一人じゃなくて良かったとため息をついてました。名だたる観光地でも、シーズンオフの夕暮れ時の教会見学は用心しないといけないですね。
[PR]
by cheznono | 2005-11-30 09:22 | コート・ダジュール散歩

遥かなカンヌ

b0041912_3544248.jpg
 イギリスの寒波が海峡を渡って来て、11月というのにフランスの片半分は雪に覆われ、雪による停電で電気も暖房もない地域もあるようです。コートダジュールもいっきに寒くなりましたが、お天気が良いので助かっています。
 トゥーロン方面に帰る友達が、帰りがてらカンヌに寄ってみたいと言うので、一緒にニース駅に行きました。ニースからトゥーロン行きのキップを買って、カンヌで途中下車してもその日のうちだったら同じキップで最終目的地まで行けるのがフランス国鉄の良い点なのですが、大きな街の国鉄のキップ売り場のカウンターは二人に一人の割合くらいで感じが良くないのは周知の事実、今回も案の定です。「ニースを朝出るけど、カンヌ発は2時くらいの電車にして下さい。」と友達が頼むと、「電車ないわよ。」とけんもほろろ。「2時台がなくても3時頃はどうでしょう?」。「電車ないわ。最後の電車がね11時発よ。」「はあ?まさか朝の11時?」だって、ニース-マルセイユ間は一応幹線だから、日ごろはそれなりに本数がある路線です。ストライキは終わった筈だし、ご冗談でしょう?という顔で見上げるとやっと「工事があるのよ。」だったら早くそう説明してくれれば良いのに。突然の工事で電車がないのは国鉄の責任なのに、まるで午後にカンヌを出発したいこちらの責任のような言い方をするのもSNCF職員のお手の物ですが、こういう目に合う度にちょっとへこみます。
 朝の電車を逃したらトゥーロンに帰れなくなってしまう友達は、カンヌ観光を諦め、代わりにマントンに行きました。写真はカンヌ港とル・シュケ。
[PR]
by cheznono | 2005-11-28 04:48 | コート・ダジュール散歩

晩秋のエクス

b0041912_611587.jpg
 昨日の夜は地域的な停電で真っ暗。近くのレストランは真っ暗な中でお客さんと途方に暮れているし、向かいのネットカフェはお客さんを帰して早々に店じまい。私の所も生憎ロウソクの買い置きがなくて、街路灯の明かりだけが頼りの心細い夜を過ごすはめに。アパルトマンはレンジも暖房も全て電気だから、停電になると本当に何もできなくなってしまうので、シャワーも諦めて寝るしかないかなと腹をすえた真夜中、やっと電気が復活。早速お湯を沸かして暖かい紅茶を飲みながら、電気のありがたさを再認識した一夜でした。そして今日はまた国鉄の大ストライキです。
 この週末、ニースからバスで2時間30分のエクサン・プロヴァンスに出かけて来ました。エクスに行くのは3年ぶりくらい。19世紀にニースが英国貴族やロシア貴族に人気となり、その後ベルエポック時代の栄光を向かえた頃もプロヴァンス文化の中心は常にエクスにあったそうですが、久しぶりに見るエクスは少々うらびれた感じ。でも、盛んな芝居やギャラリーの多さなどに芸術文化の名残りが感じられます。並木の多いエクスは黄色く紅葉した木々の下にカフェやブティックが並び、その脇を人がぞろぞろと行きかうのですが、なんと人口の多いこと。観光シーズンが終わった後なのに、こんなに地元の人がいたのかと思うくらい旧市街の細い道に人があふれ、すれ違うのもやっと。なるほど、パリについでアパルトマンを見つけるのが大変と言われてるわけだと妙な所に感心しました。
 以前、エクスに住んでいたフランス人が、顔見知りのお店以外はボンジュールも言ってもらえないブルジョワ的なところがイヤって言ってましたが、思ったよりエクスの人の愛想が良かったのでほっとしました。やっぱりニースの方が人がすれているかも?大学町エクスは若者が目立ち、退職者の多いコートダジュールと平均年齢の差を目の当たりにした感じです。
[PR]
by cheznono | 2005-11-23 07:02 | プロヴァンス賛歌

ルノワール美術館の警官

b0041912_020657.jpg
 今やフランスは高失業率と暴徒の放火に苦しむ国というイメージを海外メディアが発信していて嘆かわしいとまたニュース番組で言ってましたが、非常事態宣言が出てから、フランスの地図であちこちの都市に火の玉マークで危険度が示された新聞を見ると、これからフランスへ旅行という人はひるんでしまうでしょうね。
 幸い、リヨンやトゥールーズ郊外の破壊行為も鎮まったようですが、ニースの町中でもやたらに警官の集団が目立つようになりました。こんなにたくさんの警官が今までどこにいて、何をしてたんだろうと思います。
 そこで、思い当たったのがカーニュ・シュル・メールのルノワール美術館。ニースから路線バスで30分程度の漁村にリューマチの療養を兼ねルノワールが引っ越してきたのは1908年。今やニースの隣の大観光地として栄えているカーニュも、その頃は人口わずか8000人程度のひなびた村でした。ルノワールが住まいとアトリエにしていたヴィラ(現美術館)は広大なオリーブ林の庭の中にあり、地中海と背後の鷲ノ巣村オード・カーニュが見渡せる素晴らしい環境です。
私達が美術館を出たのがちょうどお昼前。庭のはずれの美術館グッズを扱うお店に向かうと、なぜか警官が二人出て、もうお昼休みだから閉めるよって追い出そうとするのです。私は日本の友人4人を案内していたため、「この人達は遠い日本から来たんだから、5分だけ見せてよ。」と食い下がりましたが、警官達は「だめだめ、また午後に戻ってくれば良いじゃないか。」とけんもほろろ。毎日お昼休みを2時間も取る必要はないと思うのに、全く融通が利きません。なんでお店に警官が二人も常駐してるの?って美術館の受付のお姉さんに聞いても、さあねえ、いつものことだからって言うばかり。警官はお姉さんと談笑しながら、パトカーに乗り込んでランチへと消えて行きました。
 のどかな林の中のルノワール美術館のお土産物やを見張っていた彼らが、この非常事態で町中に召集されているのなら、是非警官としての力量を発揮して貰いたいものです。
写真はルノワールの庭から見たオード・カーニュ。明日はカーニュで栗祭りが開かれます。
[PR]
by cheznono | 2005-11-19 00:22 | コート・ダジュール散歩

無料コンサート

b0041912_22461192.jpg 先週末は第一次大戦休戦記念日と土日が続いて連休になり、その間、アルプマリティーム県主催でニースでは初めての3日間連続無料コンサートが開かれました。金土日と朝11時くらいから夜の23時まで、催し物会場アクロポリスのあらゆるホールを利用して合計100のコンサートが無料で開かれるなんて、やっぱり太っ腹だわと思いながら、私もバロック音楽コンサートとオペラのアリア、そしてシンフォニーを聴きに通いました。
 コンサートのテーマは「クラシックではありません!」でしたが、やっぱりメインはベートーベンやヴィヴァルディ、モーツァルトの作品が中心です。ピアノリサイタルあり、ギターリサイタルあり、ロシアの四重唱ありと様々。最終日は歌が中心で一番行きたかったのに、生憎私は風邪でダウンしてしまいましたが、会場ホール入口で一般参加の大カラオケ大会が開かれたようです。最後は映画音楽のつどいで締めくくりという大イベントでした。
 これだけのコンサートを全て無料で整理券も配らずに先着順に荷物検査だけで聴かせてくれたのだから、県議会もたいしたものです。郊外の一部ではまだ移民系の人達の放火騒ぎの影響が残っている最中ですが、文化に対しての粋なはからいに参加した市民は大満足の様子。日本の地方自治体も高い税金をこういうイベントに回す心意気があれば良いのにって切に感じました。
[PR]
by cheznono | 2005-11-15 23:10 | いつもの暮らし

コープスブライド

b0041912_1102995.jpg ティム・バートンのコープスブライド、フランスでもレビュウの評価が高いので期待して観て来ました。陰鬱な雰囲気の19世紀ヴィクトリア朝の小さい町で、内気なヴィクターが没落貴族のヴィクトリアと親同士の思惑で結婚させられようとします。ヴィクターの両親は成金商人で貴族の仲間入りが目当て、ヴィクトリアの両親はすっからかんのためお金目当てで、若い二人は会ったこともないのにいきなり結婚式を挙げるはめに。
 でも、意外に二人はお互いに一目で好印象を抱き、幸せな家庭が築けるかもと思ったとたん、花婿のへまで結婚式はお流れになり、落ち込んで森の中をさまようヴィクターは、ひょんなことから既にあの世に行ったエミリーという花嫁姿の幽霊?と結婚しなくてはいけないくなってしまいます。
 エミリーに連れて行かれた死者の世界は、規則や慣習に縛られた生者の世界よりもカラフルで楽しげ、暗い現実の世界よりも皆ずっと生き生きとして、飲めや歌えやで盛り上がっているのが印象的。ティム・バートンの作品にしては皮肉や毒気が薄い感じですが、このこの世とあの世との対比には強いブラックユーモアを感じます。そして、今は骸骨となった昔の愛犬が、冥土でもヴィクターを慕って助ける姿はには胸が熱くなりました。
 この世に残されたヴィクトリアは必死でヴィクターを救い出す手立てを考え、両親達はひたすら次の政略結婚を画策し、そして花嫁姿で死者となったエミリーの過去とは?というファンタジーで、皮肉のこもったセリフと共に結構素直なラブストーリーとして楽しめました。それにしても凝ったアニメ。独特の映像は最新技術を駆使したものらしいですが、制作には大変な時間がかかったようですね。
[PR]
by cheznono | 2005-11-13 01:53 | 映画

鉄火面の伝説の島

b0041912_420444.jpg
 パリ郊外で警察とアラブ系の人達の衝突が始まってから2週間近く経ち、ついにフランスは非常事態宣言を出して、一部の都市では夜の外出禁止令も出てしまいました。きっかけとなったパリ郊外での移民系の子供の事故がイスラム教徒のラマダン明けと重なったため、暴動がより大きくなった感じで、ニースでもこの2日間で72台もの車が焼かれたとの報道でした。またもフランスの自由・平等・友愛が?マーク付きで大いに問われています。
 日曜日にそういう騒ぎとは無縁のような自然の宝庫、レランス諸島の一つサント・マルグリット島に行って来ました。カンヌから船で15分のこの島は18世紀に鉄火面が閉じ込められた伝説で知られ、海の水はヨーロッパ一美しい水を湛える湖と言われるアヌシー湖のように澄んでいます。鉄火面が幽閉された城塞以外には何もないようなサント・マルグリット島ですが、小さい島内を歩いて一周する間に林の中で日ごろ目にしないような植物や花、蝶などに触れることができました。本当は島内では採ってはいけないらしいのですが、セップ茸を見つけたのでこっそり持ち帰って、今日の夕飯にオムレツに挑戦。でも、日本でもよく間違えて毒キノコを食べる事故があるから内心ドキドキで、いくらフランス人が大丈夫と言っても本物のセップ茸かどうか半信半疑で食べました。明日まで何事もないと良いけど。
 鉄火面はルイ14世の双子の弟だったという説が有力ですが証拠はなく、今もってフランス史上最大の謎の一つとされているとか。もし真実だとしたら、太陽王と呼ばれたルイ14世の王位継承権を守るため、双子なのに遥かブルボン王室の残酷さに背筋が寒くなりました。
[PR]
by cheznono | 2005-11-09 05:05 | コート・ダジュール散歩

フランスのお彼岸

b0041912_242880.jpg
 11月1日は諸聖人の日と呼ばれる祝日で、日本のお彼岸のようなお墓参りの日でもありました。フランスは毎日それぞれ聖人にあやかった名前がついていて、今日はミッシェルの日とかマリーの日などと決まっているのですが、自分の名前の日がない人もいるわけで、そういう人は11月1日にお祝いをしたそうです。諸聖人とは各聖人の日にもれたその他の人のために作られた日と聞いています。
  今年は週末と祝日で4連休になったため、旅行に出た人も多かったようですが、お墓参りは1日前後にする慣わしで、ただでさえ装飾の目立つお墓がさらに華やかになっています。お墓参りは菊の花鉢を捧げるのが常ですが、最近はカラフルなシクラメンの鉢も目立ちます。お墓の周りには日本のようなお茶屋さんはないけれど、この期間はにわか花やが出て、お墓の近くに菊やシクラメンの鉢を色とりどりに並べていました。
[PR]
by cheznono | 2005-11-06 03:00 | いつもの暮らし

フランスのハロウィン

b0041912_328212.jpg イギリスやアメリカ文化の影響で、フランスでもハロウィンを祝うのが定着して来ました。お店は大きなかぼちゃを飾ったり、かぼちゃ型のお菓子を売ったりして盛り上がるのですが、今年はハロウィンの売り上げがかなり落ちたとかで、各お店は結構在庫が残ってしまったようです。
 とはいえ、子供達はお化粧したり、お化けの衣装をまとったりして、商店街を回ってはキャンディを貰っていました。時々はお店の人に「アメは置いてないわよ」なんて冷たく断れては次のお店へと移っていました。写真のように両親も仮装して子供に付き合っている姿もあって、微笑ましかったです。
[PR]
by cheznono | 2005-11-03 03:44 | フランスの四季