<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

僕を葬る

b0041912_155232.jpg 月に一度集まるニースのシネマクラブの12月の推薦映画のひとつだった「僕を葬る」。今をときめくフランソワ・オゾン監督の最新作は素晴らしい出来栄えだから、是非観るようにと言われた作品です。
 流行を追うモード界でカメラマンとして活躍していた30歳そこそこのロマーンは、突然倒れ、余命3ヶ月であることを知らされます。告知の瞬間から、美青年ロマーンのお気楽な自己中心の生活は一変し、自分の身に起こった事実を受け入れて行くまでの辛い毎日が始まりました。化学療法を拒んだロマーンは、両親にも自分の病気を伏せて、同居していた同性愛の恋人には一方的に別れを告げ、郊外に住む祖母にだけ真実を打ち明けに行きます。その帰り道、カフェで声をかけて来たマダムに不妊についての悩みを打ち明けられたロマーン。俺は子供は苦手だから、というロマーンですが、死を意識した彼の目には、しきりに子供の頃の記憶が浮かんで来るようになって。。
 順調に勝手気ままな人生を送っていたロマーンが、突然目の前に死を突きつけられて、いったいどのように酷い現実と向き合い、どう変わって行ったかというプロセスを、オゾン監督はシンプルに淡々と描いています。今の今まで生き生きとしていた若者が、晴天の霹靂の死の恐怖と対峙しながら、手短に身辺整理をして、こんな風に強く振舞えるものなのだろうか?という疑問が上映中ずっと付きまといましたが、横柄だった青年が今まで気にも留めなかった周囲のことや家族の思いやりに敏感になり、徐々に細やかな感情を見せるように変わって行く様子を演じるメルヴィル・プポーが素晴らしいです。2ヶ月間、魚と温野菜でダイエットしたというプポーが、撮影中、一番難しかったのが、祖母役のジャンヌ・モローの前で泣いたシーンだったとか。
 でも、家族の中で最も心を許したこの祖母との別れも含めて、家族や親しい人との人間関係の希薄さに驚きました。南フランスで馴染んでいるラテン的な家族関係の濃さとは正反対。その意味でやっぱりパリも東京も大都会に共通する個人主義の流れを強く感じる作品です。海辺のラストシーンがお得意のオゾン監督らしい波打ち際のラストは、鑑賞後半年経った今も深く印象に残っています。子供時代に帰って行くようなロマーンを心から送りたくなるような思いがしました。   
[PR]
by cheznono | 2006-04-28 17:10 | 映画

b0041912_17404150.jpg 先日、ニース屈指の高級住宅街シミエにある緑豊かなユースホステルをご紹介しましたが、やっぱり宿泊は街中の安くて便利な所が一番、という方には、レ・カメリアをお勧めします。何しろニース駅から海辺までの真ん中にあるショッピングセンター、ニース・エトワールの裏手という好立地。オープンしてまだ2年くらいだからまだ地元の人にも知られていないこのユースは、1泊20ユーロで泊まれて、室内は年配の方でも満足できるような清潔さと聞きました。
 それもそのはず、2年前までこのユースはホテルだったのです。アビニョンの友達に連れられて、私が初めてコート・ダジュールへ旅した時、フランスのガイドブックに推奨されている2つ星ホテルを予約して貰いました。その名もホテル・カメリア。椿の木に囲まれていたホテルかどうかは記憶にないのですが、古いけど家族経営の家庭的なホテルで、どこへ行くにも便利。ところが、その後またこのホテルに泊まろうと思って探したら、もう連絡先がわからなくなっていたので、おかしいなと思っていたのでした。
 ホテル・カメリアで私たちが朝食を取っていた時、経営者のムッシュウが私に「どこの人?ベトナム人?」って聞くので、日本人だと答えると、食堂中に響く声で厨房に向かって「おーい、彼女は日本人だって!」って叫んだので、朝から見世物になってしまい恥ずかしかったのも、今では懐かしい思い出です。家族と賭けでもしてたのかしらね?そのガラス張りの食堂も今はレセプションに変わっていて、親切なマダムが応対してくれます。どういう事情があったのかは謎ですが、街中のホテルを買い取ってユースホステルに改造するなんて、ニース市も粋なはからいをするものですね。フランス人には何かと不評なニース市政に一票を投じたくなるような発見でした。
Les Camelias 3,rue Spitalieri 06000 Nice
[PR]
by cheznono | 2006-04-24 18:11 | コート・ダジュール散歩

美しき運命の傷痕

b0041912_17574253.jpg 22年前に両親の間に起こった不幸な事件のため別々に育ち、心には今も過去のトラウマを抱えている三姉妹たち。長女は夫の浮気に気づいて苦しみ、夫とその相手に対して異常なまでの行動に出ます。次女は言葉を失い車椅子生活となっている母親を介護施設に見舞う毎日。異性に対して臆病で、自宅の近くで話かけて来た男性を意識するあまり、彼の真意には目を向けず、ぎこちない態度を取ってしまいます。まだ学生の三女は家庭のある教授と交際していたのに、父親のような彼から突然別れを告げられて取り乱します。
 心に渇きを持つ三人がそれぞれの恋愛や日常と葛藤しているさまが交互に描かれ、画面に引き込まれました。でも、車椅子から辺りを見据え、たまの筆談しかしないキャロル・ブーケの母親を含めて、4人の母娘の行動はかなり極端。特に愛する人に裏切られた長女や三女の反応は時に常軌を逸してしまいますが、それもこれも少女時代の不幸な出来事が影を落としているせいだというのが、後半にわかって来ます。
 キャロル・ブーケ、エマニュエル・ベアール、ギョーム・カネなどに加え、脇役もベテランで固めた俳優たちの競演は見ごたえがありました。でも、上映中に主な登場人物が殆ど全く笑顔を見せない作品も珍しいでしょう。影を落とす過去の事件とそのために人生に狂いが生じた母娘、今になって真実を告白するために現れた男、という展開は結構オリジナリティがあって面白い内容なのに、暗い記憶を引きずる母娘4人のおのおのの思いや行動に共感できず、不可解な面も残ったままなのが惜しい作品です。とりわけ、王女メディアにもなぞられた母親の心理は昔も今も理解できませんでしたが、それがどういう結果をもたらしたせよ、自分のしたことを後悔したり反省することが少ないのはフランス女性の特技に違いない、と思い当たって少し納得が行きました。原題の「地獄」に対して邦題の「美しき運命の傷痕」は、せめて「美しい人の運命の傷痕」にしてほしかったです。
[PR]
by cheznono | 2006-04-21 17:46 | 映画

ニースのユースホステル

b0041912_179220.jpg
 シミエのシャガール美術館を出て、15番のバスでちょっと北へ行くとマチス美術館に到着します。マチス美術館の周りはローマ遺跡の闘技場と広大なオリーブ林に囲まれて環境抜群。その脇をバスでもうちょっと北へ上ってScuderiというバス停で降りると、瀟洒なレジデンスの並ぶ向こうに現れるのがルレ・アンテルナショナル。かわいい建物はホールやプ-ル付きのユースホステルで、町から離れている分、知る人ぞ知るという感じのちょっとした穴場だと思います。
 私はホールを使った授業や講演に通っただけで、ユースに泊まったことはないのですが、ここはドミトリー形式が気にならない人にはお勧めの経済的な宿に違いありません。ドミトリーは4人用から10人用と分かれていて、共同のキッチンがあり、カフェや食事は暖炉のある食堂や庭のテラスでゆったりと取ることができます。
 このユースがある地域はニース一番の高級住宅地なので、周囲には大きなレジダンスが連なっていますが、一方で緑が多いのも特長です。美術館へのフットワークが良く、緑豊かな静かな環境で安く泊まれるから、バックパッカーだけに独占させるにはもったいないようなルレ・アンタテルナショナル。でも、ヨーロッパの人々は中高年でも積極的にこういうユースホステルを利用するので、いろいろな国のさまざまな世代の旅人たちと交流できるサンパな空間と言えるでしょう。
http://www.guideriviera.fr/rij-clairvallon-nice-HJEFICHE0000001.html
[PR]
by cheznono | 2006-04-19 17:38 | コート・ダジュール散歩

リバティーン

b0041912_13381114.jpg 17世紀、王政復古期のロンドンで、酒と女と芝居にうつつを抜かした放蕩の天才詩人、ロチェスター伯爵のなんとも破天荒な半生を描いた「リバティーン」。噂どおり、まるでジョニー・デップのために書かれたかのような作品でした。
 国王チャールズ2世にその才能を買われ重用されながら、王に詩の朗読を請われると猥褻な作品を読み上げて王の怒りを買うこともしばしばだったロチェスター伯は、ある時劇場で大根役者とブーイングを浴びていた新人女優リジーに目をつけ、一流の女優に仕立てようと情熱を傾けます。駆け落ち同様に手に入れた美人妻やなじみの心優しい娼婦がいるのに、やがて二人は男女の仲に。一方で国王はロチェスター伯の脱線振りに呆れながらも、国の存亡を賭けたフランス大使を歓迎する芝居の演出をロチェスター伯に任せますが、いざ上演が始まると国王も来賓客も驚愕するほどの猥褻さで、芝居は途中で中止されてしまいます。
 見事に人気女優に育ったリジーに別れを告げられ、ロチェスター伯はますます酒に溺れて、その身体は梅毒に侵されてぼろぼろとなり顔も崩れて行くのですが、それでも彼は放蕩生活をやめることなく。。
 久々に美しい姿を見せてくれたジョニー・デップの鬼気迫るロチェスター伯はもちろんのこと、まるで聖書に出てくる放蕩息子とそれを許す父親のように彼に接する国王のジョン・マルコビッチが出色です。おまけに宗教など否定しているようなロチェスター伯は、結局キリストと同じ33歳で世を去ってしまうし。
 ロチェスター伯が入れあげる女優役のサマンサ・モートンはあまりピンときませんでしたが、リジーはこの時代に画期的な意思の強い自立した女性として描かれていて、彼女のセリフの一つ一つに拍手を送りたいような気持ちになりました。リバティーンは自由人ではなくてふしだらな人という意味らしいですが、本音と建前が全然違うイギリスの貴族社会で、欲望の赴くままに好き勝手に振舞ったロチェスター伯は、さぞ新鮮な存在だったでしょう。フランス大使を迎える芝居について、ロチェスター伯がフランス人を色狂いだと決め付けているのが面白かったです。金子光晴が色情狂のようなフランス人と書く何世紀も前から、フランスのイメージは定着していたのですね。 
[PR]
by cheznono | 2006-04-16 15:08 | 映画

シャガール美術館

b0041912_0485339.jpg
 ゴールデン・ウィークにフランス行きを計画している人も多いでしょうね。復活祭を前に3ヶ月間フランスを動揺させて来たCPE(初期若者雇用制度)が白紙に戻ったので、大規模なデモやストライキの可能性が減ったので、GW明けに南仏へ戻る予定の私も少しほっとしました。
 GW中のフランス行きで注意しなくてはいけないのが、5月1日のメーデー。国民が働かない日と決まっているので、バスやメトロなどの交通機関が全部止まってしまうし、美術館やお店もお休みです。まあ、車がないとどこにも行けない日とも言えるでしょう。逆にラッキーな日は、第一日曜日。ニースなら毎月第一日曜日は美術館が無料になります。国立の美術館だけですが、ママックの愛称で知られる近代現代美術館、ニース美術館、シャガール美術館が無料で入れるので、この日は美術館巡りにぴったりかも。
 マルク・シャガール美術館はニースではみんなが住みたがると言う高級住宅街シミエ地区の入り口にあり、ここにはユダヤ人であるシャガールが旧約聖書の物語をテーマに描いた大作が集められています。どの絵もシャガールらしく叙情的で、空を飛ぶ恋人たちや花束、動物たちが描かれて、訪れる人を別世界に引き入れてくれるよう。ロシアのベラルーシ出身のシャガールは、パリで成功した後も常に故郷の村で身近にいた馬や牛などの動物を作品の中に交えて、ふるさとへの愛着を表現しています。当時、ヴァンスに住んでいたシャガールがマチスに刺激されて手がけたという音楽室の青いステンドグラスも迫力満点です。音楽室では今でも折に触れて、コンサートが開かれているそうです。
[PR]
by cheznono | 2006-04-12 01:26 | コート・ダジュール散歩

フランスの美容院

b0041912_054334.jpg 銀座で髪をカットしてもらうと2000円ちょっと。とても安いのに丁寧に切ってくれて、美容師さんの物腰も柔らかいので、いつも感激して帰って来ます。これでも会社員時代は必ず同じ美容師さんのもと、カットと部分パーマにトリートメントと毎月12800円も美容院にかけてましたが、フランスで行き当たりばったりに髪を切るようになってからは、なるべく安くシンプルにを心がけるようになりました。髪への投資が激減しても、何もトラブルはなくて髪はすくすく伸びるから、昔から節約しておけば良かったと今さらながら悔やんでいます。
 でも、フランスで髪を切る時は毎回覚悟を決めて臨まなくてはいけません。まず、シャンプー台に向かうのが憂鬱です。日本のように洗髪台に髪の毛がすっぽり入るように身体を横たわせないで、頭をちょっと後ろにそらすだけなので、シャンプー水が髪から頬を伝ってたらたら垂れるし、ひどい時は洗剤をつけた髪をちょっと撫ぜまわすだけでろくにすすぎもせずに終わってしまいます。これでもシャンプー!?と驚くこともしばしば。シャンプー液が頭からどんどん滴っているのに、見習いの美容師さんに向かって、「ほら見てごらん、この髪質の違い。」なーんて見世物になったことも。南仏は髪の黒い人はたくさんいるけれど、アジア人の直毛には慣れていない美容師さんが多いのです。
 髪を染めているフランス女性はとても多いため、一般にヘアダイは得意と言われているフランスの美容師さんですが、パーマは苦手と聞きます。ゆるいパーマをかけたいと頼んだら、「じゃあ、アメリカン・シャンプーはどう?」と言われ、何だか意味が不明だけどじゃあとアメリカン・シャンプーをお願いしたら、髪の毛が爆発してしまった友人もいます。カットだけだと手早くて、たいていあっという間に終わってしまいますが、スタイル作りはうまいので、一見雑なようでもやっぱりプロだなと感心することも。
 お代はシャンプーとカットで5000円くらいが一般的。出来上がりが気に入れば、美容鏡の前やレジの横の貯金箱のような入れ物に、10%程度のチップを入れるのが習慣です。初めのうちはついついチップを忘れて、知らん顔して出てきてしまったことが何度かあるので、まったく外国人はと思うのはお互い様かも知れません。
 写真は子犬の時から美容室で育ったという、ニースの美容院の看板娘ナッツィ。
[PR]
by cheznono | 2006-04-09 01:36 | いつもの暮らし

フランス人と桜

b0041912_23152286.jpg 染井吉野も東京は今日の雨でだいぶ散ってしまいましたが、今年も桜のトンネルの中を歩く度に、日本に生まれて良かったと思いました。フランスでもパリのセーヌ川沿いの桜は結構見ごたえがあると聞きますが、実際はどうなんでしょう?アビニョンの友人に「庭に《日本桜》を植えたから是非見に来て」と言われて楽しみに見に行ったら、細い若木に桃の花のようなピンクの花がわずかについていて、ふーん?と思ったことがあります。ニースでも八重桜は見たことがありますが、染井吉野には出会ったことがありません。
 トゥールーズにいた時、今度日本料理を作ってねと言われてた友人を夕食に呼んで、日本を出発する時に友達が持たせてくれた桜模様の和紙マットとお揃いのお箸を用意してもてなしたことがあります。こういう場合、ちょっと気の利いた日本人ならたいてい海苔巻きか手巻き寿司、またはちらし寿司をメニューに入れるのですが、簡単第一の私の献立はサラダにツナカレーでした。それもツナ缶をカレーに入れると安くておいしいと在仏7年の日本人に聞いたので、思い切って試してみたもの。どこが日本料理なのか全然わかりませんが、意外に日本のカレーは肉じゃが同様に好評なんです。
 一晩寝かしたカレーを盛り付け、「まさか箸でカレーを食べなきゃいけないの?}と焦っている友人にスプーンを渡して、さあ召し上がれと思ったら、桜の和紙のマットとお箸入れだけが日本風の料理を前にして、友人は「豚の足、豚のアシー」とブツブツ言っています。豚の足って何だろう?中国人の友達は豚足大好きで、コラーゲンたっぷりと豚足を煮込んでは食べてましたが、私は豚足を買ったこともなく、その日の料理にポークはいっさい使っていません。なのに、友人はまだじいっと下を見て、「豚の足!」とつぶやきながら桜のマットをなぞりつつ、「だってこれ豚の足の模様でしょ?」ええっ!?慌てた私は「あのね、それは桜の花びら。桜は日本の心なんだからね。ランチョンマットに豚の足が散ってるわけないでしょう?」でも友人は悪びれもせず、「ああ、桜の花ね」と言ってカレーを食べ始めました。本当にわかってるんだろうか?もしかして、フランス人の感覚では桜も豚の足も同じ次元なのかも?何だか釈然とせずに食べたツナカレーは妙に舌触りが悪かったのでした。
[PR]
by cheznono | 2006-04-06 00:11 | 不思議の国フランス

b0041912_23594295.jpg 公開を楽しみにしていたアン・リー監督の「ブロークバック・マウンテン」、本当に心揺さぶられる愛の物語で、涙が止まらなくなりそうで焦ったほど胸に染み入る作品でした。
 今から43年前の夏、アメリカ西部ワイオミング州のブロークバック・マウンテンで、放牧された羊の群れの面倒を見るために臨時雇いされた20歳の青年イニスとジャック。壮大な山の自然の中で厳しいキャンプ生活を始めた二人は対照的な性格で、イニスがむっつりと無口なカウボーイなのに対して、ジャックは明るくて積極的なロデオ乗り。初対面の二人が助け合いながら過酷な山での労働をするうちに友情を越えた関係に陥ります。二人の関係が始まる辺りはちょっと唐突で、当人達にとっても当惑する成り行きでした。特に婚約者のいるイニスは罪悪感に苛まれながら、それでも二人は楽しい夏を過ごします。数週間後、山での仕事を終えて町に戻った二人は、再会の約束もせずに一見淡々と別れて行きます。
 イニスは牧場に勤めて婚約者のアルマと結婚し二人の娘に恵まれ、ロデオ乗りのジャックは遠く南部のテキサスで金持ちの娘と結婚します。山でのキャンプから4年後、イニスは突然ジャックから会いに行くという知らせを受け取り、二人は再会したとたんにかつての情熱を蘇らせます。しかし、保守的な西部の田舎で同性愛はご法度の時代、しかもそれぞれに家庭のある二人には年に数回の逢瀬しか許されません。不自由な関係を不満に思いながらもジャックはイニスに会いにテキサスから通い続け、二人は思い出のブロークバック・マウンテンで数日のキャンプをしては、つかの間の逢瀬に甘んじます。こうした関係は20年近くに渡って続けられるのですが。。
 イニスには子供の頃、近所で牧場を営んでいた男同士のカップルの一人が強い偏見の元に殴り殺され、道端に捨てられているのを目撃したという暗い記憶があり、そのトラウマが後半の悲劇に繋がって行くかのように語られるシーンがあります。今でこそ同性愛カップルの存在が目立つフランスも80年代位までは差別が強くて、ミシェル・ポルナレフを初め、アメリカへ移住したゲイの人が多いと聞いていましたが、そのアメリカでも西部の山合いではとても認められる関係ではなかったのですね。
 普段から自分の感情を表に表さないイニスが時折見せるジャックへのこらえ切れない想いが切なくて、観ている者の気持ちを根底から揺さぶります。アルマを好きだったイニスがジャックと知り合ったことから道ならぬ情熱に捉えられ、強い愛情と罪悪感との間で苦悩する難しい役をヒース・レジャーが見事に演じ切っていて、感動的でした。恋愛は、一度恋に落ちてしまえば例え許されない関係でも自分たちの力ではどうしようもできないし、その煉獄に陥った者の苦しみと葛藤を、ドラマチックな出来事などを交えずに二人の日常を描く中で、見事に映像化したスタッフとキャストには脱帽するばかり。誰の目も気にしないで思いっきり泣ける所でもう一度観たい映画だと思っています。
[PR]
by cheznono | 2006-04-02 01:32 | 映画