<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サクランボの美しい村

b0041912_1353659.jpg
 南仏は連日強い日差しが夜9時過ぎまで照りつけて、暑くてたまりません。ニースは毎日28℃と言うけれど、湿気が強くて、海風が吹いても体感温度はもっとずっと高く感じられます。それでも35℃のマルセイユやエクス辺りよりはマシな筈ですが、やっぱりエアコンのない夏ってしんどいですね。
 急に気温が上昇したので、プロヴァンスの赤い宝石と呼ばれる大粒サクランボや大きな杏の実も完熟を通り越して、そろそろ終わってしまいそうです。アビニョン郊外の友達の家の庭には、大きなサクランボの木が一本植わっていて、6月になると家族が集まって、男性陣が木に登っては一気にサクランボ狩りをするのが恒例になっているのを思い出します。 
 アビニョンやカルパントラに近い小さい村ヴェナスク。ここは全国で120余りある「フランス一美しい村」の一つに選ばれていて、お城はもう廃墟になっていますが、ローマ時代からの古い洗礼堂やロマネスク様式の教会が残る鷲ノ巣村です。
 「美しい村」に選ばれている割にあまり知られていないヴェナスクは、ひっそりしたたたづまい。でも、バントー山を目の前にする雄大な景色と静けさに魅せられた画家やアーティストのアトリエが幾つか軒を連ねています。
 そして、このこじんまりとした村はプロヴァンス一のサクランボの生産地でもあります。きっと、人口千人余りの村人達の多くが農業に従事しているのでしょうね。写真は、中世にサラセン人の攻撃から守るために村を囲んだ城塞で、村の規模に比べてその大きさには圧倒されました。次回は是非サクランボの季節に訪ねてみたい村です。
[PR]
by cheznono | 2008-06-29 02:37 | プロヴァンス賛歌

フランス式物価高対策

b0041912_12135100.jpg
 この週末にフランスは正式に夏入りし、気温も一気に上昇。夏入りを祝って、全国340の町で恒例の野外音楽祭が開催されました。その数2万にも及ぶ無料コンサートは、スタジアムや広場や公園、街角とあらゆる所で開かれ、参加アーティストも名の知れたプロからアマチュアまでとさまざま。それぞれがクラシック、ポップ、ジャズなどジャンルを問わずに、皆んなで長い夜を楽しんだ模様です。
 私のアパルトマンの向かいの老人ホームでも女性歌手を呼んで、糸杉の揺れ、犬がたわむれる広い庭で、お年寄りとその家族がコンサートに聴き入っていました。
 そして、遅く起きた日曜の朝、町中のマルシェに食料品の買い出しに。この所、野菜果物の価格上昇が著しいフランス。インフレ率3.5%、かつユーロが170円を伺う今、デフレの続いた日本に比べ、特にスーパーでの食料品の値上がりが痛く感じられますが、そこはやっぱり農業国、地元の生産者が直販するマルシェはすごくありがたい存在です。
 エクスと比べてずっと生活感の濃いニースのマルシェの目玉は、桶(風呂桶くらいの容器)一杯の野菜が1,50ユーロとか、1時の店じまい前の魚の叩き売り。原油の高騰のため、船の燃料の値上がりに抗議した漁師団がストをしていた関係で、このところ魚介類も高値が続いているため、好物の魚も贅沢品の一つです。
 結局、強い日差しの中、野菜の他にプロヴァンス産の杏にさくらんぼ、そしてスズキとエビを買って帰りました。溶けかけた氷と一緒に持ち帰った大きなスズキは、傷むのが怖くて帰ってすぐに野菜と共にイタリアングリル風に処理。友達から伝授してもらったレシピは、スズキに塩こしょうして、プロヴァンスハーブをまぶし、白ワインとオリーブオイルをかけ、ガーリックとタマネギ、ズッキーニかトマトのスライスと一緒にオーブンで焼くだけというシンプルなもの。
 あいにく、私の台所では週明けまでオーブンが使えなくなってしまったので、フライパンで代用しましたが、それでも簡単においしく出来上がりました。「何もフランス風にこってり凝らなくても、プロヴァンス風やイタリア式で軽く料理すれば、おいしく食べられるのよ」って、本当ですね。ついでにダイエットもできると良いのだけど、ひたすら歩いても倹約しても、あいにく体重は減る兆しがありません。
[PR]
by cheznono | 2008-06-23 02:17 | いつもの暮らし

b0041912_18323659.jpg 先日、友達の代理でエクサン・プロヴァンスのマダムに電話した時、「エクスには来ないの?気軽に寄って良いのよ」と言ってもらったのですが、あいにく今回はエクスまで行く予定がなくて、と答えた私。なのにその2日後、ニースの友達が「土曜にエクスに行くから来ない?」と誘ってくれました。
 「でも、エクスで何するの?去年の秋にも2回行ってるし、ただそぞろ歩くだけなら今回はパスかな」と腰の重い私に「土曜はマルシェが立つし、車で行けるチャンスは滅多にないんだから行こう」と背中を押され、渋々6時起きでエクス行きに便乗することになりました。
 高速を飛ばして2時間半余り、セザンヌが住んでいた黄色い家の前を通過して、薫風香るエクス到着。市庁舎前の花市を見てから、かわいい女性巡査に聞いた所、朝市は野菜や果物の他に、洋服や骨董市も立っているとのこと。それなら、ここまで来た甲斐があるかもと、眠い目をこすりながら早速マルシェ巡りに繰り出した私たち。
 さすが、ブルジョワの街だけあって、エクスは野菜果物マルシェも陳列の仕方がニースよりもずっとおしゃれ。見てるとお客さんはエクソワ(エクスの住民)と観光客が半々くらいの印象で、いわゆるプロヴァンスのお土産的な品物は高めですが、プロヴァンスの肥沃な大地で収穫される野菜や果物は、ニースよりも質も良く、値段も割安でした。
 さんざん試食したり説明を聞いて、骨董市をからかったりしながら、そぞろ歩いただけで、たちまち3時間近くが経過。マルシェも店じまいに入ったので、小道の脇に見つけたギリシャ式サンドウィッチのお店で、2.70ユーロの格安サンドウィッチをさらにお負けして貰ってお昼をすませました。
 結局、私が買ったのはニンニクの束と、南イタリアの大粒オリーブの瓶、ニンニクの酢漬けくらい。この酢漬けは全くニンニクの後味が口に残らない優れもので、すごく気に入りました。友達の戦利品は、買い物カゴや生地、ラヴァンディンオイル、茄子の漬け物、赤ピーマンのペースト、エストラゴンなど。
 今まで「ああエクサン・プロヴァンス!この何とも言えない雰囲気が大好き」というフランス人達のノリに、今ひとつ付いて行けない私でしたが、穏やかに晴れた昨日のエクスは、プラタナスの緑もまぶしく、人々は話好きで親切で、いかにも財布の紐の固い私に結構お負けしてくれたし、とっても楽しく歩くことができました。
 その後、マルセイユ郊外に新しくできたIKEAに移動。あれこれ買い込む友達に付き合って、4過ぎから閉店の8時まで、ずっとIKEAの中をうろうろ。夕食もIKEAの食堂で4.50ユーロの野菜タルトで済ませ、やっと帰りの高速に乗ったのが9時近く。11時半にニースに戻った時にはもうくたくたでしたが、お陰さまで先週とは一転し、フランス暮らしも案外悪くないかもって思える一日を過ごすことができて、満足です。 
[PR]
by cheznono | 2008-06-15 19:38 | プロヴァンス賛歌

フランスの現実

b0041912_19541083.jpg
 さて、パリに到着して、難なく入国審査は通過したものの、案の定、空港お迎えサービスはやって来ませんでした。
 そんなこんなで鉛のように疲れ、体調は良くなかったけど、何とか無事にパリを通り過ぎてニースに戻ってから早くも一週間。東京やパリと違って、とたんに時間の流れがゆっくりになった感じです。
 しかし、生地を買えばワインをこぼしたような大きなシミが見つかるし、名の知れたメーカーの豆乳を開けたら、口に黒いカビがついてるし、帰国便を予約しようとしたら8月は全部満席と言われるし、なかなかスムーズにことは運びません。幸い、生地と豆乳は返品交換して貰えたから良かったものの、帰国便が取れなければ、全日空に「だから言ったことじゃない」と言われそうです。
 長年、腰痛と足の痛みに苦しんでいた友達は、去年の暮れ、私の帰国直前にフランスでも指折りの外科で手術を受け、今も療養中。整体や指圧などいろいろ試した末に、彼女が思い切って手術に踏み切ったのは、担当医に「生まれつき骨が歪んでいるせい。この腰痛から解放されるには手術しかありません。いったん手術をすれば痛みから解放され、あなたには新しい人生が開けますよ」と説得されたから。
 職場を休む手配を整えて、ようやく手術に臨む決心をした友達を支えたのは、外科医から約束された「痛みのない新生活」だったのに、術後半年経った今、彼女は杖が離せず、腰と足が麻痺している上に、骨の痛みに悩まされています。週に3回、リハビリに通い、高価な検査を何度も受けても理由がはっきりせず、痛みは手術前よりひどくなっているとか。本来なら、とっくに職場復帰している筈だったのに、まだ休養中です。
 なまじ評判の高い病院で手術を受けたため、先生方は絶え間ない患者を次々看るのが精一杯で、一人にあまり時間をさけないらしく、この点は日本の現状と変わりませんね。
 担当医は「痛みも時間の問題、時が経てば解決する」と言うばかりだそうですが、痛み止めを飲みながら、腰痛や麻痺と戦う彼女は、あと半年経っても改善されない場合は、病院を告訴せざろう得ないわと言っています。
 加えてこの週末、久しぶりに晴れたので、隣の若いハンガリー人のカップルが、愛犬の小さいヨークシャテリアを連れて海岸に行き、波と遊んでいたら、ちょっと目を離したスキにヨーキーが消えていたとかで、泣いていました。混んだ浜辺で、リースなしでヨーキーを離していたのも問題だけど、ほんの5分か10分で消えてしまったそうで、いくら探してもいないため、誰かに盗まれた可能性が高そうです。動物保護団体に電話したり、必死で海岸やプロムナード・デザングレ辺りを探していますが、果たして無事に見つかるかどうか。。
 全く「これが、フランス。フランスの現実よ」と苦笑いする毎日です。
[PR]
by cheznono | 2008-06-09 20:54 | 不思議の国フランス

遠かったパリ

b0041912_22334741.jpg 大きなトランクと旅行バッグに登山用リュックサックという、国際バッグレディのようないでたちド・ゴール空港に降り立ってから、明日で一週間。パリではぐったりしていましたが、ニースに落ち着いたらだいぶ元気になりました。
 ニースに戻った夜に友達が用意してくれたのは、アスパラガスのオランダソース和え。マギーのオランダソースのもとを溶いただけらしいですが、もしかしたらこのアスパラのお陰で、元気が回復したのかも。
 なぜこんなにも体調が落ちてしまったかというと、まず出国が大変でした。本来予約してリコンファームもしていたスイス航空が、オーバーブッキングのため、たまたまパリまで飛ぶ予定の私を急遽全日空の直行便に振り替えたので、ある意味ではラッキーな出だしの筈。
 しかし、そうなると到着時間も到着ターミナルも変わってくるため、パリでお迎えサービスを予約していた私は、突然の変更でまたお迎えが来ないで、空港にほったらかされるのではと不安になりました。
 スイス航空は、連絡のための国際電話代も持ちますと言ってくれましたが、パリのオフイスが開く時間には、私は既にシベリア上空の筈。そのため、フランス時間で朝が来たら、お迎えサービスに私の到着時間などの変更を知らせてもらうようスイス航空にお願いして、それでも心配なので留守宅の家族にも先方にFAX を送ってもらうよう頼んで、やっと全日空のカウンターでチェックイン。
 ところが、日本への帰りの切符を持っていないという理由で、あやうく全日空から登場拒否をされそうになり、すっかり動揺してしまいました。いわく、「日本経由で欧州にもぐりこむ某国人と混同される可能性があるため、先方に入国できずそのまま帰国便に載せられてしまうこともあり得ます」とのこと。まさかそれって強制送還?!
「当方も航空会社としての責任がありますから」と言われましたが、これまで何年間も往復を繰り返して来て、一度も入国時に質問をされたことすらありません。第一、某国人はパスポートを偽造しない限り、やはり某国のパスポートで欧州に入るのではないでしょうか?それとも、日本経由だとパスポートもすり替わるとか?
 まあ、到着時にはまだパリの旅行代理店が営業している時間だから、万が一の時は入国審査官の前で帰国便を電話予約すれば良いし、と思った頃、私のパスポートにある成田出国と帰国の定期的なベタベタのスタンプを確認した担当の方が、やっと搭乗券を渡してくれたので、彼らの気が変わる前にと私はそそくさとゲートに急ぎました。
 後でパリ在住の人からも「日本入国時なんて、外国人は帰国便の切符がないと絶対に入国させてくれないから、全日空の心配は当たり前」と聞いたので、次回からはちゃんと帰国便の予約を入れてから、出国しなくてはいけませんね。
 とはいえ、私としては旅行者を相手国に入国させるかどうかの判断は、日本の航空会社ではなくて、やはりその国の入国審査官に下してもらいたいですが。
 それにしても、欧州系のエアーに比べて、全日空の機内サービスのきめ細かいこと。スチュワーデスをお嫁さんにしたいという男性の夢がよくわかる気がします。思えば、会社員時代はずいぶんお世話になった全日空の直行便。今はなかなか乗れませんが、今回は満席の中、他社からの招かざる客である私を乗せてくれて、本当にありがとうございました。
[PR]
by cheznono | 2008-06-03 22:48 | 不思議の国フランス