<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ああ、結婚生活

b0041912_0424616.jpg えっ、これで終わり?なんてシンプルなストーリーなのと思いましたが、まだ時間がゆっくりと流れていた頃の懐かしいアメリカの雰囲気がたっぷり味わえる映画であることは間違いありません。
 舞台は第二次大戦後間もない1949年。堅物ビジネスマンのハリー(クリス・クーパー)は、もう孫ができて、糟糠の妻パット(パトリシア・クラークソン)とはおしどり夫婦の筈、でした。が、実は若く美しい未亡人ケイ(レイチェル・マクアダムス)にぞっこんで、真剣にパットとの離婚を考え中。
 でも、妻パットには自分しかいないと信じているハリーは離婚を切り出しかねて頭を抱え、一方、パットはハリーの友人と浮気を楽しみつつも、夫は自分なしでは生きて行けないから別れられないと思い込んでいます。
 そこへハリーの親友でプレイボーイのリチャード(ピアース・ブロスナン)が、ハリーの愛人ケイを横取りしたいと思うようになったため、事態はややこしさを増して来ます。妻の浮気もリチャードの思惑もつゆ知らないハリー、妻に離婚の辱めを味わせるくらいなら、いっそ事故死に見せて消してしまおうと筋違いな《思いやり殺人》を計画するのですが。。

 自己中心的な論理と思い込みで妻の殺害を企てるハリーの振る舞いが、滑稽かつサスペンス的で、レトロな映像とよく合っています。しかし、舞台劇ならともかく、当時のリズムに合わせてか、あっさりとした展開なのが悔いたりず、せめてもう一ひねりほしいと、うなってしまいました。とはいえ、それはきっとエピソード盛り沢山、人間関係ぐちゃぐちゃという作品に慣れ過ぎてしまっているからで、結婚生活を皮肉った古き良き時代のアメリカ映画の再現として観れば、かなり楽しめるでしょう。
 リチャードとケイが「他人の不幸の上に幸せを築いても、良心が痛むだけ」というまっとうな価値観を、ここぞという時に持ち出すのには苦笑いです。それは彼らが自分のエゴを通すための切り札に違いなく、もとより本当に相手のためを考えてのセリフではありませんが、その辺が、ピューリタリズムを建前に何かと大国のエゴを押し通そうとして来たアメリカの姿と重なって見えてしまうのは、私だけでしょうか?    
[PR]
by cheznono | 2008-09-28 01:00 | 映画

日本人の評判

b0041912_1441756.jpg
 さて、ベスト・ツーリストで一等賞に輝いた日本人は、フランスでももちろん評判が良く、私も「(お客としての)日本人を紹介してほしい」と頼まれたり、郵便局で「こんなにきちんと税関用書類を書き込むのは、日本人しかいないよ」とおだてられたり、行きずりの人から「もの静かで真面目で、日本人、大好きよ」と言われたりすることがあります。
 日本人はおとなしくて、礼儀正しい。態度が穏やかで丁寧。お金払いが良い。しかもきれい好きで親切。というイメージが結構定着しているので、日本人はホテルやレストラン、お店のお客として歓迎されるだけでなく、アパルトマンやホームステイの滞在者としても好評なのは、嬉しいですね。
 とはいえ「おとなしくて控えめで、お金払いが良い」は、裏を返せば控えめな国民性の上にあまり外国語を話さないため、不満があっても苦情を言わない、お金も要求されるままに支払う、だから「良いお客さん」という面もあるので、その点は要注意かも。
 定期的に学生をホームステイさせているあるマダム。ある日、客間の古びたカーテンを強く引いたら、上部が少し裂けてしまったのですが、その部屋にステイしていた日本人の学生のせいにして、カーテン代を弁償させたとか。「《あなたのせいよ》って言うと、日本の子は素直に払うのよ」って、マダムは笑っていたそうです。
 「あなた達はとにかくおとなしくて金持ちと思われているんだから、利用されないように気をつけて」と、マダムから直接その話を聞いた友達は、忠告してくれました。
 私を初め、このユーロ高で毎回学生並みの節約生活を送らざろう得ない日本人は多いと思うのに、フランス人が持ちがちな「ルイ・ヴィトンをいくつも買い込むお金持ち日本人」や「羊のように自己主張をしない日本人」という偏った印象には、閉口させられます。
 かなり前ですが、パリのデパートでさしあたって必要な化粧品を1つだけ買ったら「日本人なのに、それだけしか買わないの?」って言われ、思わず「貧乏な日本人もいるのよ!」って言い返したことも。つづく
 *写真は、ニースのアジア美術館。白鳥をイメージしたという大理石の建物は、丹下健三氏による設計で、この夏からここも無料になりました。
[PR]
by cheznono | 2008-09-22 01:46 | 不思議の国フランス

つぐない

b0041912_141044.jpg 今週は遅ればせながら「つぐない」と「ランジェ公爵夫人」の二本立てを観て来ました。両方ともこの春、泣く泣く見逃してしまった映画です。予想に反して、バルザック原作の「ランジェ公爵夫人」よりも「つぐない」が、より強烈な印象を残す作品でした。イアン・マキューアンの原作「贖罪」も是非手にしたいです。
 舞台は1935年夏の英国。マナーハウスに暮らす中産階級タリス家の次女プライオニーは、13歳にして早くも戯曲を書き上げる程の早熟な少女でした。彼女の美しい姉セシーリア(キーラ・ナイトウェイ)は、ケンブリッジ大学から戻って来た所で、田舎の夏に退屈しつつも、家政婦の息子ロビー(ジェームス・マカヴォイ)を強く意識しています。子供の頃から一緒に育ったロビーは、ケンブリッジ大から医学の道へ進むつもりでいる優秀な青年でした。
 使用人の息子とは住む世界が違うとつんけんしながら、庭でロビーを挑発するような行動を取るセシーリア。それを窓から偶然目撃して、ショックを受けるプライオニー。実は、プライオニーも密かにロビーに憧れていたのです。
 惹かれ合いながら、互いを意識し過ぎてぎこちない間柄のセシーリアとロビーでしたが、ロビーが書いた手紙がきっかけで一気に親密になり、熱情に任せて図書室で愛を交わします。しかし、プライオニーがまたしても二人を目撃、彼女にはあたかもロビーが姉を襲っているようにも見えて、強く動揺するのでした。
 その夜、タリス家に身を寄せていた従姉妹のローラが、庭の暗がりで男に押し倒されます。悲鳴に駆けつけたプライオニーが、捜査官に「この目でロビーを見た」と証言したため、ロビーはセシーリアの目前で連行されてしまいます。この残酷な証言によって、ロビーとセシーリア、そしてプライオニーの運命は、決定的に狂ってしまうのでした。
 4年後、刑務所に残るか戦場へ赴くかの二者択一を迫られたロビーは従軍を選択し、北フランスで負傷します。当時、ナチスドイツ軍の猛攻撃におされた英仏連合軍は、北フランスで大苦戦を強いられ、ベルギー国境に近いダンケルクで、35万人に上る兵士の撤退を決意。そんな中、既に部隊とはぐれ、仲間二人と苦労するロビーの心の支えは、セシーリアが繰り返した「戻って来て!」というささやきでした。セシーリアは、ロンドンの病院で負傷兵の世話をする看護士をしながら、ロビーの帰りを待ち続けています。果たして、ロビーは無事にセシーリアと再会できるでしょうか?
 こう書くと全くのメロドラマのようですが、ストーリーは、ロビーに無実の罪をかぶせてしまったプライオニーの視点から語られます。しかし、観客にそれがはっきりするのは、作家として成功し、今や年老いたプライオニーが最後に発表した自伝小説について、衝撃的な解説をした時でした。
 ヴィクトリア様式の優雅なマナーハウスで、若い二人の不器用なロマンスが描かれる前半と、負傷したロビーがさまよう戦場の地獄との対比が際立つ映像ですが、特にダンケルクの海岸シーンが圧巻です。欧州を席巻したドイツ軍に敗退した英仏軍が、ダンケルクに撤収し、数万の兵士を犠牲にして、35万人の兵士を海から脱出させた大作戦で、帰還の船を待つ英仏の兵士の大群を見たロビーの仲間が「まるで聖書の出エジプト記のようだ」と呟いたのが印象的でした。ダンケルクの撤退後、仏軍は弱体化し、ドイツ軍は一気にパリ占領へと突き進みます。
 13歳の夏に、取り返しのつかない過ちを犯したプライオニーの、生涯を通じての贖罪の思いが観客に届くかどうかは、観る人の受け止め方によると思いますが、この作品は一人の少女の「つぐない」というよりも、世界大戦という時代状況に翻弄された世代へ捧げられたオマージュなのではないでしょうか? 
[PR]
by cheznono | 2008-09-14 01:43 | 映画

日時計とトカゲの村

b0041912_1555196.jpg ネット予約の旅行会社エクペディアの調査で、フランス人旅行者はワースト3位どころか、総合では最下位でしたね。ワースト2位と3位はインドと中国でした。旅行客として総合ビリ
では、フランスはどこか洗練された国の筈なのに?とこれまでのイメージを裏切られたような思いの人が少なくないかも知れません。総合19位のイタリア人が騒々しさでは1位。やっぱりね。

 少し秋めいて来たので、夜になると窓のスクリーンにヤモリが出ないかと待っているのですが、今年はまだ一匹も現れません。昼間は我が家の狭い庭にもカガミッチョがちょろちょろしていて、愛犬が鼻を突き出すと猛烈な勢いで逃走するので、慌ててしっぽが切れないといいな、なんて心配をしています。
 ニースでもお腹がブルーに光るトカゲをしょっちゅう見かけますが、ニースの北25kmのところには、そのトカゲをシンボルにしている村があります。オリーブ林の中、標高650mに位置するコアラーズは、フランス一美しい村の一つに選ばれている典型的な鷲ノ巣村。中世さながらの狭い石畳に、ゼラニウムやバラの鉢が映える穏やかなたたづまいが印象的な村で、13世紀の教会も残っています。
 今から50年近く前、コアラーズ村は抜群の日当りの良さを利用して、当時の売れっ子アーティストを招聘した日時計コンテストを企画しました。今もジャン・コクトーを初め、モナ・クリスティやポンス・ド・レオンなど、名の知れたアーティストが腕を競った個性的な日時計11個が、村の時を刻んでいます。
 残念ながら、解説をしてもらわないと日時計の読み方がわからない私には、とても実用的な時計とは言えませんが、フランス語には「トカゲのようにのんびりひなたぼっこをする」という表現があるので、コアラーズに行ったら腕時計は忘れて、日時計の大ざっぱな時間を目安にのんびりと散策するのがお勧めです。
 私は見逃してしまったのですが、ポンス・ド・レオンによる青いフレスク画が壁一面に広がる青の礼拝堂も必見とか。コアラーズまでは、ニースのバスターミナルから303番のバスが出ています。
[PR]
by cheznono | 2008-09-08 01:57 | コート・ダジュール散歩

ワースト3位のフランス

b0041912_1194743.jpg
 東京もさぞかし暑いだろうと覚悟して帰国したら、意外に涼しくて嬉しかったのもつかの間。蒸し暑さと激しい雨が交互に繰り返されるおかしな気候のせいで、夜中の虫の声も心なし弱々しく聴こえます。しかし、またも首相が突然辞めてしまうとは。。洞爺湖サミットで日仏交流150年記念をふまえた日本側のラブコールを無視して首相との会談を断り、フランスへとんぼ返りしたサルコジ大統領は、日本軽視とか苦手なシラク元大統領への当てつけとか噂されましたが、もしかして意外に洞察力があったのかも?

 ヴァカンス突入前にアメリカの最大手オンライン旅行予約会社が発表したベスト・ツーリスト2008で一位に輝いたのは日本人でした。世界31カ国のホテルに旅行者のマナーなどをメールでアンケート調査した結果、礼儀正しい日本人が最良のお客さんに選ばれた一方、フランス人はワースト3位に。
 さすがに恥ずかしかったみたいで、フランスの放送で「なぜ我々がワースト 入りしてしまったのでしょう?」というキャスターの疑問に、旅行ライターが「フランス人は仏語しか話そうとしないし、海外でも態度が横柄なんですよ」と分析していましたが、ホテルでのお行儀もあまり良くないようです。
 休みの度に海外へ旅行しているニースの友達にこの話をすると「確かにヴァカンス先でのフランス人のマナーはほめられたものじゃないけど、イタリア人はその上を行くわ」とのこと。例えば彼女がバリ島を旅した時、村をあげての告別式を見学していたイタリア人が、図に乗って棺の端に足をかけ、仲間とはしゃぎながら写真を撮っていたとかで、どうも目に余る態度を取る観光客はイタリア人に多いという感想でした。
 日本人に次いでベスト・ツーリストの二位に入ったのがドイツ人とイギリス人。ヨーロッパでは、きちんとしたマナーで時間厳守、約束もちゃんと守るという真面目な国民性として、よくドイツ人やスイス人があげられますが、フランス人に言わせると「彼らは自国で規律正しく生活している反動で、フランスに来るとたがが外れて、平気で道を汚したり、大騒ぎしてるのをよく見かける」のだとか。
 彼らがドイツやスイスから国境を越えてフランスに入ると急に羽目をはずしてしまうのは、旅の恥はかき捨てだから?いえ、きっと郷に入っては郷に従えで、普段はお行儀の良い彼らもフランス人のふるまいを見て、自分もやってみたくなってしまうのではないでしょうか?
 犬の落とし物だらけの歩道、バスの窓から平気でお菓子の秋袋をポイ捨てするマダムや、スーパーでお会計前のキャンディーの袋を開けてあめ玉をなめるマダム、走行中の窓から顔を出してののしるドライバー、平気で前後の車にバンパーをぶつけながら乱暴に車を発進させるドライバーなどなどを目にすると、たいていの日本人は目を丸くしてしまいますが、なーんだ、この国はそういうことをしていいのかってつい真似したくなってしまう外国人も多い気がします。
 エスプリの利いた会話や創造性、独特のセンスなどフランス人の長所は一朝一夕で模倣できるものではないけれど、悲しいかな、悪ふざけやいい加減さ、行儀の悪さなどは簡単に真似できちゃうから、つられてやってみたくなってしまう輩は後を絶たないわけで、こうした外国人の悪口で盛り上がるフランス人たちを見かけると「隗より始めよ」とか「人の振り見て我がふり直せ」ということわざを贈りたくなってしまう私です。
[PR]
by cheznono | 2008-09-02 01:18 | 不思議の国フランス