<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0041912_1462351.jpg どことなく、この映画はきっと日本では公開されないかも、と感じた作品が、私の予想に反して年末から新春にかけて、次々に公開されるので、嬉しい驚きです。その中で今週はスペイン映画「永遠の子供たち」とドイツ映画「そして、私たちは愛に帰る」が話題になっていますね。
 そのうちの観て良かった方、「そして、私たちは愛に帰る」。人の心をがっしりつかむようなこの邦題がいやでも目を惹きます。フランスでは「向こう岸から」、英語タイトルは「天国の片隅で」。欧州社会とトルコの微妙な間柄を背景に、三組の親子の愛憎が交錯し、その絆の強さを問い直す構成です。
 ブレーメンで定年を迎えたアリは、同郷のトルコ出身の娼婦イェテルを身請けし、同居を始めたのもつかの間、嫉妬からイェテルを殴って死なせてしまいます。だらしない父親に反発して来たアリの一人息子ネジェットは、ハンブルグの大学講師。過失致死で逮捕された父親を見限ったものの、トルコに残した一人娘アイテンに、身を削って仕送りしていた故イェテルを不憫に思い、彼女の一人娘を探し出すべくイスタンブールへと旅立ちます。
 けれど、反政府活動に手を染めていたアイテンは、靴屋で働いている筈の母イェテルがいるドイツに不法入国していました。住む場所もないまま、ハンブルグの女子大生ロッテと知り合ったアイテンは、ロッテの家にかくまってもらいますが、彼女の厳格な母親スザンヌとは衝突してしまいます。スザンヌにしてみれば、アイテンが傾倒しているトルコの人権問題も「やがてトルコがEUに加盟すれば、全て解決すること」で、言論の自由も危ういトルコの現実は、遠い世界の話なのでした。
 アイテンを探すため、講師の座を捨てて、イスタンブールでドイツ系の本屋を始めるネジェット。一方、アイテンは不法滞在がばれてトルコに強制送還となり、故国で投獄されるはめに。アイテンを救いたい一心で、ロッテもイスタンブールに渡ります。そんな娘の行動が理解できないスザンヌ。
 そこへ悲劇が起こり、娘の気持ちに近づくため、スザンヌもイスタンブールに向かうのでした。
 
 それまで、全くトルコの抱える問題に目を向けていなかったスザンヌが、娘のためにイスタンブールに渡り、娘の足跡をたどりながら、彼女の意思に寄り添う決心をしたことから、映画は彼女の心の動きを静かに、でも丁寧に描き始めます。強い喪失感を抱えたスザンヌが、娘の行動を追体験することで、観客もスザンヌの深い悲しみを共有するような気持ちになって来ます。
 ドイツで生まれ育ったネジェットが、アイテンを探しながら文化の違うトルコに自分のルーツを見出して行く様子も興味深いし、お互いの背景を知らないスザンヌとネジェットの交流も胸に沁み入るものがあります。
 「死」によって、初めて本当に相手を理解し始める親子の姿が、とても印象的で、3組の親子の複雑な足跡を若い監督がみごとに交差させています。社会派+親子の別離や愛を織り込んだ、厚みのあるこの作品、2007年のカンヌ映画祭で高く評価され、フランスメディアもこぞって絶賛していました。自身もドイツ育ちのトルコ移民2世であるファティ・アキン監督、ドイツとトルコ両国の問題をニュートラルな立場で浮き上がらせた手腕は先が楽しみです。
 
 因みに「永遠の子供たち」の方は、とても雰囲気のあるクラシックな映像で、初めは引き込まれましたが、サスペンス調がオカルト的になって来た頃から辛くなり、結局はかなり後味の悪い思いをしました。なぜ、この作品がスペインで大ヒットして、日本まで来たのか?ちょっと不思議。こういう映画で一年を締めくくるのは避けたいと思うのですが。
[PR]
by cheznono | 2008-12-28 01:47 | 映画

Paris パリ

b0041912_1622292.jpg パリに生きる普通の人々の群像劇「Paris 」がいよいよ日本公開です。お馴染みローマン・デュリスを初め豪華キャストを使って、さまざまな立場のパリ庶民の日常をムリなくつないだ手腕は、さすが「スパニッシュ・アパートメント」やその続編「ロシアン・ドールズ」のクラピッシュ監督。フランス社会の多様性をパリの風景の中に浮かび上がらせ、リアリズムに満ちた作品に仕上がっています。
 ダンサーのピエール(ローマン・デュリス)は重い心臓病のため、心臓移植をしても助かる可能性は低いらしいと姉エリーズ(ジュリエット・ビノシュ)に打ち明けます。驚いたエリーズは、3人の子供を連れて弟のアパルトマンへ引っ越し、ピエールの世話ができるように準備。入院まで安静を強いられるピエールは、アパルトマンのベランダから街を見下ろしては、人々の生活を観察するのでした。
 エリーズの通う朝市では、野菜を販売するジャン(アルベール・デュポンテル)が彼女が来るのを楽しみにしています。ジャンと腐れ縁の元妻カロリーヌは、彼の仲間といい仲に。ソーシャルワーカーとして働くエリーズは、恵まれない立場の人に住宅手当や仕事のアドヴァイスをしながら子育てにも奮闘中で、最近は恋人を見つけるチャンスもありません。
 一方、兄の働くパリに憧れ、故郷カメルーンからフランスに不法入国を試みるブノワは、カメルーンでヴァカンスを過ごした若いモデルのマージョレーヌとパリでの再会を夢見ています。
 お客には極めて愛想の良いパン屋のマダム(カリン・ヴィアール)は、ピエールにも親切で、満面に笑みを浮かべてパリの魅力を讃えますが、普段は気分屋で文句の多い典型的なフランス人気質です。
 ソルボンヌの歴史学者ローラン(ファブリス・ルキー二)は、際立って美しい学生レティシア(メラニー・ローラン)に心を奪われ、そのときめきを建築家の弟(フランソワ・クリュゼ)に報告して励まされます。この人の良い兄弟の関係や、ローランの恋の行方が縦線となって、この作品をより魅力的にしています。
 ローランがテレビの歴史講座の講師として、所々でパリの歴史や名所を紹介してくれるのも気の利いた演出と思いました。

 一生懸命日常をこなすのに精一杯の人や、祖国の生活から抜け出したい移民、お気楽極楽に青春を謳歌する若い女性達、功なり成し遂げてもどこか虚しい中年学者など、それぞれが織りなすパリの普通の暮らしが、死を意識したピエールの目にはどれも愛おしく新鮮に映り、そのピエールの視線を観客も共有するような気持ちにさせられるのが、この映画のすごい所でしょう。
 重病を抱えアパルトマンにこもるピエールとムーランルージュのダンサーとして華やかに踊る元気な頃のピエールとの対比や別のエピソードでも、この作品は平和に見える日常生活が、意外に死と隣り合わせであることを意識させてくれます。私もつい最近、昔一緒に働いていた元同僚が病気で亡くなるという悲しい報せを聞いて、強いショックを受けたばかりなので、何気ない普通の暮らしが送れることの大切さが身に沁みます。
 パリでも東京でも、都会で営む生活自体に大した違いはないけれど、パリの多様性と人種や格差の目立つ人々の共存は、摩擦を生む原因にもなっています。そういった背景ゆえに、各自が抱える悩みや問題もより多岐に渡っているのでしょう。折しも世界的にめっきり景気が冷え込んだこの年末。ピエールが「不満を連ねたり、もう歳だからなどと諦めずに自分の人生を楽しまなければ」と背中を押してくれるこの作品が、観る人の心を和ませてくれるのを期待したいです。 
[PR]
by cheznono | 2008-12-20 16:03 | 映画

フランス一住み易い街

b0041912_17494590.jpg
 今年、フランスで一番住み易い地方に選ばれたのは、バラ色の街と呼ばれるトウールーズを中心としたオートガロンヌ県。
 住み易さ=質の高い暮らしの基準は、気候、仕事、物価、健康、治安、文化、環境などで、どのポイントも高かったのが、気候が温暖で、エアバスを初め産業に恵まれ、家賃もそこそこ、物価が安定していて、長寿が多いというオートガロンヌ地方でした。ここは毎年上位にノミネートされているから、住み易さには定評がある地域と言えるでしょう。
 暮らし易い県2位はフレンチバスクやポーのあるスペイン国境のピレネー・アトランティック県。3位はぐっと北に上ってブルターニュ地方のレンヌやサンマロの辺り、4位がリヨンの東、グルノーブルのあるイゼール県。5位がボルドーを中心とした地域。6位がモンペリエのあるエロー県。
 比較的南が人気ですが、都会人が憧れる田舎暮らしの代表、プロヴァンス地方が上位にノミネートされないのは、人口10万人以上の都市が少なく、大都市マルセイユはパリと同じく、生活水準の差が大きいためとか。
 プロヴァンスで住み心地が良いのは、都市よりもリュベロンの山麓に数あるのどかな村々でしょうか?でも、村と村がかなり離れているし、車がないとにっちもさっちも行かないのはネックでしょう。
 1位のオートガロンヌ県のある南西フランスは、プロヴァンス地方と同様にローマ時代から南仏の豊かさを享受して来た地方で、その豊かさと独自の文化や宗教のために、ローマ法王に睨まれて、戦争の渦に巻き込まれたことでもプロヴァンスと共通する点があります。
 因みに本土96県のうち、ニースやカンヌの辺りは14位で、まずまず。マルセイユ、エクス・アン・プロヴァンスのあるブッシュ・ド・ローヌ県は22位。私の経験でも、1位のオートガロンヌ県は、コートダジュールに比べて遥かに暮らし易かったから、この人気投票は納得のいく結果です。
 写真は、オートガロンヌの主都トウールーズのサン・エチエンヌ教会。バラ色の街の由来であるガロンヌ河から採れた赤土で建設されています。
[PR]
by cheznono | 2008-12-13 17:57 | 不思議の国フランス

フランス流節約術

b0041912_16583650.jpg 仕事で来日していたトウールーズの友人によると、今年フランスで大ヒットした商品は、ホームベーカリー用のパン焼き器とか。パンが必需品の国で、何だか今更?という感じもしますが、どの家庭でも「パン買って来て」っていうセリフは、奥さんがパートナーや子供に言う決まり文句になっていて、少なくとも私の周りではこれまでホームベーカリーを持っているフランスの友人知人はいませんでした。
 でも、今年は急騰した小麦粉のせいでバゲットを初め市販のパンが値上がりしたため、食べ盛りの子供がいる家庭などでは毎日のパン出費がばかにならなくなり、ならば自家製パンを作ろうと50ユーロ(約6000円)位のパン焼き器が飛ぶように売れたそうです。
 深夜は電気代が昼間の半額になるフランス。夜寝る前に、パン焼き器に小麦粉とイースト菌を入れて、お好みのパンのボタンを押すだけ、朝にはできたてのパンが待っています。ニースの海岸近くにある私のお気に入りのパン屋さんで買うオリーブパンやくるみパンは、300gで1,70〜2ユーロ。この予算で小麦粉約2キロが買えるから、自宅で手作りパンを食べる方が確かに安上がり。
 パン用の強力粉は「もちろん全粒粉でもそば粉でもライ麦粉でもひよこ豆の粉でもすぐ手に入るし、レーズンやイチジクなどドライフルーツやオリーブの実を混ぜれば、健康対策もばっちりだよ」と言われて心が動いた私、早速ホームベーカリーを調べてみたけれど、日本のパン焼き器だとフランスの数倍の予算が必要で、それだけ機械の構造が複雑そう(さすがテクノロジーの日本)だし、全粒粉など身体に良さそうな原料も、近所のスーパーでキロ単位で手に入るというわけには行かないようです。
 今年上半期で既に3万を越すカフェやレストランが消えて行ったというフランス。観光客がレストランを敬遠して、パンを買う傾向が強まったというニュースが流れたのは、夏の終わりでした。10月の金融危機が予想以上に暗い影を落とす中、今度はパン屋さんも減ってしまうのでは?とちょっと複雑な気持ちにさせられる自家製パンブームです。
[PR]
by cheznono | 2008-12-05 16:59 | いつもの暮らし