<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

南仏ミモザ祭り

b0041912_751680.jpg
  脳梗塞を患って以来、長らく一線を退いていたジャン=ポール・ベルモンドの9年ぶりのシネマ復帰作“男と犬” un homme et un chienという何とも素晴らしい映画を観たせいで、今週は涙なみだで始まりました。実は55年くらい前のヴィットリオ・デ・シーカ監督による「ウンベルトD」というイタリア映画のリメイク作品だと知ったのは、映画を観た後のこと。「ウンベルトD」もニースの名画座でやっているのですが、また大泣きしてしまうに違いないと思うと観る勇気が出て来ません。
  再婚を決めた愛人に住まいを追い出された老人とその愛犬の悲哀を描いた作品で、老いと社会、犬との絆などが少ないセリフで淡々と綴られます。ベルモンドが年老いて動きも鈍いという辛口批判もあったそうですが、なんのなんの、その存在感は圧倒的。彼の表情と雑種犬でこれだけ胸を打つ映画ができるのだから、みごとなもの。ベルモンド主演作品のため、脇をかためる俳優もちょい役も含めて豪華メンバーでした。日本での公開が待たれます。
 
  さて、やっと春らしくなって来たコート・ダジュールは、カーニヴァルの真っ最中。ミモザも満開で、冬木立の所々が日溜まりのように黄色く染まっています。そして、今年はやっと憧れのミモザ祭りに行くことができました。
  カンヌの隣町マンドリュー・ラ・ナプールでは、毎年ミモザをふんだんに使った10日間のお祭りが行われます。ヨットの浮かぶ海岸通りをミモザの山車がパレードするという日曜日の午後、ピクニック用のサンドウィッチを作り、気合いを入れていたのに、皆でニースを出発したのは既にパレードが始まりそうな時間でした。しかもドライバーがなぜか高速の降り口を見落とした!カンヌに近づくに連れ、高速の周りもミモザの木立が並んで気分よかったのに、何だか道路脇からミモザが消えたと思ったら、車はサン・ラファエルに向かっていたのです。
  慌てて高速を降り、ニース方面へ乗り直して、やっとマンドリューの海岸に着いた時は、もうミモザの花を抱えた人たちが戻って来る頃でした。それでもどうにかこうにかミモザパレードの最後の一周に間に合った私たちは、遅れを取り戻そうと必死でミモザの争奪戦に加わって、山車から投げられるミモザの枝に手を伸ばしました。その甲斐あって、今も私の部屋はミモザの心地よい香りに包まれています。
  今年のテーマは《世界の音楽とダンス》。ミモザの山車の合間には、タンゴ、インド人のダンス、ロシアの音楽とダンス、テクノDJ、ロック&ブルーなど、それぞれの国の参加者による幅広いダンス音楽が続々と。ニースのカーニヴァルの華麗なるフラワーパレードに比べれば、ミモザ一色の素朴な山車だけど、その分、地元の人たちが力を合わせて作り上げた春祭りという感じが良かったです。
  何とかミモザの花束を獲得した我々は、パレードの終わった4時過ぎにやっと昼食のピクニックとなり、海岸通りに仮設された見学席が空になったのを利用して、用意したお弁当を広げました。パレード用の見学席は本来有料で13ユーロ、でも祭りの後はお掃除の人が片付けるばかりです。「食ってる人がいるのにどうするの?」と掃除機を片手に迷惑顔の作業員に「まあ別にかまわないさ」と見逃してくれた上役の人、どうもありがとう。
  ミモザの黄色い花粉が舞い上がる中、解散して家路につく見学者たちの好奇の目もものともせず、平気でサンドウィッチをかじっていた私、ああ、また日本では絶対できないことをしてしまったわけです。それにしても、花粉症の人にはあまりお勧めできないお祭りかも知れません。 
[PR]
by cheznono | 2009-02-27 07:56 | フランスの四季

b0041912_159669.jpg 今朝は比較的近所でオーガニック野菜のマルシェが立つというので出かけたら、出店者はなんと二人だけという超ミニマルシェでした。それでも、ニース郊外の家庭菜園で有機栽培されたらしいレタスやわけぎ、皮を剥いてカットされたかぼちゃなどを仕入れたので、夕食のみそ汁に入れてみようかと思います。スーパーなら10キロ6ユーロ弱のニンニクが、有機栽培だと10ユーロだからどうしても高めだけど、やっぱり安心第一と思って購入しましたが、そもそもニンニクに農薬は必要なのでしょうか?

さて、フランスでも好調な出だしの「ベンジャミン・バトン」、いかにもアメリカ映画らしい出来上がりのファンタジーでした。
  子供の頃夢中になった「トムソーヤの冒険」や「王子と乞食」の生みの親であるマーク・トウェインが「80歳で生まれて18歳に近づいていけたら、どんなに幸せだろうか?」と口にしたのを「華麗なるギャツビー」のスコット・フィツジェラルドが膨らませて短編小説にした話を映画化したもので、話題のブラッド・ピットの特殊メイク変身ぶりは確かに迫力があります。
   誕生の共に母を亡くしたベンジャミンは、80歳の老人の姿の赤ん坊として生まれたため、不気味に思った父親によって老人ホームの前に捨てられてしまいます。それを見つけたホームで働く若き黒人女性クイニーに拾われたベンジャミンは、医者に短命だろうと診断されたものの、不自由な身体でホームの老人立ちに混じって、意外にすくすく成長して行くのでした。 
  大人に近づくにつれ、老人から少しずつ若返って行くベンジャミンは、やがて船乗りになってホームを離れます。激動の20世紀前半を背景に、船長との友情や人妻と恋仲になったりするベンジャミンの成長の軌跡が、結構淡々と描かれます。
  そして、中年近くまで若返ったベンジャミンが故郷に戻った時、幼なじみのデイジー(ケイト・ブランシェット)と再会。二人は激しい恋に落ち、楽しい思い出を重ねて行くのですが、年を重ねて行くデイジーと若返る運命のベンジャミンの愛の生活は、長く続きませんでした。 
 
  80歳で生まれた赤ん坊の成長話を無理なく映像化したのは、さすがデビット・フィンチャー監督という感じです。よぼよぼの老人として生まれ、辛い幼少期を過ごすベンジャミンや彼の悲恋話が、感情をこめずにさらっと描かれている所が面白いと思いました。
  そんな中で、老いた姿形のベンジャミンに惜しみない母性愛を注ぐクイニーの暖かさが際立って伝わって来ます。クイニーの母性が後半のデイジーにも宿ったかのようで、偶然出会った女性によって成長し、愛した女性によって看取られるベンジャミンの運命は、それなりにかなり幸せだったように見えて来ます。
   特に何か心に残るという映画ではなかったけれど、長さを感じさせない構成はうまいし、映像もきれいで、 ファンタジーとしては十分楽しめる作品でした。
[PR]
by cheznono | 2009-02-19 02:15 | 映画

キャラメル

b0041912_23515582.jpg 1週間ずっと雨が続いて海の色も暗く、コート・ダジュールとしてはかなり憂鬱な2月一週目でしたが、昨日やっと晴れたのでイタリアに行って、スーパーでリゾットやラビオリなど食料品をしこたま仕入れて来ました。これでしばらくは食べ物の心配をしなくて暮らせそうです。
 先週から日本公開されているレバノン映画「キャラメル」。カンヌで好評だったからとニースの友達に連れて行かれて観たのはもう一昨年の秋になりますが、これが滅法面白い作品で、脚本、監督、主演と3役をこなした才色兼備のナディーン・ラバキーの才能にひたすら感嘆したものでした。
 30代のラヤールが経営するベイルートの小さいエステサロンを中心に、従業員やお客など5人の女性がそれぞれの幸せを模索する様子は、私たちにはあまり馴染みのないレバノンの日常生活を結構身近に感じさせてくれるでしょう。どの世代の女性にも自信を持ってお勧めできる一作です。
 エステサロンのオーナー、ラヤールは仕事熱心で真面目なクリスチャンですが、いつも妻子ある恋人からの電話を気にしています。サロンで働く美容師のニスリンはイスラム教徒で、愛する彼との結婚を間近にひかえて幸せいっぱいの筈ですが、婚約者に隠している過去に悩んでいます。
 子育てが終わったジャマルは、エステサロンの常連客で女優志願、せっせとオーディションに挑戦しますが、いざという時に奇妙な行動を取ってしまいます。
 60代のローズは、仕立て屋を営みながら、老いた姉の介護に振り回される日々。フランス人客の老紳士に食事に誘われてときめきますが、わがままな姉を見捨てて、自分の幸せにと踏み出す決心がつきません。

 男女の交際や女性の自由がまだ制限されている国で、それでも5人の女性たちが私たちと似たような感じ方、考え方で、より良い明日を望んで毎日を一生懸命に過ごしている姿が、これまで遠い世界に思えた中東の国をぐっと身近に見せてくれます。加えて、サロンでのキャラメルの使い方がとても新鮮で、キャラメルで脱毛にいそしむラヤールの表情が官能的でさえあります。
 世代も立場も違う5人の女性たちが、それぞれの葛藤や悩みの多い生活に付かず離れず、相手に土足で踏み込まず、足も引っ張らず、必要な時な団結して応援する所が素晴らしい。私が特に気に入ったエピソードは、自分を抑制して姉の面倒を看て来た控えめなローズの恐らく最後の恋と思われるフランス人紳士との交流です。そのローズを心から応援するエステサロンのスタッフたちの暖かさ。これは、是非お友達になりたいと思うようなベイルートの女性たちの物語です。  
[PR]
by cheznono | 2009-02-09 23:54 | 映画

b0041912_2343256.jpg 大嵐に雪、大雨と次から次に悪天候に見舞われているフランスに戻って来ました。だいぶ長く東京にいたような気がするけれど、ニースは5ヶ月ぶり。経済危機中の冬真っただ中とはいえ、さすがコート・ダジュール、意外に活気がある感じです。
 とりあえず今日は出発前に観た「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」のレビュー、フランスでも現在公開中で評価は高いようです。
 1955年、30歳のフランク(レオナルド・デュカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)夫妻は、郊外に買った瀟洒な家に二人の子供と暮らしています。はたから見たら幸せなニューファミリーの二人ですが、女優志願だったエイプリルは、主婦としての日常に飽き足りません。
 7年前に出会った時、しがないサラリーマンの父のようにはならないと怖いもの知らずで輝いて見えたフランクは、今や父親のいた会社でルーティーンをこなす毎日。くだらない仕事さと会社のぐちをこぼす夫に失望したエイプリルは突然、一家でパリに引っ越すことを思いつきます。
  第二次大戦中、軍人としてパリに寄ったフランクの話から憧れていたパリ。「今の生活には生きている実感が得られないけど、パリに行けば全てが一新されて幸福になれるわ」と主張するエイプリルに押されて、何となくその気になるフランク。会社の同僚に非現実的な計画だとちゃかされても平気です。
 渡仏の準備を着々と進めるエイプリルが、しかし、3人目の子供を宿しているとわかった時から、彼らの計画に狂いが生じて来ます。パリでの具体的な計画もないまま、パリ行きを焦ってますますジタバタするエイプリルは、何かに取り憑かれたようになって。。
 初めはエイプリルの熱に押されて、パリでの新生活に同意するフランクですが、思い直した上に「パリにあって、ここにないものは何もないよ」と妻に諭すシーンが印象的です。確かに文化面を除けば、50年代とはいえ既に充分豊かだったコネチカット州の革命通りに住む彼らの生活を超えるものをよそで見つけられるかどうかは極めて疑問です。仏語を学ぶ様子もなく、仕事のオファーがあるわけでもないアメリカ人夫婦が、いきなりパリに移住しても、エイプリルがパリ症候群に陥るのは目に見えている筈。
 しかし、思い込んだら命がけのエイプリルは突っ走ります。今や愛情も彼女にブレーキをかけられません。ここまで彼女を突き動かすくらい、革命通りでの主婦としての彼女の暮らしは虚しいものなのでしょうか?
 二人にこの瀟洒な家を斡旋した不動産屋のヘレンが、数学博士でありながら精神病院で治療を受ける息子ジョンを伴って、この夫婦を訪ねると、ジョンは一見感じの良い美男美女夫婦の抱えている問題を言い当てます。
 ここから逃げ出しても、幸せの青い鳥が外国で見つかるわけではないと言われても、やっぱり外に出たい、このままでは終わりたくないともがくエイプリルの気持ちは、現代人にはある意味理解しやすい乾きかも知れません。しかし、私が一番すごいと思ったのは、二人が団塊の世代の両親に当たる年代ということでした。
 戦後10年、日本では多分皆んなが生きるのに精一杯で、エイプリル夫妻が当たり前のように使っている電化製品や家具、今と変わらないキッチンキャビネットなど、一つ一つを手に入れるのに必死で汗を流していた時代だったと思うのに、アメリカの若い夫婦は既に物質的には満ち足りた日常から抜け出したいということばかりを考えていたとは。
 折しも、金融経済中心の米国式物質主義が崩れ出した今、何とも皮肉な作品のような気もするのと同時に、アメリカがいかに先を走っていたかを思い知らされる映画でもあるのでした。
[PR]
by cheznono | 2009-02-04 23:46 | 映画