<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0041912_0371642.jpg  とても楽しい映画とフランスでも評価の高かった「マイ・リトル・サンシャイン」は見逃してしまいましたが、同じスタッフによる新作「サンシャイン・クリーニング」を観て来ました。ニューメキシコ州アルバカーキで暮らすさえない姉妹が繰り広げる悲喜劇と再生の物語で、アメリカでは口コミでヒットした作品だそうです。  

  30代のシングルマザー、ローズ(エイミー・アダムス)は資格取得を目指しつつも、ハウスキーパーで日銭を稼ぐ毎日。妹のノラ(エミリー・ブラント)はウェイトレスの仕事も続かず、無気力で投げやりな日々を送っています。
 ローズは高校時代、チアリーダーとして活躍し、アメフト選手とつき合って、同級生たちの憧れの的でした。しかし、警察官となった当時のボーイフレンドは別の女性と結婚してしまい、今またローズと不倫の関係に。
 姉妹の父親はヤマッけのある仕事に手を出しては、鳴かず飛ばずだし、ローズの息子は学校で問題行動を起こしたため、転校になりそう。そんな時、いい稼ぎになると不倫相手に勧められたワケアリ現場を清掃する仕事に踏み切ったローズとノラは、とまどいながらも意外にてきぱきと事件現場を片付け、掃除をこなして行きます。
 真面目に生きて来たのに、なぜかうまく行かない人生にいらだちとあきらめを感じていたローズは、清掃業が軌道に乗るに連れて自信を取り戻し、初めは渋々姉に従ったノラは、自殺や犯罪の現場となった家々を掃除する過程で、封印していた筈の母親の死の記憶を蘇らせます。
 徐々に依頼が増えて、素人掃除屋からプロの清掃業者へと成長しつつある時、思いもかけない事件が勃発、せっかく息が合って来た姉妹チームワークはもろくも崩れかけてしまうのでした。

 初めは高い報酬のために引き受けた事件現場清掃業ですが、人々の役に立つ仕事をしているという意識が、行き詰まっていたローズとノラに大きな変化をもたらす過程が、とても自然に描かれていて、なかなかのもの。観客は二人を応援したくなります。
 彼女たちの仕事現場はかなり悲惨な状態ですが、行き当たりばったりの二人の仕事ぶりやユーモアが状況を和らげ、心配したほど陰惨な感じではありません。とはいえ、仕事の性質上、死のイメージは常に漂い、それが姉妹の幼い頃の経験につながって、今も過去の悲劇がとりわけノラに大きな陰を落としていることがわかって来ます。
 人が嫌がるような現場清掃の仕事を通じて、高校時代の自信を取り戻すローズと、人生への投げやりな態度を改め、次第に自覚と希望を見いだすノラの変貌に、観ているこちらも前向きな気持ちにさせられるし、常に楽天的な姉妹の父親(アラン・アーキン)のずっこけぶりやユーモアに満ちた発言がこの作品をより楽しくしています。この父親が問題児の孫オスカーを励ますシーンは実にユニーク。
 成績が悪くても、お金がなくても、失敗しても、やっぱり太陽は昇るし、陽は降り注ぐよね、だから過去は洗い流して、前向きに現状を打開して行こう!というメッセージが聴こえて来そうな作品です。
[PR]
by cheznono | 2009-07-22 00:49 | 映画

b0041912_03142.jpg  春に飛行機の中で観た「それでも恋するバルセロナ」。ウッディ・アレンの新作で、スカーレット・ヨハンセン起用だから、さては「マッチポイント」の息を飲むような展開が楽しめるかと思いきや、なんじゃこれは?という恋愛四角関係コメディでしたが、夏のヴァカンス、特にスペイン行きの機内とかで観たら最高かも知れません。

 バルセロナでヴァカンスを過ごしにやって来たアメリカ娘のヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンセン)。アメリカにいるフィアンセとしょっちゅう連絡を取っているヴィッキーを横目に、ヴァカンス先でのひと夏の恋を多いに期待しているクリスティーナは、画家のファン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会って、早速三人での旅行に誘われます。
 ラテン系プレイボーイのファン・アントニオが一目で気に入ったクリスティーナは旅行で酔いつぶれ、そんな親友に半ばあきれていた保守的で堅実派のヴィッキーも結局は彼に惹かれて、一夜を共にします。
 再びバルセロナに戻った三人ですが、ビジネスマンの婚約者がアメリカからプロポーズにやって来るため、戸惑っているヴィッキーを尻目に、クリスティーナはファン・アントニオと同棲を始めます。楽しげにバルセロナの街を闊歩し、幸せいっぱいのクリスティーナとファン・アントニオ。
 しかし、二人が暮らすファン・アントニオの自宅に彼の元妻で、エキセントリックなアーティストのマリア・エレーナ(ペネロペ・クルース)が舞い戻って来たから、話がややこしくなって。。美しく激しくめちゃくちゃなマリア・エレーナにファン・アントニオとクリスティーナは振り回され、三人の関係は更に複雑になって行くのでした。

  まあ一番の見所は、ピューリタニズムを背景に育ったアメリカ娘らしいヴィッキーと、パリジェンヌかと思うような価値観のクリスティーナ、そして、身を焦がすように情熱的なスペインの芸術家のマリア・エレーナという三人の女性の個性の対比でしょうか。
 フランスを初め欧州でもそれなりにヒットしたこの作品、「結構面白い映画だったけど、どうしてペネロペ・クルースがアカデミー助演女優賞の候補になったのか大きな疑問」と仲間うちで首を傾げていたら、ノミネートどころか、助演女優賞を獲得をしたので、びっくりしました。確かにペネロペが登場したとたん、さしものスカーレット・ヨハンセンもかすむくらいの圧倒的な演技力と存在感が画面にあふれましたが、出演シーンが少ないし、役柄のクレージーぶりもすごい。
 でも、情熱的で自分勝手で、美しくて優しい芸術家がぴったりはまるのは、やっぱりペネロペならではかも。あの「ノーカントリー」で不気味な殺し屋を演じたハビエル・バルデムのみごとな変身ぶりも楽しいです。コートダジュールにもこういう人っているいる、「人生を楽しまなくっちゃ」をくどき文句に使う所も似ているし、バルセロナの観光名所はもちろんのこと、地中海周辺の街のヴァカンスの要素が盛り沢山なコメディです。
[PR]
by cheznono | 2009-07-15 00:32 | 映画

デザイン雑貨 EXPO

b0041912_0474177.jpg
 7月8日(水)から10日(金)の3日間、東京ビックサイト(国際展示場駅)で、第4回デザイン雑貨EXPOと国際雑貨EXPOが開催されます。なぜ2つのEXPOに名前が分かれているのか疑問ですが、世界30カ国から雑貨や小物の卸業者が集合し、新商品を披露するという見本市です。
 その雑貨EXPOに台湾出身の友達の妹さんがシルク製品を出展するので、今日はちょっとその宣伝をさせて下さい。日本に留学した経験もある妹さんは、現在シルクの産地に近い上海で、自らデザインした絹製品をホテル等に卸しています。そして、中国の伝統的なモチーフをアレンジした布小物などは、日本人バイヤーや旅行者やにもかなり好評のようです。
 今回のEXPOで紹介する主な商品は、波柄のシルク袱紗、携帯用のエコバッグ、対シルクの手刺繍パーティバッグ、手織りシルク文庫本ブックカバー、景徳鎮製の密封手書き磁器のお茶缶(牡丹柄)などなど。美しい発色のシルクに、独特の刺繍や飾りを施した小物はとても上品な雰囲気が特長です。
  妹さんの会社の名前はDragon World Contemporary Collection LTD, ブース番号はC16-18。
雑貨EXPOのサイトは、www.designtokyo.jp になります。

  世界中のあらゆる雑貨が勢揃いというふれこみのわりに、海外からの出展企業は圧倒的にアジアの会社が中心で、まあ地の利もあるのでしょうが、やっぱり時代の趨勢が感じられますね。フランスからの参加は、インテリア系のArgueyrollesとポップなデザインのアクセサリーを生み出しているPIXI Bijouxだけなのがちょっと淋しいですが、私も初めて行く雑貨見本市なので、ちょっと楽しみです。
[PR]
by cheznono | 2009-07-08 01:49 | 雑貨