<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0041912_1492895.jpg 27年間も狭い独房に投獄されていたネルソン・マンデラが72歳で解放されてから20年。この映画もお付き合い半分で観に行きましたが、自分の生活からは遠い南アの歩んで来たイバラの道を映像で知ることができて、良かったです。何よりも、マンデラ氏の人柄が素晴らしい。クリント・イーストウッドの監督作品としては珍しく素直で爽やかな仕上がりとなっています。
 
 アパルトヘイトに反対して反逆罪に問われたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は27年後に釈放され、1994年に南アの大統領に就任します。アパルトヘイト政策は終わったとはいえ、積年の黒人×白人の対立は国の運営に大きな影を落とし、白人社会は初の黒人大統領の登場に疑心暗鬼でした。
 マンデラ氏はそうした南アの人々の心を一つにまとめるべく、翌年に南アで開催される予定のラグビーのワールドカップに目を付けます。イギリス人が持ち込んだラグビーは、南アでは白人のスポーツ。しかも、当時の南アチーム:スプリングボクスは弱くて、ワールドカップに勝ち残る可能性はないと思われていました。そこで、マンデラはチームの主将のフランソワ・ビナール(マット・デイモン)をお茶に招待し、南アにとってのワールドカップの重要さを静かに語ります。
 マンデラ大統領の人柄に魅了されたビナールは、ワールドカップを機に根強い人種差別から脱皮し、祖国を一つにまとめたいというマンデラの夢をかなえるべく、チームを鼓舞します。次第にメンバーの一人一人の意識も変わって行き、弱かったチームが強い連帯の元にこれまでにない力を発揮。クライマックスのワールドカップでは、ついに当時最強と言われていたニュージーランドチームとの決勝戦を迎えるのでした。

 試合の結果も当然わかっている実話ですが、映画はさりげないエピソードを織り込みながら、当時の南アの緊張や、大統領の人柄、姿勢、そしてビナール率いるラグビーチームの変化を描いて行きます。でも、ワールドカップ開催からは完全にスポーツ映画。ラグビーに興味がないとちょっと入り込めないかも。
 「インビクタス」の意味は多分、負けないということだろうと思いながら辞書を引きましたが、仏語英語とも出ていない。インビクタス(征服されない)はラテン語で、英国の詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの四行詩の題だったのですね。「私が我が運命の支配者、私が我が魂の指揮官」マンデラ氏はこの詩を獄中で支えにし、苦しい時のピナールにも贈っています。
 マンデラ氏解放20年のお祝いを報道したフランスメディアも強調していましたが、27年という長い月日を狭い独房で床に寝るような投獄生活を過ごしたマンデラ氏に全く恨みや屈折した感情が見られず、ひたすら白人との和解と調和に尽くそうとする姿が感動的です。マンデラ大統領に共感したスプリングボクスの奇跡的な活躍も、人間その気になればできるという大きな希望を与えてくれます。
 クリント・イーストウッド監督の幅の広さを感じさせられる気持ちの良い映画でした。
[PR]
by cheznono | 2010-02-18 01:51 | 映画

アバター:Avatar

b0041912_3545578.jpg 興行収入が「タイタニック」を超え、フランスでも大ヒット中の「アバター」。ハリウッドアクション映画にもSFにもあまり興味がない私なので、東京で予告編を観た時は何じゃこれはという感じ、ハナから観るつもりはなかったのに、成行きで観たらこれが結構面白かった。
 「タイタニック」程には入り込めなかったけど、ヒューマニズムと人類のエゴとの対比、特にこれまで白人の行って来たことへの批判と反省を、ジェームス・キャメロンが子供にもわかり易い形で映像化した点がかなり評価できる大エンターテイメントです。

 事故死した双子の兄の代わりに、スパイとして資源豊富な衛生パンドラに送り込まれることを承諾したジェイク(サム・ワーシントン)。パンドラに住む先住民ナヴィ族は人間とは異なる肉体を持つため、ジェイクは遺伝子操作の結果作られたアバターとなって、パンドラに潜り込みます。とはいえ、アバターを活動させる機械は地球人の手元にあるのですが。
 ジェイクの使命は二つ。まずパンドラに眠る高価な鉱物資源を人類が略奪し易いよう、ナヴィ族が住居にしている森からの立ち退くよう説得すること。そして、ナヴィ族の習性や文化を研究する科学者グレース(シガニー・ウィーバー)に彼らの生態を報告すること。
 青いアバターの肉体に変身してパンドラに着いたジェイクは、圧倒的な自然の美しさとその自然と共存して暮らすナヴィ族の《人間性》と連帯の強さに感銘を受けます。ナヴィ族のリーダーの娘と出会って恋に落ちたこともあり、自分の使命を果たすことに疑問を感じ、逆になんとか地球人の身勝手な計画を阻止しようと人間チームの説得を試みるのですが、しびれを切らした地球人開発グループ側は、最新兵器を使ってナヴィ族の聖なる森を破壊し始めるのでした。

 ストーリー的にはシンプルなのに、2時間40分を持たせるのは、3Dの技術と映像の美しさでしょう。しかし、後半の戦争破壊アクション場面はやり過ぎ長過ぎの感あり。
 青い宇宙人の出て来る映画なんて観たくないと思っていた私は、友達夫婦に映画に誘われた時、80歳近い旦那さんに「アバター」を観ようと言われて、結構引きました。友達も同じ気持ちだったらしく、何かかんか理由をつけて、秋からフランスでロングランしている映画「コンサート」の方を観ることに成功。これは、ロシア出身の不遇なオーケストラ指揮者を巡る感動作だったので、三人とも大満足で家路に着いたのですが、翌週、「やっぱりどうしてもアバターが観たい」と言う旦那さん。
 「(あのお歳で)アバターが観たいなんて若いよね」と友達に呟いたら、「子供と同じだから」という明快なお答え。前回は半ば無理矢理フランス映画を観る方向に持って行ったので、まあ仕方ないから「アバター」につき合おうかという運びになったのです。でも、食わず嫌いしないで観て良かった。
 映画は6ユーロ、3D用のメガネが2ユーロで、計8ユーロ。フランスにしては珍しく、メガネ拭き用の紙お手拭きをつけてくれたのが印象的でした。やっぱり、新型インフルエンザの影響かしら?欧州の中でも患者数の多かったフランスは、2月になって新型インフルの危険は終ったとしていますが、まだまだ気は抜けません。何てったって、ものを食べる前に手を洗っている人が少な過ぎる。
 もっとも、友達に言わせれば私のようにアルコールで手のひらを拭きまくっていると、もともと持っている筈の免疫が消えてしまうとか。確かに、こちらではお店での試食も手づかみだし、手を洗わない、ワクチンは副作用が怖いからイや、と言うわりに、日本と比べて蔓延度がそれほど変わらなかったのは、ウィルスへの日頃の鍛えが違うせいでしょうか?
[PR]
by cheznono | 2010-02-06 03:59 | 映画